性病・性感染症のプチ講座

性病・性感染症のプチ講座

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

フェラチオと咽頭ガン 

フェラチオをしたり精液をのんだりすることで、咽頭ガンのリスクが高くなるという噂を聞いたことがあるでしょうか?
今日はこの噂の真偽についてです。

HPV その1 

ひさびさに性病の知識です。
HPV、聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

HPV=「ヒトパピローマウイルス(Human papilloma virus)」です。

HPV その2 「子宮頚ガンとの関係と予防法」 

前回ハイリスク型のHPVが子宮頸癌の原因になると紹介しました。
でも、このHPVにかかった人全てが子宮頸癌になるわけではありません。

ハイリスク型のHPVは免疫力で自然治癒します。

HPV その3 「男性への影響」 

ハイリスク型HPVが、女性の子宮頚ガンの原因になることを説明してきました。
でも、女性のガンの原因になるなら、男性のガンの原因になってもおかしくないですよね?

今日はその点についてです。

子宮頚がんワクチンのその後 


以前、子宮頸がんワクチンを紹介した際に副作用の不安に触れましたが、
さっそくそれに関する記事が出ていました。

読売オンラインの2010年12月28日のニュースですね。
(時間がたったため、すでに記事は削除されています)

フォアダイスと真珠様陰茎小丘疹 

ペニスにできものができて「性病ではないか?」と相談されることが定期的にありますが、セックス未経験者の場合は性病ではなく「フォアダイス」や「真珠様陰茎小丘疹」であることがほとんどです。

こちらについて、ちょうど2年くらい前のGW間近の時期に書いた「性器周辺のできもの」の記事に追記をしました。
本来なら単独の記事としてアップしたい大切な内容ですが、その他のできものとまとめたほうが分かりやすいので、そのまま追記の形にしてあります。

男性向けの記事ですので、よろしければ男性の方は一度ご覧になってくださいね。

フォアダイスと真珠様陰茎小丘疹についての追記記事

尖圭コンジローマ 


尖圭コンジローマまたは尖形コンジロームともいいますね。
以前HPVのところで簡単に紹介しました。

http://kyouyablog.blog105.fc2.com/blog-entry-479.html

今回は独立した記事で改めて紹介したいと思います。

フォアダイスと真珠様陰茎小丘疹 

今回は記事追加のお知らせです。

EBウイルスの感染による伝染性単核症(キス病) 

斉藤様、こんにちは。
◯◯と申します。32歳処女です。

今日は相談があってメールしました。
1月に彼氏ができました。
今は心の準備ができてなくて添い寝どまりですが
(私が初めてで怖がっているのを理解しているので
 私のペースに合わせてくれています)、
いつかこの人に処女をあげたいと思っています。

だけど私はできちゃった結婚はしたくないし、中絶はもっとしたくない。
避妊はピルとコンドームを併用しようと思い、
婦人科でトリキュラーを処方してもらいました。
そして2月20日から飲んでいたのですが、
3月半ばぐらいから体調を崩し病院に行きました。
薬を変えながら一週間様子を見ましたが全然よくならず…、
念のためにと血液検査をされた所、肝機能と白血球の数値が異常に高く
(通常値の10倍くらい)大きな病院を紹介されました。
そこでの診断はピルの副作用による肝機能障害だろうとの事でした。
今はピルをやめて、処方された薬を飲みつつ安静にしています。
(実は短期入院も提案されました。幸い、症状も落ち着いているため
 自宅療養の許可も出たので入院は見送りました)

で、ここからが相談なのですが。
長期間ピルを飲んでいると卵巣を休ませる事ができる為、
ピルを飲むのを止めるとかえって妊娠しやすくなると聞いた事があります。
少しずつ心の準備というか覚悟もできてきて、
そろそろひとつになりたいなと思いはじめていたタイミングで
今回のような事になってしまいました。
発熱にぐったりしながらも残念な自分がいて、
初セックスへの恐怖やためらいなんかよりも、相手への好意や信頼感、
ひとつになりたい気持ちの方が上回っている事を自覚しました(照)

心配なのは妊娠です。
私がピルを飲んでいたのは2月20日から4月4日までの間、だいたい2ヶ月弱です。
2ヶ月程度のピルの使用では長期とは呼びにくいとも思うし
問題ないのかもしれませんが、ピル中止後の身としては気になる話なので。
ピル中止後に妊娠しやすくなるというのは本当でしょうか?
この状態で初セックスに臨むのは妊娠の危険性を高めるのでしょうか?
斉藤様の意見をお聞かせいただけたら嬉しいです。

長文・乱文にて失礼致します。
どうぞお身体を大事にされてくださいね(^^)/
私もしばらくは療養に専念しますー。

HIV感染予防薬(ツルバダ) 

HIV感染予防薬のツルバダはもう耳に入っていますか。

6月に経口のHIV検査薬を承認したばかりのアメリカのFDAが、
今度はHIV予防薬を承認したと、少し前にネット上で話題になっていました。

セックスによるHIV感染のリスクを、異性・同性カップルともに
75%の確率で感染を防ぐことができるとの研究発表に基づいているようです。

副作用としては、下痢、腹痛、吐き気、頭痛などがあり、
他にもまだ未知の副作用もあるとされています。
また、ピルと同じで毎日飲み続けなければならず、
服用にはHIV検査で陰性が出てから3ヶ月経過しないといけません。

でも、HIVの予防薬ができたというのは画期的なことです。

故意にコンドームをしないでHIVを蔓延させている人もいて、
ヨーロッパでは傷害罪などを適用するかどうかが問題になってますよね。
そういう危険人物から身を守るということでは意味のあることだと思います。

あとはこれをどう評価・運用するかですね。
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。