性感帯

性感帯

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

性感帯 

性感帯については、前に前戯のテクニックで詳しく紹介しましたね。
今日は神経の受容体という少し違った視点から見てみたいと思います。


もともと人間には五感があります。
視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚の5つで、その中に性感はありません(笑)
この中で性感に関係するのは主に触覚です。

感覚を感じる器官を受容体といって、触覚を感じる受容体もたくさんあります。
中でも、大きいのは肌をなでるときの感覚を感じる受容体(マイスナー小体)です。
もち肌やシルクのようなスベスベ感を感じるのもこれですね。

この受容体の多いところが性感帯です。
特に有名なのは手のひらや足の裏ですね。
どちらもうまく使えば前戯としてかなり使える性感帯です。
足の裏は意外かもしれませんが、歴史を調べるとそれ専門の女性もいたほどです。
他にもくすぐったいようなところは性感帯になると思っていいです。

それともう1つ影響するのが、振動を感じる受容体(パチニ小体)です。
こちらは上のマイスナー小体よりも深いところにあります。
振動は表面ではなくある程度の深度に与えないといけませんが、
こんなところにも関係しているんですね。

ちなみに、人間が最も心地よく感じる振動は0.8秒周期といわれています。
安静時の心周期も約0.8秒になっているのは有名ですね。
そして、オーガズムのときのペニスや膣の痙攣の周期も0.8秒です。
オーガズム時の脈打つ感じは心臓の脈拍と同じような感じで、
興奮すると脈拍は早まるのに、絶頂の瞬間が0.8秒なのは不思議ですよね。

研究熱心な人は、このリズムを愛撫に取り入れてみてください(笑)


「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
面白い!!具体的な愛撫法も知りたいです^^
[ 2013/04/16 ] -[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。