エレクチオメーター(ジェクスメーター)

エレクチオメーター(ジェクスメーター)

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

エレクチオメーター(ジェクスメーター) 

EDに関する相談は相変わらずとても多いです。
そこで、今日はEDの診断・治療に関する器具について紹介しますね。


EDには身体的な理由で起こるものと、精神的な理由で起こるものがあります。
身体的なものを器質性ED、精神的なものを機能性EDと呼んだりもします。
(混合のもの、薬の副作用や脳機能障害などで起こる特殊なものもあります)

細かい原因については前に記事にしたので省略しますが、
中年以降から高齢の方ほど身体的な理由のEDが増えていきますが、
高齢者でも意外と心因性のものが多いことに注意が必要です。
逆に、最近多い若い人のEDはほとんどが精神的なものと思っていいです。

原因が精神的か身体的かによって、治療は大きく変わります。
なので、どちらなのかを見分けるのが治療の第一段階です。

寝ている間に人間は自然に数回の勃起をします。
でも身体的な原因なら、起きていようと寝ていようと勃起するはずがないので、
寝ている間の勃起が確認できれば、精神的なものだと分かるんですね。

そこで、寝る前に巻尺のようなものをペニスに巻いておき、
起きたときに数字が増えていれば勃起していたことが分かります。


そのときにする検査が夜間勃起検査(NPT)で、
使われる器具の名前がエレクチオメーターなんですね。

これにはエレクシオメーター、ジェクスメーターなどの呼び名もあって、
似たような器具にはスナップゲージというのもあります。
病院ではリジスキャン(陰茎硬度周径連続測定装置)も使われます。
心電図のような装置ですが、入院して使うことになる大変なものですね。^^;


ジェクスメーターはネットでも簡単に買えます。

寝る前に巻きつけて数値を記録しておいて、
睡眠後に差が2cm以上あればOKという簡単なものですね。
説明書では3日連続で使うように指示されてます。

でも、ストッパーさえあればダイソーの裁縫用メジャーでもいけます(笑)


こういう器具がない頃は、切手法というのが使われていました。

ミシン目をつけたまま、縦一列の切手を巻いて寝るだけで、
翌朝自然に切れていれば精神的なものが原因だと分かります。

ジェクスメーターなどを買うのがどうしても恥ずかしい人は、
家でひそかに切手を巻いて試してみてもいいですが、
寝返りや陰毛の巻き込みでやぶれたりしないように気をつけてください(笑)


「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。