精液の量を増やす方法

精液の量を増やす方法

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

精液の量を増やす方法 

前回の記事にちなんでみました(笑)
ただし、この雑記カテゴリの記事はあくまでも話のネタや参考程度の話ですのでお間違えなく。^^




男性からよくある相談の1つが「精液の量を増やしたい」です。

射精時の快感は精液量に比例すると言われており、
単純に精液量が増えれば快感が増す可能性は高いです。

また、精液だけでなく精子そのものを増やしたいという人もいます。
精液が多くても、精子が少ないということはありえますからね。

それらを解決する医学的にはっきりとした方法はあまりないわけですが、
効果がありそうなものについていくつか紹介してみますね。



・禁煙する

これは間違いなく効果ありです。
精液量だけでなく、流産の危険率も低下できます。


・禁酒する

常用すると精子の生産性を低下させます。
また、ホルモンに影響を与え、性欲低下や勃起不全の原因にもなります。

適量なら夫婦円満にもつながるという報告もありますから、
全くダメというわけではなく、ほどほどに楽しんでくださいね。


・L-アルギニンを摂取する

精液の主成分ですね。

30代以降で体内での分泌が止まるため、補うとよい…
というのが、サプリを売るサイトの常套文句です(笑)

ただ、有名なビール酵母系サプリ(エビオス錠等)を一定期間飲むと、
精液量が増える(ただし見た目からして薄いですが…)感じはするので、
一定の効果はあるのかもしれません。

また、一定量の摂取で機能性勃起不全が改善したという報告もありますが、
こちらは偽薬と変わらないという報告もあるので、判断が難しいですね。
(心因性やそれとの混合型は効果なし)


・亜鉛を摂取する

これは一時期かなり話題になりましたね。
亜鉛が不足すると性機能に問題が生じるのは有名な話です。

ただし、亜鉛を余分にとっても悪い副作用しかありません。

あくまでも不足すると問題が生じるだけで、
たくさんとったら精液が増えるというものではないんですね。

反対に前立腺がんのリスクが増すという報告もあるくらいです。
過剰摂取にはくれぐれも注意しましょう。

ただ、今の日本人には不足しがちな栄養素なのも事実です。
サプリなどは不足分を補う程度に、適度に利用するとよいですね。

なお、亜鉛と同様にセレンも不足しがちな栄養素です。
こちらも過剰摂取はかなり害があるので、適量にしてください。


・マグネシウムを摂取する

こちらは最近話題になった話ですね。
「バナナを3日に1本食べるだけで精子の数が増える」と検索すれば、
関連記事がたくさん見つかると思います。

カシューナッツ、ポテト、スパゲッティ、シーフードなど、
マグネシウムを豊富に含む食べ物なら同様の効果が期待できるそうです。

PMS(月経前症候群)の軽減にも効果があるという報告もありますし、
女性の尿失禁の改善にも有効性があると言われています。

その他、性的な面以外でもかなり効果がありますから、
適量であればとって損はない栄養素ですね。

ただし過剰摂取は高マグネシウム血症を起こすので、くれぐれもご注意を。


・ビタミンCを摂取する

これはかなり前に少しだけ話題になったものですね。

精子欠乏症の不妊症の男性がビタミンCを2ヶ月間とった結果、
精液検査の各項目が劇的に改善したというものですね。

ただし、摂取量が耐容上限量なみなので、危険性が無いとは言い切れません。

しかもそれから話が全く出ないので、信ぴょう性は薄そうです(笑)

でも、ビタミンCは美容などに効果が高いのは有名な話ですし、
過剰摂取もよほど起こりませんから、とって損はないですけどね。^^


・陰嚢を温めない

もともと睾丸は熱に弱く、陰嚢は熱を放散させる仕組みになっています。
そこを温めるのがよいわけがありませんね。

下着も通気性が悪い材質のものや、あまりにタイトなものは避けるべきですし、
熱いお風呂やサウナ、こたつなども、過剰にするのはよくありません。
睾丸や陰嚢に力や負担がかかるようなことも避けたほうがいいですね。

なお、お風呂やサウナも、ある適度であれば大丈夫のようです。
あまり神経質になる必要はないということですね。

ただ、精子の少なさに不安がある人はお気をつけを。


・健康的な食生活と適度な運動

やはりこれが一番ですね(笑)
上記の方法も、ほとんど全てがこれに含まれます。

ちなみに、肉を控えめにして野菜やフルーツの多い健康的な食事を続けると、
精液の味もよくなるという意見もあります(笑)



一応、それなりに効果がありそうなものを紹介してみました。
効果がなさそうなものも、体に悪くないものですしね(笑)

他にも信ぴょう性のある情報があればお寄せくださいね。



「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
お久し振りです^^私もPMS なので、ほ~と思いながら記事読ませて頂きました。

私は病院に通って薬を服用するようになったら、
あの自分ではどうしようも出来ない、あるいはコントロール出来ない爆発する苛々が、
そうなる日数が減りました。

彼とこのバナナの話をしたら、きっとお互い「違うバナナ」と言っているでしょうね(笑)
いつもこんな会話ばかりしている私達なので(笑)
[ 2012/01/27 ] しー[ 編集 ]
おひさしぶりですね。^^

>彼とこのバナナの話をしたら、きっとお互い「違うバナナ」と言っているでしょうね(笑)

ソフトにHな会話ですね(笑)

でも、ほほえましくて何よりです。^^

[ 2012/01/30 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。