日本人の妊娠に対する知識は?

日本人の妊娠に対する知識は?

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

日本人の妊娠に対する知識は? 

イギリスのカーディフ大学と製薬会社メルクセローノが共同で、
全18カ国の男女1万人を対象にアンケート調査を行いました。
(妊娠や不妊に関する国際調査では最大規模だそうです)

妊娠に関する知識を問う13の問題に○×で答えるもので、

日本人女性の正答率が35.8%と18カ国中なんと17位。
日本人男性の正答率は37.4%と18カ国中なんと16位。

自動車などの技術は世界最高水準ですが、
どうやら性の知識は世界最低水準のようです(苦笑)

世界の中で低い位置なのはよくあること(?)ですが、
○×問題で正答率が50%以下というのはひどすぎます。

勘で答えたほうが当たるわけですからね…。




どんな問題が出されたのかが気になりますが、とりあえず記事内で
紹介されていたのは「健康的な生活を送っていれば妊娠できる」ですね。

答えはもちろん「×」です。

自然妊娠しないことを聞きたいのか、
健康でも不妊になることがあることを聞きたいのか、
出題意図がこれだけではよく分かりませんが、
とりあえず×なのは間違いありませんよね。

イギリスの正答率は90.7%
オーストラリアでは89.3%

対する我らが日本は28.7%

・・・・・・・・

うーん、これぞ日本の性教育の貧弱さの成果でしょう。


この他には「喫煙」や「性感染症への感染」、
「女性の肥満や加齢が妊娠・生殖能力を低下させること」
などが聞かれたようですね。

こういった知識がないとしたら、不妊も増えるでしょうね。


…と思って読んでいたら、不妊分野に詳しい教授のコメントがありました。

「日本では生殖の仕組みや、女性の加齢に伴う体の変化について、
 学校でほとんど教えていない。
 それらの知識は、自分の健康を守り人生を設計していくうえで不可欠。
 性教育のカリキュラムをしっかり組み、それを担う人材も育成すべきだ」

まさにそのとおりですね。

まぁ機能不全気味の政治や公教育に期待するのも無理がありますが…。^^;


また、実際に調査を行なった教授のこんなコメントも。

「知識不足や育児への負担感が、
 日本の出生率の低さにつながっている可能性がある」

女性の社会進出に伴っての社会基盤が整わない現状。
デフレ経済や二極化に伴う、出産適齢層の収入の低下。
大人の幼児化や核家族化による育児そのものの負担の増大。

出生率の低下にはいろいろな原因・問題がありますが、
知識不足も一役買っているとは個人的に考えていませんでした。

言われてみると、大いに関係しているかもしれませんね。

こういったことを踏まえつつ、ブログでも情報発信をしていきたいですね。



最後に、せっかくなので順位も貼りつけておきます。


◆妊娠に関する知識の国別順位◆

順位  男性      女性  
 1 デンマーク   ニュージーランド
 2 ポルトガル   オーストラリア
 3 オーストラリア 英国     
 4 英国      ポルトガル  
 5 ドイツ     デンマーク  
 6 カナダ     カナダ    
 7 スペイン    米国     
 8 米国      フランス   
 9 フランス    スペイン   
10 メキシコ    ドイツ    
11 ニュージーランド メキシコ   
12 ブラジル    イタリア   
13 イタリア    ブラジル   
14 インド     ロシア    
15 ロシア     インド    
16 日本      中国     
17 中国      日本     
18 トルコ     トルコ    


BRICSのど真ん中に日本ですね。
いわゆる先進国の中ではひときわ異彩を放つ位置です。^^;



「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
いつも楽しく拝見してます。
ニュージーランドの男女差、激しいですね!
[ 2011/10/24 ] chun[ 編集 ]
いつもありがとうございます。

本当にかなりの男女差ですね。
あまり差があると、一方がいい加減のような感じがしてしまいますね(笑)
[ 2011/10/24 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメント初書きさせて頂きますm(_ _)m

ランキングを見て、日本というよりアジア系が弱いのかなっと感じました。
文化的に考えれば軽く納得出来るんですが、時代を考えると頑張れアジアって感じですね。
まぁ私も斎藤さんのブログを拝見するまで知らない事ばかりでしたし、出産適齢期を過ぎつつあって、今だに未婚なので人の事言えませんが。

長々と失礼いたしましたm(_ _;)m
[ 2011/10/25 ] LUCU[ 編集 ]
ご丁寧にありがとうございますm(_ _)m

本当に頑張れアジアですね(笑)
知識の向上にこのブログが役立っているのなら何よりです。^^


[ 2011/10/28 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
斉藤さんと斉藤さんのブログがご健在でとても嬉しいです。

3年ほど前に、主人とのセックスの件で相談させていただいたものです。その節は大変お世話になりましたm(_ _)m

お陰様で、その後2人目の子供にも恵まれ、主人との仲もとても良く、幸せに暮らしております。


私も、独身時代の自分も含め、妊娠、出産についての知識をきちんと持っている女性は結構少ないなぁと常々思っております。

斉藤さんもよく女性は驚くほど自分のことについて知らないとおっしゃっていましたよね。

NHKによると、2月に「クローズアップ現代」で卵子の老化について取り上げたところ、初めて知った女性達から、全国の不妊治療クリニックに問い合わせが来ているそうです。

そこで今回6月23日に「不妊大国 ニッポンの衝撃(仮)」という番組を放送するそうです。
私自身はこのタイトルはいかがかな?と思うのですが、録画してみてみようと思っています。


http://www.nhk.or.jp/shutoken/funin-sp/

↑こちらのサイトの下にある取材日記を読んだところ、不妊治療以前にそのことに対する夫婦での向き合い方についての問題が多いとありました。

夫婦の問題、それ以前の男女として出会った時からの問題、性教育の問題…と考えているうちに、斉藤さんにお知らせしよう!と思いたちました。(ご存知でしたらすみません)

最近番組スタイルが変わって、昔のスタイルに慣れている者には観辛くなっているNHKスペシャルですが、良い番組だといいなぁ。

長々とすみません。
[ 2012/06/14 ] すずらん[ 編集 ]
おひさしぶりです。^^
お元気そうで何よりです。


>その後2人目の子供にも恵まれ、主人との仲もとても良く、幸せに暮らしております。

夫婦仲がよくておめでたもあったとは、本当に何よりです。^^


>私自身はこのタイトルはいかがかな?と思うのですが、録画してみてみようと思っています。

確かにタイトルはやりすぎ感が…(笑)
内容は見てみないと分かりませんが、こういうのを取り上げてくれるようになったことは大きいですね。
日本のテレビでは避けられる話題だったので。^^;


>不妊治療以前にそのことに対する夫婦での向き合い方についての問題が多いとありました。

女性ではなく男性に不妊の原因があることも多いですしね。
不妊もセックスレスも、知識不足と向き合い方の問題はとても大きいので、こういった番組を通じて多くの方が。原因を見直すきっかけにしてもらえたらと思います。

興味のある皆さんはご覧になってくださいね。^^
[ 2012/06/17 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
先日はお返事のコメントをありがとうございましたm(__)m
NHKスペシャルのタイトルは上記に変更になっています。
↓また、下記のように再放送が決定したそうです。

7月8日(日)午前2時5分~(土曜日の深夜)

番組は、取材に応じた方の思いがひしひしと伝わってきて、ちょっと苦しくなるくらいでした。が、もともとその位、重要な問題だから、当然かもしれません。

また、斉藤さんのブログ読者様には、近い将来、妊娠される(させる)方も多いと思うので、卵子・精子の老化を含む、セックスや妊娠の情報源に、「新版 タイミング妊娠法 丈夫でよい子を産む」を個人的にお薦めします。

動物の発情とか、コーランではとか、読み物としても面白いです。一方、自分のセックスのタイミングや妊娠中の行いが、子や孫にどう影響するかなど、知らないって怖いと思う記述もあります。

「妊娠法」とありますが、生物を勉強し終わった高校生以上の方なら読んで損はないかと思います。
[ 2012/06/27 ] すずらん[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。