セックスでダイエットできる?

セックスでダイエットできる?

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

セックスでダイエットできる? 


かなり有名な話題なので「今さら?」という感じの人も多いでしょう。
でも、今まで扱ったことがない話題なので大目に見てやってください(笑)

いつもどおり、私なりの解釈を入れつつ書いてみますね。



まずは、昔読んだニュースサイトの記事の箇条書きメモです。
確か2004年頃だったと思います。


・週3回で1年間続けると、約1kg痩せられる。
 (ペンシルバニア大 マイケル博士)

・激しいセックスだと、週3回で1年間続けると約3kg痩せられる。
 (別の学者)

・週8回で半年間続けたところ、妻が10kg夫が7kg痩せた。
 (The Ultimate Sex Dietの著者Kerry McCloskey)


こんな感じで書いてありました。
一応、出典がそれっぽいものばかりです。

ただ、上の2つは実験結果なのか単にカロリー計算しただけなのか不明です。
最後のものは自分でも実験可能ですね(笑)


週3回で1年間となると、日本ではかなり多いほうになると思います。
それでたった1kgしか減らないのでは、ほとんど効果なしですね。

あとは「激しいセックス」の基準がとても気になります(笑)

3つ目のは実体験のようなので参考になりますね。
ただちょっと気になることがあるので、また後で触れます。



続いて、セックスの消費カロリーを一覧にしたものです。(出典不明)

 彼女の服を脱がせる  12kcal
 片手でブラを外す   12kcal
 コンドームをつける   6kcal
 軽いキスをする    17kcal
 ディープキスをする  65kcal
 クリトリスを見つける  8kcal
 Gスポットを見つける 92kcal
 1あえぎにつき     3kcal
 射精をする      15kcal

こんなに細かく算出できるのか分かりませんが、数字は無難なものですね。

合計すると230kcalです。
これ以外にも挿入時のピストン運動などがプラスされます。

他にもいろいろなサイトや本などに記述があり、
おおよその数字を見ていくと、45分くらいの平均的なセックスで、
女性が150~300kcal、男性が300~500kcalくらいを
消費できるといった感じですので、おおよその話も合いますね。

ただ、Gスポットを見つけるのに92kcalとなっていて、
いったいどれだけエネルギーを使っているんだ…という気はします(笑)


他に面白いのはこのあたりですね。
このへんからは冗談半分でしょうから、数字はアテになりません(笑)

 手を使ったオナニー   11kcal
 ダッチワイフを使う   24kcal

 2回目の勃起
       20代: 36kcal  30代: 80kcal
       40代:124kcal  50代:972kcal

 彼女の父親が部屋のドアをノックしたので慌てて着替える 1218kcal
 妻が部屋のドアをノックしたので慌てて着替える     3521kcal


実際にオナニーの消費カロリーはセックスと比べると少ないですよね。

やはり相手がある分だけセックスのほうが動きが多いですし、
疲れが大きいからこそ、楽なオナニーに逃避する男性もいるわけですしね。


2回目以降の勃起は、確かに使うエネルギーが多い気がします。

普通に考えると、行動内容が同じなら消費するカロリーは同じで、
単に疲れ方が大きくなっているだけかもしれませんが…。
年をとると、疲れ方がどっと違ってきますよね。^^;


最後の2つは完全に受け狙いでしょうね(笑)

慌てて着替える運動量が大きいのはもちろん、
驚きや冷や汗で、心臓などにかかる負担がかなり大きいのは間違いないです。

まぁ前者は笑い話ですが、後者にはならないようにしましょうね。


こうして見てくると気づくと思いますが、
男性のほうがカロリー消費量が多くなります。

もちろんセックスの内容にもよりますが、
普通に男性が動くケースはどう考えても男性のほうが大変ですよね(笑)

快感は女性のほうが強いので、女性のほうがぐったりすることが多いですが、
単純な運動量だけ見たら、普通は男性のほうが圧倒的に多いはずです。


…と、ここで最初の箇条書きの3つ目を思い出してください。

・週8回で半年間続けたところ、妻が10kg夫が7kg痩せた。

そう、妻のほうが痩せていますよね。

消費カロリーだけを考えたら、男性のほうが2倍近く多いのに、
なぜ女性のほうがはるかに痩せるのか・・・?


日常生活におけるその他の行動による誤差を除くとすると、
原因として2つの仮説が考えられます。


1つ目は「意外と女性の消費カロリーが高い」です。

上で「1あえぎにつき3kcal」というのもありますが、
女性が感じれば感じるほど消費カロリーが増えるのは間違いないでしょう。
イキまくった後はぐったりしますしね(笑)

単純な行動だけを見ていくと男性のほうがカロリーを消費しますが、
感じることによる体温上昇や声・痙攣・皮膚・発汗などの諸反応、
深いオーガズム時などにはかなりのカロリーを消費するのかもしれませんね。

ただ、この女性がどういうセックスをしていたか分からないので、
あくまでも仮説に過ぎません(笑)


2つ目は「精神的な満足度の影響が大きいのが女性だった」です。

充実したセックスはかなりのストレス発散効果がありますよね。

ストレスが溜まると女性は男性よりもおやつの甘いものが増えたり、
場合によってはやけ食いするなど、食べ物に影響が出ることは多いです。
でも、普段が愛情いっぱいで充実していたら、
そういった余計なカロリー摂取も減ることになります。

それにセックスによって心身の満足度が高まれば自律神経も安定します。
当然、食欲や代謝に関してもかなりの影響が出てくるでしょう。

男性もそれなりに影響はあるでしょうが、
生理的にもやはり女性のほうが精神的な影響が大きいと考えられます。



・・・とまぁ、古いネタでかなり話を引っ張ってみました(笑)


ダイエットに成功したと傍目に分かるほど痩せるためには、
かなりの回数をしないといけないということですね。

そして、充実したセックスであればあるほど効果が見込めると思います。

まぁ実際はセックスばかりしていると日常生活に悪影響もあるので、
やはりダイエットは他の方法でしたほうがよいと思います(笑)



「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
あっはは!(爆笑)
ちょっとしたバカバカしさに、ひとりで大ウケしました(笑)
一番ウケたのは『週8回』!
週8って…
枠を超えてますね(笑)

エッチで痩せようなんて、やっぱり甘いんですね…(^_^;)
けっこうイイ線いくのかと思っていたのですが、実際には割が合わないような…(苦笑)

感度が上がるようなエクササイズでもやれば、一石二鳥になるかも(^_^)
[ 2011/09/23 ] アキ[ 編集 ]
楽しんでいただけて何よりです。^^
週8しようと思ったら時間はもちろん、相手も相当セックスが好きでないと難しそうですね(笑)

そして、確かにエクササイズをすれば消費カロリー大幅アップになりそうですね。


<コメントついでに補足です>

上は「雑記」なので、情報の正確性ではなく、話題提供と思って楽しむ方向でお願いします。

念のため正確な話をしておくと、1分間の早歩きで約4kcalですから、「コンドームをつける 6kcal」は、うまくつけられなくて汗をかきながら必死でつけるような状態でないとありえない数字になります(笑)

また、わりと信頼性の高い数字だと、キスの消費カロリーは1分間で6kcalだそうです。(ただし、同じキスでもかなり興奮しながら、しかも行為の真っ最中にするようなものだと消費カロリーは当然上がるでしょうから、あくまでも参考数字ですね)


なので、マジメに語ると「片手でブラを外す 12kcal」「軽いキスをする 17kcal」など1つ1つの数字は全く参考にならない数字です。

もともとの自然消費、書かれていない行為による消費、息が上がってきてからの消費量増加などもありますから、誤差はかなりあるはずです。
ただ、やはり総計ではそこそこ無難な数字かなとは思います。

そうは言っても、普段の記事のような正確性に配慮したものではありませんから、あくまでも「雑記」として楽しんでいただく方向でお願いしますね。^^

[ 2011/09/23 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。