セックスがうまくいかない根本原因 その3

セックスがうまくいかない根本原因 その3

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

セックスがうまくいかない根本原因 その3 

シリーズでお届けしている3つ目です。


1.セックスの問題は、一方の努力だけでは改善が極めて難しい。

2.各自の持つ情報がバラバラで、正誤も含めて差がありすぎる。

3.男女の性欲のピークにズレがありすぎる。


今回は3ですね。



3.男女の性欲のピークにズレがありすぎる。


男女が同年代である場合、性欲のピークは必ずズレます。

男性のピークが20代前半くらいまでで、
女性のピークが30代後半からですからね。


お互いが20代なら、男性はしたい盛りですし、女性はイマイチ乗りません。

男性は体力・性欲があるものの、多くはテクニック不足です。
女性は性欲が薄い上に未開発なので、なかなか気持ちよくなれません。
結果、女性はセックスに積極的になれず、男性は欲求不満になりがちです。


お互いが40代なら、男性は冷めてきますが、女性は乗り気です。

男性はテクニックが身についてきますが、体力・性欲が減退します。
女性は開発が進み性欲も強くなるので、どんどん求めるようになります。
結果、男性はあまり積極的になれず、女性は欲求不満になりがちです。

いかにギャップが大きいか分かると思います。


また、20代は女性が未開発なので開発次第でいくらでもよくなるのに、
男性のまずいテクニックでマイナスの開発がされがちです。
すると、ますます性欲のピークが後ろになってしまうことになります。

男性は自爆しているわけですね(苦笑)


女性もマイナスの開発をされるせいで、30代以降に性欲が高まっても、
深いオーガズムなどでちゃんとイキきることができません。
そうすると、強い性欲と満足できない心身とで悩むことになります。

(もちろん、マイナスの開発をした男性にも非はありますが、
 それを受け入れ続けた女性側にも非が無いとは言い切れません)


また、男性は年を重ねるほどプライドが高くなり、
セックスに対しても根拠のない自信を持つようになります。
すると、大してうまくもないのにマイペースでしかしないようになります。

(もちろん、演技をして変に自信を持たせたなら、女性にも非はあります)

若い時ほど、お互いの原因で開発が進まず、
年をとるほど、お互いの原因ですれ違いが多くなる…

結局のところ、男女のお互いの行動が複雑に絡み合っているわけですね。

そして、ピークのズレがその根本にあると。



残念なことにピークそのものをずらすことはできません。
それを踏まえた上で対策をしていくことになります。

まず考えるべきなのは、女性の開発を早めることです。

そうすれば女性のピークの開始時が早まるので、
男性のピークと重なることができます。

40代以降に性欲が高まるといっても、それまでに充実したセックスを
続けてきたのであれば、理不尽な性欲の高まり方はしません。
それまでが充実していないからこそ、過度に高まってしまうわけですね。

男性側が順調にテクニックを上達させていれば、
体力的に落ちてきたとしても十分に対応可能でしょう。

また、出産などで女性側の性欲が下がってしまう時期もありますが、
それまでに充実したセックスができる関係になっていれば、
女性側も何らかの対応策をする気になりやすいというものです。
(もちろん、優しい女性を選ぶのも大事ですが…笑)

逆に男性のピークを後ろにずらすことは生物学的に厳しいですね。

そのため、心身の健康に気を配り、体力・精力・気力の低下を避けること、
そしてテクニックを上達させ、それらを補えるようにするようにしましょう。


ただ、これは結局のところ理想論でしかありません。

性欲のピークが完全にズレてしまうカップルは山ほどいますし、
それが原因で不倫や離婚に至る夫婦も一定数います。

でも、性欲のピークがズレてしまうことを頭に入れておくことで、
何らかの対処ができて、危険を回避できる可能性も高まると思います。

誰にも平等に訪れる可能性のある問題だからこそ、
早い段階からしっかりと対策を立てていきたいですね。




3つの根本原因を紹介してきましたが、原因が分かったからといって、
すぐにうまくいくようになるような簡単なものではありませんよね。

お互いうまくいくカップルが増えることを願えばこそ、
ブログやメルマガなどでこういった活動をしているわけですが…

日本中のカップルに影響を与えるのは無理だとしても、
たとえたった数組でもよいので、いつまでもよい関係が維持できるために
何らかのお役に立てていれば何よりです。






「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
この記事、興味深く拝読しました(笑)

私の場合、産後は感度がよくなるという俗説が40過ぎに開花したような気がします。
しかしながら記事にもありましたように、男性自身の精力(特に体力の)減退…
典型的すぎて、深くうなずくことしかできません(爆)

だからといって若い男性に乗り換えるわけにもいかないし(苦笑)

性の問題はデリケートなだけに、奥深い永遠のテーマですよね(〃∇〃)
若いアベックも、新婚さんも熟年も、ワケアリカップルも…みんなが幸せなSexLifeが送れますように。( ̄人 ̄)
[ 2011/06/19 ] アキ[ 編集 ]
同意いただきありがとうございます(笑)


>性の問題はデリケートなだけに、奥深い永遠のテーマですよね(〃∇〃)
>若いアベックも、新婚さんも熟年も、ワケアリカップルも…みんなが幸せなSexLifeが送れますように。( ̄人 ̄)

本当にデリケートですよね。

ブログの記事などでも、自分なりにいろいろ言い方を考えはするのですが、注意・配慮不足もあって意図せず読者の方を傷つけたり不快な思いをさせてしまったりなど、本当に悩ましい限りです。

ただ、どんな思想・価値観・境遇の人でも、それぞれの方が幸せに感じられるセックスライフを送っていただき、ひいては素敵な恋愛関係や夫婦関係を築いていってもらえたらと願うばかりです。

[ 2011/06/20 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。