セックスがうまくいかない根本原因

セックスがうまくいかない根本原因

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

セックスがうまくいかない根本原因 

パートナーとの性生活がうまくいかない・・・
心も体も満たしてくれるパートナーが見つからない・・・
本当の快感を知らないまま男(女)として終わってしまうのではないか・・・

こうした悩みを抱えている人は老若男女問わず大勢います。

それぞれの悩みは原因も内容も微妙に違うわけですが、
要は、セックスがうまくいっていないことに集約されると思います。

離婚の原因で最も多いのが性格の不一致なのは有名ですが、
世間では「“性格”の不一致ではなく“性”の不一致だろう」と
噂されたりするのも、少なからず納得してしまうところですよね。

実際、そういった相談はこれまで絶えることなくいただいてきました。
年代・性別・内容はそれぞれですが、皆さん心から悩まれているのは同じです。


さて、人生における最大の理想の1つとして、こんなのがあります。

「人生最高のパートナーが、同時に最良のセックスパートナーである」

ひと昔前だと性に対する情報も少なく、そういった願望は少ないものでした。

ところが今では誰もが性に対する情報を手にできます。
生活が豊かになり、性にまで気が向くだけのゆとりができたともいえます。

そんな中、よりよいセックスを求めるのは当然の流れです。


でも、残念なことにこの理想が叶う確率は極めて低いです。

「夫(妻)としてはいいけど、男(女)としての魅力を感じなくなった」
「普段はとても優しいのに、夜の生活は手抜きで苦痛なほどです…」
「セックス中は優しくて熱心なのに、普段やデートは手抜きでまるでダメ!」
「結婚するなら、体の相性も合う人でないと嫌だ」
「セックスや体の相性は最高だけど、結婚は考えられない…」

などなど、よく聞く言葉ばかりですよね。

やはり理想のパートナーと理想のセックスパートナーは別物です。

そもそも、結婚生活に求める安定や安心感と、
恋愛やセックスに求める“ときめき”や“ドキドキ感”は逆のものです。

恋愛・結婚・セックスは無意識にセットで考えられがちですが、
それぞれできちんと分けて考えていくべきだと思います。
(それぞれ別の相手にしろという意味では決してありませんよ)


こうした問題を解決するにはセックスを本能のままにするのではなく、
ちゃんと将来を見据え、よりよいものにしていく継続的な努力が必要です。

努力といっても、闇雲に頑張ればいいというものではありません。
無茶な自己開発をして、逆に遅漏や不感症になるケースもありますからね。
正しい方向性で努力すべきです。

努力というと言葉が固くていけませんが、
どんな人でも恋愛・結婚・セックスには多大なエネルギーを使うわけで、
そのエネルギーを効率よく振り分け、正しく使うということですね。

同じ頑張りでも、ゴールと反対に向かっていては意味がありませんから(笑)

そのため正しい方向性がとても大切になります。

もちろん、このメルマガやブログ、メール相談を行っているのも、
できるだけ正しい方向性を伝えたいという思いが原点です。


さて、正しい方向性を考える上で、
また、お互いに最良のセックスパートナーとなる上で、
どうしても避けられない大きな壁が3つあります。

気持ちよくない、イケない、イカせられない、テクニック不足・・・などなど、
細かい問題はカップルの数だけあるものですが、
ほとんどの問題の根源はこの3つにあると思います。

今問題を抱えているカップルはもちろん、
これから長きに渡って付き合うカップルの方は、
ぜひとも1度は考えてみてほしい事柄です。


今日はそのうちの1つを紹介します。(残りは次回で)



1.セックスの問題は、一方の努力だけでは改善が極めて難しい。

これは納得してもらえると思います。
が、このことをしっかりと把握している人はあまり多くないように感じます。

セックスに限らず、人間関係は一方の努力だけだと改善が難しいですよね。
特にセックスの問題はほとんどの場合において
両方が心と力を合わせて改善していかないとよくなりません。

しかし、現実は「自分ではなく相手が悪い」と相手に責任を押し付けたり、
「相手が変わってくれないからダメ」と自分の責任を回避しがちです。

それに問題のある人ほど、自分に問題があることを
認識さえしていないことが多いですよね。
普通はお互いに悩むものですが、一方だけが悩む悲惨な状況にもなります。
(両方が悩んでいるほうが解決の見込みは高いです)

そのため、本気で問題を解決しようと思ったら、
お互いによく話し合ったり理解しあって問題を共有した上で、
力と心を合わせて改善のために協力しないといけません。

…なんて書くと「何を当たり前のことを」という気がしますよね(笑)


でも、理解・共有・協力などは、恋人や夫婦ならできて当たり前なんですが、
なぜかセックスに限ってはできないのが現実です。

心当たりのある人、山ほどいますよね?(笑)


実際、メール相談のほとんどは「相手に相談しないで」するものです。
当たり前です、最も信頼できるパートナーに相談できれば、
見ず知らずの私になんか相談する必要はありません(笑)

もちろん、相手に相談するよりも私に聞いたほうがよい問題もありますし、
相手に相談しても解決しなかったのが、私に相談して解決する人もいます。
相手に相談すべきだが、できない理由を抱えた人もいますしね。

でも、どう考えてもまずは相手に相談すべきだろう…
というような相談があるのも事実です。

相談を受けて、私が最適な方法を提示できたとしても、
相手の協力が得られなければ、結局解決しない問題というのがあります。
問題が大きくなればなるほどそういう傾向ですね。
それは、テクニックだけでは解決できない問題になってしまうからです。


とりあえず、解決するかどうかはともかくとして、いったんは
お互いの問題を「理解」し、「共有」し、「協力」することが不可欠です。

それらを通して2人の絆・信頼関係が深まっていく面もありますからね。
そこから逃げていては、いつまで経っても2人の間は縮まりません。


将来、大きな問題が起こってから慌てて信頼関係を築こうとしても遅いです。

そして日常生活における信頼関係とセックスにおける信頼関係とは別物です。

予防の意味も含めて、日々の生活だけでなくセックスにおいても、
理解・共有・協力を意識的にしていってもらえればと思います。


…そうは言っても、問題が起きてからでないと、
理解・共有・協力不足であることに気付けないのが現実ですが(笑)




「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。