子宮内膜症

子宮内膜症

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

子宮内膜症 


最近増えていると話題の病気ですね。

ちょっと難しく書かれているところが多いので、
若い人向けにも分かりやすいよう、簡単に紹介します。




子宮内膜症は、本来は子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜が、
子宮以外の場所で増えたり剥がれたりを繰り返す病気です。

通常、剥がれた子宮内膜は生理で外に流れ出ていくのですが、
子宮以外の場所でできた子宮内膜は体内に残ってしまいます。
流れ出るはずの異物が残るので、それが炎症や痛みの原因になるわけですね。

発症率は、全女性の10%程度と言われています。
そんなに多くもないですが、無視できるほどでもないですね。

基本的に良性の病気なので、痛み以外はそんなに心配いりません。
ただ、放置すると不妊やガンの原因になることもあるので、
ある程度は気にかけておいたほうがよい病気です。


とはいえ、もともと生理は痛みや違和感が伴うものですから、
気にかけるといっても見分け方はなかなか難しいです。

まず、生理を繰り返すほどひどくなっていくという性質の病気なので、
年がたつほど痛みが強くなってくる場合には注意が必要です。

また、生理時以外(排卵期や生理前)にも腹痛が起きたりします。
排便時に肛門の奥のほうが痛くなる人もいるようです。
生理時に下痢をしやすい…なんてこともあるようですね。

膣奥が痛む性交痛の原因にもなります。
ただ、慣れるまでは膣奥を激しく突けば痛いに決まっていますから、
痛みがあったからといって子宮内膜症とは限りません。
やり方を変えたり、ある程度慣れてきても痛むようなら要注意ですね。

生理時の血液量が多い場合も注意が必要です。


いろいろ書きましたが、軽度のものでは自覚症状がないこともあり、
自分では子宮内膜症と気づけないことも多いです。

それほど重症ではないのに痛みがひどい場合もあれば、
かなり進行していてもほとんど痛みを感じない場合もあり、
症状にはかなりの個人差があります。

もともと生理に痛みが伴う人は多いですから、見分けも難しいですよね。
それに、上記の症状は子宮内膜症でなくとも起こるものばかりです。

このあたりが、発見をしにくくしている原因と言えるでしょう。



さて、子宮内膜症が起こる原因ですが、これはまだよく分かっていません。
いくつかの説があるのですが、専門家の間でもはっきりしていないんですね。

一方、子宮内膜症が増えている原因は女性のライフスタイルの変化、
特に生涯の生理回数の増加だと言われています。

昔は、早く結婚して何人もの子供を産むのが一般的でした。
妊娠中は生理がないですから、子供を生むほど生理は減ることになります。
栄養状態もよくないですから、初経も遅く閉経も早かったでしょう。

一方、今は結婚も遅くなり出産回数は激減しましたよね。
すると生理の回数は昔より増えていることになります。
それだけ子宮内膜症が起こるリスクが増加しているということですね。

ただ、実際に増えたことを示すデータはまだありません(笑)
これは今後の調査を待ちたいですね。


さて予防法ですが、自力でできるようなことはあまりありません。

ストレスが悪いとか、喫煙が悪いとか、いろいろ言われていて、
もちろんそうしたものも原因になると思いますが、
だからといって予防法とまでは言えません。

ただ、血液に関わることなので、血流の改善は効果がありそうです。
冷えを防いで体を温めることで、少なくとも痛みは改善できるようですね。
適度な軽い運動もよいと思います。
(どちらも、子宮内膜症以前に健康によいことですね。


最後に治療法ですが、これは体質的なものですから、完治するのは難しいです。

現在、完治する唯一の方法は根治手術です。
すなわち、子宮と両側の卵巣を摘出する手術ですね。
もちろん妊娠はできなくなります。

そのため、薬物などを使ってコントロールする治療が今の主流です。
花粉症やアトピーなどのアレルギー、糖尿病、高血圧もそうですよね。
ちゃんとコントロールすれば命に関わることはありませんから、
閉経まで長期で気長に付き合っていく病気ということになります。

薬物治療は、医師の指導のもとで低容量ピルを使うというのが一般的です。
ピルを使っても子宮内膜症が治ることはありませんが、
進行や症状を止めることができます。

最近では、ピルは子宮内膜症だけでなく、月経痛や排卵痛、過多月経、
はてはPMSまで対応する、世界標準の治療法と言われています。
副作用が少ないのも利点で、決して避妊目的だけのものではないんですね。

そもそも子宮内膜症は手術しないと確定診断できません。
通常の診察やその他の検査で「子宮内膜症です」と言われたとしても、
ちゃんと検査をしたら「実は子宮内膜症ではなかった」という可能性もあります。
(さすがにチョコレート嚢胞などは超音波検査などで大体分かりますが)
ですので、初期は様子見としてピルを利用するのが無難なわけですね。


今回は子宮内膜症についてざっと紹介してみました。

まだまだ発展途上の分野ですし、性というよりは医学の内容です。
詳しいことを知りたくなったら、専門のサイトを調べたり、担当の医師に直接相談してみてくださいね。


ちなみに、多くのサイトでは「生理」ではなく「月経」と書かれていることが
多いですが、これは「月経」が医学用語で「生理」は婉曲表現だからですね。

私のサイトでは分かりやすさを重視して、生理のほうを多用しています。
ご了承ください。


「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
初めまして
管理人サンは性に詳しいだな…と感心しつつROMっています。

子宮内膜症の為、10年前手術を受けました。

[ 2012/01/18 ] RAIRA[ 編集 ]
体験談をありがとうございます。

実際に体験されている方ほどに詳しいわけでは決してないですが…、他にも参考になる記事があると嬉しいです。^^
[ 2012/01/19 ] 斉藤享哉[ 編集 ]

このサイトをROMって
ちょっとエロサイトっぽいだけど、管理人さんは真面目にちゃんと応えたりしていますね…

このやり取りが嬉しくて応援したくなりました。

[ 2012/01/20 ] RAIRA[ 編集 ]
応援ありがとうございます。

エロサイトっぽくならないようにしているつもりですが、効果なしみたいですね(笑)

意外と…というか、かなりマジメなサイトなので、よかったらご利用くださいね。
[ 2012/01/21 ] 斉藤享哉[ 編集 ]

あの…
言いにくいけど、
子宮がないからポルチオオーガズムを体験する事が出来ないでしょうね!?

子宮がなくてもパートナーとお互いに気持ちよくセックスする事が出来るでしょうか?

[ 2012/01/25 ] RAIRA[ 編集 ]
子宮切除後の性感については、残念ながら正確な知識がありません。なので、ポルチオオーガズムについては何とも言えませんね。^^;

ただ、パートナーとの気持ちいいセックスについては、全く問題ないはずです。実際、摘出された方でセックスされている方から相談をいただいたこともありますからね。

そもそもセックスは、たとえ挿入なしでも充実したものにできるのですから、後はおふたりの心と進め方の問題ですね。

ただ、愛液の出が悪くなることがあるので、ゼリーやローションは準備しておいたほうがいいかもしれません。また、全摘の場合は膣壁が弱くなることもあるので、優しいセックスを心がけてもらいたいですね。(これは別に普通のセックスでも同じですが、激しい人もいるので…。^^;)
[ 2012/01/29 ] 斉藤享哉[ 編集 ]

いつも親身になって
本当に感謝しています。

あれっ…

性器イボ
ゾッと寒気がして気になって…気になって頭から離れません。
性病にかかってしまったとの事?

パートナーとは
三年前、セックスしたのですが、あれからセックスしてません。

いつ
性器イボが出来たかなあ?
覚えていませんが…

[ 2012/01/29 ] RAIRA[ 編集 ]
イボにはいくつかの種類があるので、一概に性病だけとも言い切れません。逆に、何年も前のものが突然現れることもありますので、3年前だから大丈夫とも言えません。^^;

こればっかりは視診と検査が必要ですので、一度婦人科で診察を受けることをオススメします。

[ 2012/02/05 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。