前の彼以外とセックスしても気持ちよくなれない

前の彼以外とセックスしても気持ちよくなれない

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

前の彼以外とセックスしても気持ちよくなれない 

初めまして、よろしくお願い致します。

私は7年前に遠距離で付き合った彼がいました。
その人は初めてのHの相手であり、一時は結婚の約束もしました。
その人とは会う度に必ずHして、会えない時にも我慢できるようにと
彼の肌の温もりを身体に覚えこませていました。

その人とは、一年ほどで別れてしまったのですが、
その人としたHや肌の温もりを身体が未だに覚えていて、
その後他の人としても全く気持ちよく感じることが出来ません。
(体の相性は良かったと思います)
どうしても、肌を合わせた時に身体がこの人は違う、
っていう風に感じてしまうのです。

このトラウマのようなものを解消する方法のようなものがありましたら、
お教えいただければ有難いです。


(今日の記事はかなり長めです)


<回答>

7年前の彼とのHそのものがよかったこと、そしておそらくその彼を
好きな気持ちが極めて強かったことが根本原因だと思われます。

最初の相手かどうかに限らず、上手な相手または相性のよい相手と
セックスした後に、その男性と別れて別の男性とセックスすると、
非常に物足りなく感じるということは往々にして起こります。

同様に、相手を好きな気持ちが強ければ強いほど、
後の男性とのセックスは味気ないものになってしまいます。


ただ、これに関しては面白い法則があります。

例えば「かなりテクニックのある上手な男性」と付き合った後で、
また別の「テクニックはそこそこだけど、ものすごく好きな男性」と
付き合った場合、後者のほうが満足度が高くなりがちです。

逆に「テクニックはそこそこだけど、ものすごく好きな男性」と
付き合った後で、また別の「かなりテクニックのある上手な男性」と
付き合っても、いまいち満足できないということが起こります。

そう、テクニックと好きな気持ちの強さを比べた場合、
好きな気持ちの強さのほうが重みが大きいんですね。
つまり、愛情がテクニックに勝つということです。

もちろんテクニックで愛情に勝つことも可能ですが、「テクニックは
そこそこだけど、ものすごく好きな男性」と同程度を目指そうと思ったら
「非常に非常に非常に優れたテクニックのある男性」でないと厳しいです。

もし、前の男性が「テクニックもあって、ものすごく好きな男性」だったら…
ほぼ勝ち目はないですね。


ただ、これを打ち破る簡単な方法が1つあります。

男性の立場で言うと、それは「前の男性に愛情で勝つ」ことです。
女性の立場で言うと、「前の男性よりもずっと好きになれる
相手とセックスする」ということですね。
「ずっと好き」が無理でも、せめて同程度好きな相手が望ましいです。


さてここで質問ですが、初めての彼以降に付き合った男性は、
その彼と同等かそれ以上に強い気持ちで「好き」と言える相手でしたか?
「好きは好きだけれど、そこまでではない…」
「傷心や寂しさもあって、あんまり好きでもないのに付き合ってしまった…」
というようなことはないでしょうか。

「肌を合わせた時に身体がこの人は違う」と感じるのは、
いわば「女の直感」「相性や運命を感じるかどうか」
「生理的に受け付ける・受け付けない」という話になってくるわけですが、
これは「身体的な相性」というものではありません。

なぜなら、そうした感覚は肌と肌の間で何らかの化学反応が起こるわけ
ではなく、あくまでも「脳」がそう感じているものであり、元をたどれば
「どれだけ相手のことを好きか」というところに行き着くからです。


理屈っぽく書きましたが、私が勝手に推測するには、
あなたの中でその最初の彼の存在が非常に大きかったのではないでしょうか。
今も引きずっているか吹っ切れているかどうかまでは分かりませんが、
少なくとも当時の彼に対してそうなったほど
一途に好きになれる男性と出会えていないのだと思います。

もしこの推測が正しいのなら、一番の解決法は「その彼以上に好きになれる
ような、結婚したいと思えるような相手を見つける」ことだと思いますね。


かなり推測で書きましたので、
的はずれなことを書いていたら申し訳ありません。
その際はご指摘いただければ、また違った角度からお話したいと思います。




<相談者の返事>

斉藤様、ご回答ありがとうございます。
また、変な質問で困らせてしまったようで、申し訳ありません。
斉藤様にご指摘いただいた内容は、そのものずばり私にあてはまります。


7年前の彼は、ある映画HP内のチャットで出会い、
私のほうから好きになった人でした。

深夜のチャットに居合わせた人に私はひどい暴言で傷つけられて、
心がズタズタにされてしまいました。
彼は、そんな私の事を1人朝まで一生懸命に励ましてくれて、
話の流れからお互いの結婚観のようなものまで話し合いました。

そんな出来事から顔も知らないのにどうしようもなく彼のことを好きになり、
掲示板の書き込みで私から告白し、それをきっかけに付き合い始めました。


彼とは、出会ってから2回目のデートで
私から懇願するかのように初めてセックスしました。

彼とするまでは、男性と付き合ったこともなく、
キスもしたことがありませんでしたので、初めてのセックスといっても、
私の身体に彼が触れるという感じでただされるがままでした。

だから、優しくしてくれた彼には悪いですが、した後の感想は
『何も気持ちいいとか感じなくて、逆にとてもいけないこと、
汚いこと、私自身の身体が全て穢れてしまった』ような気持ちになりました。


でも、遠距離でなかなか会えない分、好きな気持ちがどんどん強くなり、
会うたびにセックスをしないではいられなくなりました。

そして、長年付き合ってきた恋人と錯覚するかのように本気で愛し合って、
周りが驚く程短い時間で夫婦みたいな感じになっていきました。


彼と初めてしてからは、彼とのセックスに夢中になっていきました。

でも矛盾するようですが、彼のセックスについて言えば、
特別上手ということはなく、持続時間も特別長くもないので、
どちらかといえば下手、物足りないものであったと思います。

いつも仕事で疲れて眠いということで、全く愛撫してくれず、
ただ私が自分の身体の欲求を満たす為に本能のまま彼のことを襲う。
襲われた彼は自分がイク為だけに仕方なく動くという感じでした。

それでも、私は濃厚なキスや裸で抱き合って寝ることで、
幸せな気持ちになりましたし、また、彼と私の肌を密着させるだけでも、
すごく幸せと感じることもできました。


この彼と別れてから4年後、別の男性とセックスをしました。

すごく好きという感じでもなく、
なんかこの人を好きかもしれない・・・というレベルでした。

結局お酒の勢いでいい雰囲気に流されるまま
セックスをしてしまったという感じでした。

私の身体が『この人は、違う』と主張したのは
まさにこの男性としてみて感じました。

(※この男性との経緯は大幅に省略しています)



最初に付き合った彼とのその後についてですが、
6年前に別れてから2年前までは全く連絡は取っていませんでした。

でも、今から2年前に相手から携帯のショートメールが送られて来て、
思い出してしまい、捨てられた恨みのようなもので、
喧嘩して完全に連絡先も削除し断絶するべく吹っ切るようにしました。

しかし、私は彼のことを本当に愛していたから、
別れた後しばらく気が狂いそうなくらいに彼のことを許せず、
逆に恨んでもいましたので、2年前のメールによって
忘れていたはずの記憶がすべて呼び起こされてしまい、
完全に忘れることはできていなかったのだと思います。

それからここ最近まで、最初に付き合った彼のことは思い出すことは
ありませんでした。でも、また最初に付き合った彼とのこと、
彼としたセックスを考えるようになってしまって、当時の記憶をたどって、
彼の仕事仲間や友人を通して、連絡を取ってもらいました。

そして、今現在(10日間位)、唯一彼と携帯のショートメールだけですが
連絡を取っています。今の私自身の彼に対する思い、心の叫びとともに
彼以外には考えられない旨を伝えています。

出来ることならば、もう一度彼とやり直したいし、
これからの人生を隣で一緒に歩きたい。結婚して彼の子供を産みたい
(子供を産むならば彼の子供以外は望まない)と思っていますが。

でも、以前とは彼のほうの事情が変わってしまったのと、
6年前、そして2年前に連絡を取ったときの私の怒りの言葉から、
悩み相談は聴いてあげるけれど、復縁は絶対にしたくないし、
結婚相手の対象とは考えられないといわれて拒絶をされています。


斉藤様このたびは本当にありがとうございます。
指摘された言葉が私には次々と胸に突き刺さるようでした。

最初に付き合った彼のことは強く強く思っていたから、
一時忘れていたように見えた時も、
本当は全く吹っ切れてはいなかったのですね。
もしかしたら、心の奥底に沈んでいる本当の気持ちに気が付きながらも
知らぬふりをして無理にフタをしていたのかな。

最初に付き合った彼とは、なかなか難しいと思いますが、
少し向き合ってみようと思います。
私自身の気持ちが吹っ切ることが出来た時、または他に本当に
強く強く好きな人、私の身体を本当に満たせる人と出会うことが出来るまで。

最初に付き合った彼に対しての気持ちに結論が出たときには、
「彼以上に好きになれるような、結婚したいと思えるような
相手を見つけたい」と思います。
それまでは、セックスはおあずけにでもしなければいけませんね。


書いているうちに文章がまとまらなくなってしまいました。
斉藤様、私のようなものは珍しいのだとすれば、
大変恥ずかしいことではありますが、
メルマガの読者の方にも是非公表してみてください。
きっとみんな気が付いていないだけで、思い当たる方がいるかもしれません。

斉藤様、ご回答本当にありがとうございました。



<管理人の返事>

おはようございます、斉藤です。
とても丁寧な返事をいただき、ありがとうございました。

そういう事情でしたか・・・
別れという結果になってしまったのは残念ですが、
それほどに相手を好きになれたというのは、
とても素敵なことだったと思います。

そして、それほど好きな相手であったのであれば、
次の彼がまるで比較にならなかったのも仕方ないと思います。


ただ、救い(?)があるとすれば、メールの内容を読む限り、
どちらの男性もセックスが下手で雑だったことですね。
愛撫が全くない、自分の欲求を満たすだけの動きなど、
残念ながらテクニックでいったらほぼゼロの男性と言えます。
まぁそういう男性が多いのが悲しい現実ですが。^^;

次に付き合う男性が…○さんが好きになれる相手というのは大前提ですが…
ちゃんと事前に愛撫などを丁寧にしてくれるような男性であれば、
きっとこれまでよりは満足できるものになることでしょう。
少なくとも「今後もずっと満足のいかないセックスしかできないかも
しれない…」と不安に感じる心配はないですよ。


ここからは余計なお世話ですが…
彼との今後については、やはり難しいとは思います。

彼の6年前の行為に対して○さんが怒りを爆発させ、気持ちが
落ち着くまでにさらなる年月がかかったように、その4年前の行為に対して
彼の中で気持ちが整理されるのにはかなりの時間が必要とされるでしょう。
男性は意外と根に持ちますしね。^^;

少なくとも、○さんが彼を追っている間は難しいと思います。
一度彼が爆発して、その後改めて彼に○さんを追わせることができれば
彼の心境の変化もありうるかもしれませんが、
そうするともう1度傷つけられることになってしまいますし…
男女の関係というのは難しいものですね。


「本当の自分の気持ちに蓋をしていた」という言葉は、
きっとその通りだと思います。
私も状況は異なるとはいえ、つらい失恋の経験はありますから、
お気持ちは痛いほど分かります。
失恋という事実だけでなく、今回のように自分の中で1度ちゃんと
向きあってはじめて次の一歩が踏み出せるのだと思います。

○さんが結ばれる相手が、その彼なのか、
全く別のまだ見ぬ男性なのかは分かりません。
どちらにせよ、自分の中である程度の結論を出した上で
未来に向かって進んで行ってもらえればと思います。
大変な作業ではありますが、陰ながら応援していますね。


メルマガへの公表のお申し出、ありがとうございます。
お言葉に甘えて掲載させていただきますね。^^

最後に繰り返しになりますが、
本当に丁寧なお返事をいただきありがとうございました。



<補足>

過去の彼も今の彼もテクニックには大差がないのに、
どうしてもセックスで満たされない・・・。

そんな女性は、過去の男性をとても強く愛していたのだと思います。

やはり愛情が強ければ強いほどセックスの充実度は増すものですし、
女性ほど恋愛感情の強さがセックスの快感に影響するものですからね。

だからこそ、本当に心から好きになれる相手とだけ
セックスをするようにしていってもらえたらと思います。


ただし「セックスで感じられないのは、相手を愛していないからだ」
なんていう受け止め方はしないでくださいね。

彼が頑張ってくれているのに、感じることができないなんて自分が悪い…
そんな悩みを持って相談される女性もたくさんいますが、
たとえ愛があっても、あまりにお粗末なテクニックでは全くダメです。
いくら頑張っていても、それがズレたものなら意味がないんですね。
こういう場合、女性は自分を責めてはいけません。

また、心の準備が整っていない段階では何をしても効果は得られません。
例えば避妊の知識が全くないような無知な男性が相手では、
いくら丁寧な進行をされても、安心して感じられるはずがないですよね。

一方、男性が一生懸命勉強して、本当に頑張ってくれているのに、
女性がひたすら受身で恥ずかしがるだけだと、今度は男性がかわいそうです。
男性が進めやすいような気遣いも大切なことですよね。

やはりちゃんと感じるためには、男性も女性も心と体の準備が大切です。

「愛情」「気遣いと優しさ」「知識」「テクニック」「異性への理解」

どれかに偏るのではなく、バランスが大切です。
愛する人のためにも、自分の未来のためにも、ぜひ心がけたいですね。


今回は相談者の方からお申し出をいただいたので、
背景となる恋愛の経緯もできるだけそのまま掲載させていただきました。

同じように、自分では気づいていないけれども、記憶のどこかで
過去の異性への思いに惹かれている方にも参考になると思います。


なお、実はこのメールの1ヶ月後にまた続きのやりとりがあったのですが、
さすがに長くなりすぎるのでここまでとさせていただきます(笑)



「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。