an・anのセックスマニュアル その3

an・anのセックスマニュアル その3

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

an・anのセックスマニュアル その3 

雑誌の女性読者対象アンケートについての続きですね。




Q:性行為の中であなたが許せることは何ですか?(抜粋)
   フェラチオ   742人
   ローターを使う 546人
   クンニリングス 531人
   顔射      240人
   複数プレイ    62人
   アナルセックス  33人

顔射の240人は24%ですから、かなり多いですね。
ひょっとすると、回答した女性もAVの見すぎかもしれません(笑)

アナルセックスはやっぱりまだマイナーですね。
これが30~40代以上を対象にしたデータだったら、
もっと数字が増えてくると思います。

あとは、複数プレイ62人はちょっと多すぎる気がしますね。^^;


一番面白いのは、フェラとクンニで200人も差があることです。

これはフェラが好きでクンニが嫌いな女性が多いというわけではなく、
クンニさせてもいいと思えるほど心を開くことができていない女性が
多いと言うのが本当の見方だと思います。

フェラはわりと一般的になってきており、
今や「するのが当たり前」という先入観すらあるのが現状ですよね。
そして、彼に要求されたら断るのも悪い気がして、そのまましてしまいます。
彼が喜ぶから頑張れるという女性も多いでしょう。

(念のため言っておきますが、別にフェラなんてできなくてもいいですよ。
 女性も男性も、したくないものを無理にする必要はありません。
 したいと思った相手に、したいと思えるタイミングですればいいんです。
 させたければ、そう思ってもらえるようにするのもテクニックの内ですから)

一方、クンニも一般的になってきましたが、
やはり女性からしたら恥ずかしいものですから、断るケースも多いようです。
フェラと違って、彼が喜ぶから頑張る…というものでもないですしね。
男性も面倒ですから、断られてラッキーと思っているケースもあるでしょう。

体験的に言っても、フェラとクンニをお願いした場合、
クンニのほうを嫌がる女性のほうが多いと感じています。
そのため、200人の差があるという結果は納得できます。


でも個人的には、過去に最後までクンニを断られたケースは「ゼロ」です。
もちろん無理強いするようなことはしませんよ。
最終的には女性のほうから望んでもらえるようにさえなります。

これには相手に感じてもらうための基本的なテクニックは当然必要ですが、
セックスを通じて相手の心を開いたり、2人の間の信頼関係を築くなど、
心の面でのつながりも大事になってきます。

セックスを単なる快楽のための行為としてとらえるのではなく、
お互いを理解し、愛情を深め合う行為としてとらえることができれば、
このアンケート対象者の人たちも、もっと違ったセックスができると思います。


今回のアンケートをまとめて見ると、

「深くイクどころか、浅くさえイカせてもらえていない」
「短い時間でも十分と思えるような内容の薄いセックスしかできていない」
「演技をするのが普通で、見抜かれることもない」
「一夜限りの関係をわりと気軽に持てたり、浮気経験者も多い」

こんな感じで、性に対して積極的なわりに性感は未発達なまま、
気軽にセックスはするけど、深いところまで付き合えていない、
そんな女性たちがアンケート対象の中心のような気がします。


余計なお世話ですが、もっとお互いを理解し、本音が言える深い付き合いが
できるようになってからセックスしたほうがいいと思いますね。^^;
そうすれば、結果も大きく変わってくるのではないでしょうか。


他に、男性300人にとったアンケートも載っていました。
なかなか面白かったので、こちらも次回以降で触れていきたいと思います。^^


「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
ananのセックスマニュアルは未経験者が読むと、「みんなこんな体験をしているのに私には経験する機会すらない」と落ち込ませるもののように思えます。私がそうでした。さらには女性としても人としても魅力がないのかも、とも落ち込みましたね。
恥ずかしながら40でやっと彼が出来、いざそのようなタイミングになる前に、斉藤さんのブログを見つけた時は本当に救われた気持ちになりました。実はまだ入らない状態ですが、あせらずにいようと思います。
[ 2011/03/11 ] マカロン[ 編集 ]
マカロンさんが感じてしまったお気持ちはとてもよく分かります。
一方の人にはプラスでも、一方の人にはマイナスになってしまう…情報を伝えるというのは本当に難しいものですね。

でも、恋愛やセックスには人それぞれに適したタイミングがあると思うので、決して恥ずかしいことではないと思いますよ。しかも今は彼がいらっしゃるとのこと。この場を借りておめでとうございます。^^

不慣れな時はなかなか手こずりますが、セックスに限らず何でもそうですので、まずは焦らず取り組んでみてくださいね。^^

また、細かい技術的な疑問・不安などありましたら、メールにてお気軽にご相談くださいね。

ただ、女性にアドバイスできる内容はほとんどブログに書かれているので、より具体的な内容は男性が聞いてくれたほうが助かりますが…(笑)

うまくいくよう陰ながら応援していますね。^^
[ 2011/03/12 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。