今日の言葉 「アナル」

今日の言葉 「アナル」

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

今日の言葉 「アナル」 


アナルというのは排泄器官ですから、もとは性の用語ではありません。
それがいつからかアナルセックスが流行り、性的な言葉になってしまいました。
数年前だったら、この言葉自体知らない人の方が多かったでしょう。
時代の流れですね。




アナルを使ったセックスは昔から存在していたと言われていますが、
プレイとして一般的に認知されるようになったのはつい最近です。
アナルセックスマニュアルなどもここ数年で見かけるようになりましたね。

もともとアナルというのは形容詞で「肛門の、肛門での」という意味です。
名詞だと「アヌス」となります。
「痔の検診でアナルを触診された…」と言うときは、
「痔の検診でアヌスを触診された…」の方が正しいです。
どうでもいいところですが(笑)
ややこしいので、私のブログ・メルマガではアナルで統一しています。

日本語だともちろん「肛門」ですね。
中学校の理科の時間で習ったと思います。
別の言い方だと「菊門」というのもあります。
これは見た目が菊の花みたいだからですね。

そして、アナルを口で刺激することを、アニリングスといいます。
クンニリングスのアナルバージョンですね。


付き合いが長くなると刺激を求めてアナルセックスに挑戦するカップルもいることでしょう。
方法や注意点などはまた機会があれば紹介したいと思います。

まぁほとんどのカップルにはいらないと思いますが(笑)



「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
注意点、ぜひ伺いたいです。
[ 2010/10/22 ] 噴水まにあ[ 編集 ]
機会をみて、記事の作成を頑張りますね。

ニーズが少ないので後回しになるとは思いますが(笑)
[ 2010/10/22 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。