今日の言葉 「上付き・下付き」

今日の言葉 「上付き・下付き」

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

今日の言葉 「上付き・下付き」 

昔はよく話題になりましたが、最近前ほど聞かなくなりましたね。

これは女性の膣口の場所を示しています。

上付きは上の方(おへそ側、手前のほう)に膣口があり、
下付きは下の方(背中側、お尻のほう)に膣口があるということです。

膣口は誰でも同じような位置にありそうなものですが、
その位置がけっこう大きく違うものなんですね。

ついでに、普通くらいの人は中付きといったりします。




では、どの程度からが上付き・下付きかという話になりますが、
これは明確な基準がありません。

一般的にはアナルからの距離が3~4cm以上だと上付き、
それ以下だと下付きなんて言われていたりします。
でも、私の経験から言うとあまりアテになりませんね。

なぜなら、そもそもアナルの位置自体に個人差が大きいからです。
身長差もあるので単純な比較は意味がないですが、実感で言うと、
アナルでも3~4cmくらいの前後差はあります。
そんなアナルを基準にして距離を計測しても、意味がないですよね(笑)

実際、膣口とアナルの距離は確かに4cm以上あるけれども、
アナルが下付き(後付き?)なだけで、膣口の位置は普通だろう・・・
なんてことが現実にはあるんですね。

さらに、上付き・下付きの差は最大2cm程度と言われていますが、
これもそもそもの基準がアテにならないので参考になりません。
というか、所詮数センチの違いで、そこまで大した違いではありません。
そうでないとウォシュレットトイレなんて作れませんよね(笑)


また、上付きや下付きによって膣の角度や形が変わるわけですが、
ここに法則性を見つけて一般化してしまう人がいます。
上付きだとこの角度だけど、下付きだとあの角度…という感じですね。

でも、この法則についても個人差が大きいので確実なことは言えません。
そのため、膣の形まで連携させて判断するのはやり過ぎで、
あくまでも膣口の位置と考えるべきでしょう。


ところで、上付きは女性全体の2割、下付きは1割という調査結果があります。
これだけを見ると下付きの方が希少価値がありますね。

でも、一般的には(昔は?)上付きが名器と言われています。

これは、上付きだとクリトリスがより手前のほうにあるため、
挿入したときに男性の恥骨などと擦れやすく、女性が高まりやすいからです。
女性が高まれば男性はうまくなった気がしますし、
当然締まりもよくなって気持ちがいい…というわけですね。

もう1つ、上付きのメリットは正常位がとれることです。
本来の正常位とは男女とも足を曲げず、直立の状態で
男性がおおいかぶさるようにして挿入する体位です。
普通はその体位だとうまく入りませんよね?
これが上付きだと手前側に入口があるので、わりと奥までしっかり入るんです。
といっても軽い上付き程度では無理なので、できる人は限定されます

なぜこの体位がいいかと言うと、女性が両足を閉じた状態だからで、
開いたままの正常位よりも数倍締まりがよくなります。
ペニスの根元が自然とクリトリスを刺激してイキやすいというのもあります。
実際、上付きの女性の方が開発されやすい…なんて言われたりもしています。

ただ、最近はプレイスタイルが豊富になり、バックも当たり前になりました。
下付きはバックに向いているので、体位次第で必ずしも損ではありません。

どちらが感じやすいとか、どちらが名器であるかとかは、
男性のテクニック、ペニスの形状にもよるので、一概には言えません。

今の時代では、好みの問題と言ったほうがよいかもしれませんね。


簡単にまとめると、

上付きのメリットは、膣口が手前のほうにあるため、正常位がしやすいこと。
下付きのメリットは、膣口が後ろのほうにあるため、後背位がしやすいこと。

おおよそこんなところです。

上付きの女性に無理な体勢でバックをしたりすると痛がられたりします。
下付きの女性に足を閉じた正常位を要求しても意味がありません。
また、どちらも無理な体位をとるとペニスが途中で抜けやすくなります。
初心者でやたらと抜けてしまう場合、ペニスサイズを心配する男性がいますが、
単純に体位や姿勢のとり方の問題であることが多いので、注意しましょう。

細かいことを考える必要はないですが、相手のつき方に合わせて
無理な体勢はしないように心がけたいものですね。



「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
コメントいただいたアメジストさん。
返事のコメントが長くなりましたので、記事のほうでお返事します。
[ 2010/10/09 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
初めてコメントさせていただきます。
記事で下付きはバックに向いてるとありましたが、私はバックだと入りません。
彼いわく下付きなのと足が長いせいらしいのですが…
今までバック、立ちバックはしたことがありません。
経験してみたいなとは思うをですが…
なんかいい方法ありませんか?
[ 2010/11/07 ] 咲[ 編集 ]
失礼ながら「バックだと痛い」「バックだと抜けやすい」ならまだしも「バックが入らない」の時点でありえません。
「下付きで足が長い」というのも、特に理由にはなりませんしね。

実際に見たわけでは無い以上、もしかしたら普通では考えられないほど特異な体型をしておられるのかもしれませんが・・・普通に考えると下付きどうこう以前に、ほぼ100%彼のテクニック&知識不足が原因だと思われます。

「なんかいい方法」以前に、正しいやり方を学んでもらうか、2人で試行錯誤してみてくださいね。
[ 2010/11/07 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。