膣内で使用できるローション ~性交時の痛みの軽減に~

膣内で使用できるローション ~性交時の痛みの軽減に~

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

膣内で使用できるローション ~性交時の痛みの軽減に~ 

ローションの一番の用途は「性交時の潤い補充」でしょう。
膣内への用途に特化したローションを「潤滑ゼリー」と呼ぶこともあります。
まさに、挿入時の膣内潤滑のためのゼリーですね。


この用途で一番大事なのは「膣内に入れるので、健康への配慮が必要」な点ですね。

ローション使用時に膣内を洗う人がいますが、これはカンジダなどの原因ともなるため、よろしくありません。
潤滑用としてローションを使用する場合は「洗う必要のないもの」を使うのが絶対条件です。
これは衛生的な商品を使うというだけでなく、自然に流れやすく膣内に残りにくいものを使うべきだということです。

そのため、材質でいうとカルボ系かポリクオタニウム系がオススメとなります。
また、膣内は敏感な場所ですし、女性にとっても非常に大切な場所ですから、安物や粗悪品などの使用はやめておきましょう。
コンドームでケチるのならまだ分かりますが、こんなところではケチらないでくださいね。


もちろん使おうと思えばローションプレイなどにも利用できるのですが、その場合は使用感が物足りないなどの不満を感じたりしがちです。
基本的には膣内専用と考えたほうがよいでしょう。

そんな安全性重視の商品を紹介します。



このジャンルで一番有名で安心感が高いのは「リューブゼリー」でしょう。(カルボ系です)

愛液に非常に近い感触で、成分も安全です。洗いやすさも抜群ですが、もちろん行為後に内部まで洗う必要はありません。
分泌物で自然に洗い出せる粘度に作られているというのが女性の体に優しくて素敵ですね。

女性の体のことを考えた商品といったら、これが1番でしょう。

リューブゼリー
リューブゼリー

リューブゼリー(デリケートイン)
リューブゼリー(使いきりタイプ)

携帯はこちら:リューブゼリーリューブゼリー(使い切りタイプ)

上がボトルタイプ、下が小分けになった使い切りタイプです。

慣れない女性の場合は使い切りのほうが使いやすいですが、量が少なく1本では足りないことがあるのと、値段が割高なので、個人的にはボトルを使用します。
やはり状況に応じて継ぎ足せるのは大切なポイントですからね。

難点は粘度が弱めで乾きやすいため、人によっては「あまり効果がない」「使いにくい」と感じることですね。
あとは、これを使用した後にクンニをすると味がよくないなことでしょうか(笑)


もっと乾きにくくて潤滑性の高いものがよいという人は「アストログライド」がオススメです。(ポリクオタニウム系です)

こちらは愛液が少ない女性はもちろんのこと、挿入時に痛みが強い女性の場合に使用するのにも適しています。
また、もともと濡れにくいことが分かっている女性や、十分に女性を濡らす自信がない男性は、最初からこちらを使ったほうが無難でしょう。

アストログライドは化粧品にも使われているポリクオタニウムなどが主成分で、愛液の代用品としてわりと最近知られるようになってきた商品ですね。
伸びがよくてダマにならない。乾きにくく、コンドームとの相性もよい。そしてアメリカでは医療用としても使われるくらい安全性が高いという、よいとこだらけのローションです。

しかし、その後アナル用・マッサージ用などいろいろな種類がラインナップされてきたせいで、選ぶ際には分かりにくくなってきました。中には油性タイプもあったりするので、購入の際には注意が必要です。

アストログライド・レギュラー
アストログライド・レギュラー

携帯はこちら:アストログライド・レギュラー

こちらが基本タイプですね。余計な機能はなく、安心して使えます。
ぺぺローションなどと違ってヌルヌル感はあまりなく、スルッという感じですかね。
何より落ちやすさが非常に優れています。まさに愛液の代用にふさわしいローションですね。
その分、マッサージなどのローションプレイで体に塗って楽しむ使い方には不向きです。

ちなみに、グリセリンとパラベンの入っていない、低刺激性の商品も出ています。

アストログライド・GPフリー
アストログライド・GPフリー

携帯はこちら:アストログライド・GPフリー

パラベンフリーは化粧品などでも増えてきていますよね。
やや値段は高いですが、そのぶん安全性は高くなります。
パートナーが敏感肌の場合、または「挿入時の痛み・抵抗感を軽減したいけど、どれから使っていいか分からない」という方の場合、まずはこちらの使用をオススメします。

なお、ここではあえてペペローションを紹介していません。
ぺぺローションも膣内容として使用可能ですが、粘性が強く膣内に残りやすい欠点があるため、より女性の体を思いやるなら上記のほうがよいと思います。
(体に塗ってマットプレイをするなど前戯でも楽しみつつ、そのまま挿入したい…という場合には向いています)


ちなみに「ローションを使ったけど痛みがひどくてダメだった」と言う相談をよくいただきますが、その際に一番多いのが「リューブゼリーしか使っていない」というケースです。
そういう場合はぜひアストログライドをはじめとするその他のローションも試してみてほしいですね。
テクニックややり方の問題もあるでしょうが、ローション1つでも感じ方は本当に大きく変わるものですから。


「ローションの種類と基礎知識」に戻る




「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。