前戯のテクニック 「太もも」

前戯のテクニック 「太もも」

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

前戯のテクニック 「太もも」 


ひさびさに登場の前戯のテクニック。
今日からは脚をシリーズでお送りします。

そして、脚といったらやはり太ももでしょう。
何を根拠に「やはり」なのかが分かりませんが(笑)




太ももはおしりと同じく、非常に感じやすい性感帯の1つです。

さわるだけで濡れてくる女性も多いので、
あまりテクニックがいらないくらいのところですが、
前戯の際に飛ばしてしまう男性が多いというのがいただけません。

わりと簡単に感じさせることができるポイントですので、
簡単でもいいですから欠かさず攻めましょう。


太ももを攻めるのは、服を脱がせる前でも全然構いません。
ズボンならその上から触ってください。
(ズボンではなくパンツと呼ぶほうがよさそうですかね?)
特にぴっちりしたタイトなものだと曲線がしっかり出ますので、
ラインに沿って撫でましょう。

また、相手がスカートならめくって中に手を忍ばせて…と、
非常に楽しみ甲斐のあるところです。
さっさと飛ばしてクリトリスに行くのはもったいなさすぎますよね。
(悲しいことに、そうする男性が多いですが)


太ももの基本的な攻め方としては、
手のひら全体を使って上下にスライドするように、
または太ももの後ろ(背中側)から前に向かうようにして動かします。

マッサージというよりも、手のひらを移動させるという感じです。
指先を動かしたりもむ必要はなく、
ある程度力を入れてゆっくりと手のひらを動かすだけで気持ちいいです。(もちろん、うまくできるなら細かく動かしてもよいです)

刺激する場所は基本的に内側や裏側ですが、
くすぐったがる場合は外側や表側を刺激するようにしてください。
こちら側をくすぐったがる女性は少ないです。

また、特に太もものつけ根は非常に感じやすいところです。
足を曲げたときにできる線に沿って、
ゆっくり何度か行ったり来たりするとよいでしょう。
(間接的に大陰唇の愛撫にもなります)

太ももの内側や裏側をフェザータッチか、
ややつめを立てたくらいの軽い刺激を与えても気持ちよいです。
これはくすぐったがる女性もわりといますから、
あまり慣れていない女性が相手の場合は反応を見ながらにしましょう。

さらに、筋肉に沿ってマッサージするように刺激する方法もあります。

手のひら全体を太ももに当てた上で、指先が軽くめりこむくらいの強さで
筋(スジ)や筋肉を狙って刺激しましょう。

これはポイントをはずすと単なる強すぎる愛撫になってしまうことも
ありますので注意してください。

逆に、強めの愛撫を好む女性の場合は、
多少はずれても気にせず刺激して大丈夫です。
痛みを与えにくい場所ですから、
荒々しく動かすくらいが喜ばれるでしょう。


なお、太ももを攻める場合のポイントは、
あくまでもクリトリスにはさわらないということです。
これはもちろんじらすことが目的です。

次はクリトリスに来るかも・・・なんていう期待感を抱かせることで、
濡れやすく、感じやすくなります。

上手に攻めてあげてくださいね。^^



「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。