HPV その2 「子宮頚ガンとの関係と予防法」

HPV その2 「子宮頚ガンとの関係と予防法」

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

HPV その2 「子宮頚ガンとの関係と予防法」 

前回ハイリスク型のHPVが子宮頸癌の原因になると紹介しました。
でも、このHPVにかかった人全てが子宮頸癌になるわけではありません。

ハイリスク型のHPVは免疫力で自然治癒します。



もともとこの型のHPVは「性体験」さえあれば、誰でも感染しえます。
前回、感染する女性が少なくとも50%と書きましたが、
50歳までに性体験のある女性の80%がかかるという報告もあるくらいです。

そして「性体験」といっても粘膜が触れればアウトですから、
唇を吸い合うようなキスや、ほんの少し舌を入れるようなキスも含まれます。
大陰唇などに触れてもダメですから、コンドームをつけても防ぎきれません。
つまり、ほとんどの人がNGになるはずです(笑)

ハイリスク型のHPVは日本だとあまり知られていませんが、
目に見えないところで世界中にごくごく普通に広がっています。

専門家によっては「風邪のようなものだ」言うくらいありふれたものです。
なので、感染すること自体はほぼ避けられないと言えるでしょう。


さらに、困ったことに感染しても症状がありません。
つまり感染したことに気づかないということです。
これがかなり厄介なところで、感染を広げている大きな原因となっています。

イボができる尖形コンジローマなどは分かりやすいのですが、
あれはちゃんと治療すれば癌にはならないため「良性」と呼ばれています。
癌につながる「悪性」のものほど気づきにくいんですね。


でも、そんなに心配はいりません。

免疫力が正常にはたらけば、2~3年のうちにウイルスは自然消失します。
放置すれば治るということですね。

女性の80%が全員子宮頸癌になったら大変です。
増えているとはいえ、さすがにそこまで多くはありません。
大抵の人は知らないうちにかかって、知らないうちに治っているんですね。



<ハイリスク型HPVと子宮頸癌の関係>

問題はここからです。

基本的には自然治癒するのがハイリスク型HPVですが、
感染した女性のうち、10人に1人の割合で長期感染する人がいます。
2~3年で治らないで、5年、10年と感染が続くわけですね。

そして、さらにそのうちの10人に1人の割合で、
感染より半年~1年後に「異形成」が現れます。

異形成とは癌のもとのようなもので、(前癌病変)
これ自体は無害ですが、これが成長すると癌になってしまうわけですね。

でも、大抵の異形成はこれまた免疫力で自然に治ります。

異形成から実際の癌に進行するのも10人に1人と言われています。

以上をまとめて計算すると、ハイリスク型HPV感染者の
1000人に1人が子宮頸癌になることになります。
つまり、確率的にはものすごく低いということです。

ただ、簡単に感染するというのが問題になります。

仮に、性体験をする年代の女性が全部で2000万人いるとします。
そのうち50%がHPVに感染したとすると、1000万人です。
その1000分の1は、1万人です。
かなりの人数ですよね?

実際、日本では年間7~8000人が毎年発症しているといいます。
確率は低くても、誰もがかかるだけに発症数は多いわけですね。

怖がりすぎる必要はありませんが、油断はできません。


<子宮頸癌にならないためには?>

子宮頸癌にならない方法は簡単です。
分かりますよね?

そう、ハイリスク型HPVにかからなければいいんです。
またはかかってもすぐに治療してしまえばいいんです。

でも、残念ながらHPVの治療薬は存在しません。

まぁ放置すれば勝手に治るわけですし、進行する割合が極めて低いですから、
研究者も治療薬を作るエネルギーが湧かないのかもしれません(笑)
それは冗談ですが、今は治療より予防ワクチンのほうが研究が進んでいます。

実際、海外で予防型のワクチンが先に開発されました。
(いつかそのうち治療薬も開発されるだろうとは言われています)

ただこのワクチン、ぴったり当てはまる型でないと全く効果がありません。
16型のワクチンをして、18型の人とセックスしたら、
簡単に感染してしまうわけですね。

しかも、効果は永久…どころか、数年程度と言われていたりします(苦笑)
まだ開発されてから数年しかたっていないので、誰にも分からないんですね。
書いていても、かなりいい加減だなと感じます。^^;

さらに、ワクチンはあくまでも「予防」ですから、
性的経験が皆無の状態でなければ意味がありません。

なので、海外では12歳くらいに接種しています。
が、あまりに若いだけあってか副作用も起こっているようで、
ひどいケースだと、イギリスでは死者も出たようです…。^^;

このあたりはあまり公にはされておらず、
「ワクチンとは関係ない」というのが政府の公式見解です。
都合が悪いことを隠すのは、どこの国も同じですね(苦笑)

まぁインフルエンザワクチンなどでも副作用はあるので仕方ないのですが、
若いうちで無いと意味がないというのがつらいところですよね。

そして最近、日本でも同じワクチンが承認されました。
まだ保険適用はされませんが、今後はワクチン利用者も増えることでしょう。

ただ、上に書いたような事情もあるので、
日本で浸透するのはまだ先のことのような気がします。


これだけだと悲しいので、子宮頸癌にならない方法をもう1つ紹介します。

それは「定期的に検査を受ける」ことです。

HPVに感染しても子宮頸癌に進むのは1000分の1ですから、
感染したこと自体をそんなに気に病む必要はありません。

問題は運悪く1000分の1に当てはまったときですが、
これも適切な対応ができれば大丈夫です。

上にも書きましたが「異形成」自体は別段問題ありません。
そして、子宮頸癌になる前には必ずこの異形成が出現します。
つまり、目印になるということですよね?

なので異形成の段階で発見すれば、子宮頸癌にならなくて済むわけです。
つまり、定期的に検診を受けることで癌化を防ぐことができるんですね。

実際、子宮頸癌は「100%予防できる癌」だとも言われています。
(本当に100%かどうかは別として、かなりそれに近いはずです)

定期的な検診は子宮体癌やその他の病気の発見にもつながりますから、
ぜひとも年に1度は受診するようにしましょうね。


次回は男性への影響です。



「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
私が女性向けのフリーペーパーで読んだ情報とこちらでは、少し違いますね。
ワクチンを接種すれば30年だか効果がある・性体験があっても接種は手遅れではない(三回に分けて接種しますが、途中で妊娠したら中断して産後に…とも書いてありました。)
それにしても口吸い(古風に言ってみた・笑)でも感染するのですか!初耳っ。癌化するヒトパピローマって精液にいるのかなって勝手に思い込んでました。
一年後とかに恋人が出来れば間に合う(?)ので、今のうちにワクチン接種しておこうかなぁとか思わなくはないのですが(1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月後と接種に間を明けるのですよね確か。違ったかな。)とりあえず私の通う婦人科では5万円しますね。30年効くなら備えておいても安いかと思ったのですが、効果が数年ならば正直安くないなぁ。苦笑
[ 2010/08/21 ] ゆきみだいふく[ 編集 ]
以前、メール相談させて頂いた、まーみんです。お返事有り難うございましたm(_ _)m

先日、知り合いが子宮頚癌で治療&予防接種をしたばかりで、私も予防接種を考えていたんですが。予防接種じゃイマイチ安心出来ないんですね~(T_T)
でも、私のように既婚でパートナー以外とセックスしない方は感染しないんでしょうか?
[ 2010/08/22 ] まーみん[ 編集 ]
お返事、遅くなりました。^^;

>ゆきみだいふくさん

補足しますね。

>ワクチンを接種すれば30年だか効果がある

開発側からすると10年以上効果があるとする意見もありますし、そう言われるとあるかも…という気は私もします。ただそれはあくまでも開発側の希望も混じった見方なんですよね。一方、開発から数年しかたっていない以上、30年先の未来のことを保証できないのは絶対の事実です。

「このサプリを飲むと、アンチエイジング効果で20年後も若々しくいられます」と言われて、信じるか信じないかもそれぞれですよね(笑)
HPVワクチンの場合は5年にしろ30年にしろ、効果があるのは間違いないので、年数の部分は個々の判断に任せ、あとは実際の使用(ある意味、壮大な人体実験)によるデータの蓄積を待てばよいと思います。

ただ、ブログでまじめな記事にする場合は、より客観性を重視しますから、30年説は採用していません。

フリーペーパーについては、その他の記事でもわりと真偽の入り交じった記事が多いですよね。それは置いておいても、そもそも学術的な専門誌でもないですし、そこまでの厳密性は求められないでしょうから、そういう書き方でも全然問題ないと思います。
なので、フリーペーパーの記事が間違っているとも重いませんよ。^^


>性体験があっても接種は手遅れではない

こちらは正しいです。
「該当する型以外のものには感染してしまう」わけですが、現在感染しているものがワクチンの型以外のものであれば、ワクチンによってさらなる感染が防げますからね。
ワクチンの対象は特にハイリスクな型ですから、やっておいて損はないでしょう。

ただ、だからと言って「不用意な性交渉の後に接種しても間に合う」という意味には全くなりません。感染するのは一緒ですし、後から別の型を予防したところで、すでにかかったものは治りませんから、はっきり言って焼け石に水です。

この場合は、気休めの情報を書くことで気軽に読んだ読者が勘違いをする可能性も出てきますから、取り扱いには慎重さが求められますね。

「性体験があっても、該当する型に感染していなければ手遅れではないが、その型に感染してれば手遅れだし、別の型については意味が無い」ということまで書くのが正しいと思います。
まぁ分かりにくくなるので、雑誌類の記事には不向きになりますが(笑)



>まーみんさん

わざわざお礼をいただき、ありがとうございます。^^


>予防接種じゃイマイチ安心出来ないんですね~(T_T)

そうですね、接種すれば即安心というものではないですね。
もちろん、しないよりもしたほうが確実に安全ですから、補助金で割安で受けられるような市町村の人は受けておいたほうが安心だと思います。


>でも、私のように既婚でパートナー以外とセックスしない方は感染しないんでしょうか?

そういう場合は、現時点で感染さえしてないことさえ確認できれば大丈夫ですよ。^^
もちろん、パートナーが今後どこかで感染して来ないことが条件になりますが(笑)
[ 2010/08/25 ] 斉藤享哉[ 編集 ]

ワクチンをした後は
SEXをしても大丈夫なのでしょうか?

効果が無くなってしまったりはしないですか??

[ 2011/07/04 ] E[ 編集 ]
記事中にもあるとおり、ワクチンの期間は数年と言われていて、いつまで効果が持続するかは分かりません。
そういう意味では「効果がなくなる」ことはいくらでもありえることになります。

ただ「セックスをしただけで効果が消える」ということはないですね。それはインフルエンザワクチンを打って、1回インフルエンザを防いだら効果が瞬時に消えてしまう…ということが無いのと同じです。(1回で消えるのはゲームに出てくるバリアくらいですね。笑)

とはいえ、上にあるとおり「一部の型しか防げない」ものですから、ワクチンをしたからといってセックスが必ず安全になるというものでもありません。
これもインフルエンザワクチンでA型のワクチンを打ってもB型が流行ったら意味がないのと同じですね。

「これを使えばもう安全!」というような代物ではなく、あくまでも「うまくいけば防げるので、何もしないよりはずっと感染の確率が下がるけど、防げない可能性も結構高いので、そうなっても文句は言わないでください」という趣旨のワクチンだという受け止め方が、現状では正しいと思います。

なお、女性がすでに感染している状態でワクチンを打っても意味はなく、また、男性がすでに別の形を持っている状態でも意味がないので、「Eさんと彼女が保菌してさえいなければ、セックスしても大丈夫」という答えが一番正確だと思います。


[ 2011/07/06 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。