HPV その1

HPV その1

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

HPV その1 

ひさびさに性病の知識です。
HPV、聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

HPV=「ヒトパピローマウイルス(Human papilloma virus)」です。



パピローマはイボのことなので、「イボをつくるウイルス」となりますね。

実際、体にできる普通のイボは、このHPVが原因です。
なので「HPV=性病」と決まっているわけではなく、
性病とは全く関係なくHPVに感染している人もたくさんいます。
(ちなみに、ウイルスですからイボはうつります)

このあたりがHPVのややこしいところですね。

実はHPVは100種類以上の型が見つかっており、
そのウイルスの型によって出てくる症状が異なります。

そして、それら全ての型を合わせると、
ほとんどの人が1度は感染すると言われています。

言われてみれば当たり前ですよね。
一生のうちでイボができたことのある人は、かなりたくさんいるはずです。
また、その他の型のHPVは感染しても発症しないことがあるので、
気づかないままに自然治癒している人もたくさんいます。

なので、HPVに感染すること自体はありきたりとも言えます。
風邪をひくくらいの感じですね。

ここで問題になるはイボ以外の症状です。
それではHPVの症状を順に見ていきましょう。



1.イボ

普通に手足などにできるイボですね。
2型・3型・10型…などが原因となっています。

どのHPVでもそうですが、1~2年程度で体内の免疫がはたらいて
ウイルスが死滅するため、症状はなくなります。

つまり、イボは自然となくなるということですね。

でも、中には免疫に勝つウイルスもいますし、
免疫が正常に機能しないケースもあります。
そのため、イボが治らずにどんどん増殖してしたり、
治療に長期間かかってしまう人もいるわけですね。

でも、イボ自体にそこまで実害はないので、これはまだよいです。


2.尖圭コンジローマ

有名な性病ですよね。
これもHPVが原因の病気で、6型・11型…などが原因となります。
後で出てくるハイリスク型に対応して「ローリスク型」と呼ばれたりもします。

これは性器周辺にできるイボで、あくまで上皮だけにできる良性のものです。
痛みやかゆみもはないのですが、どんどん増殖していきます。
実害はありますが、致命的なほどではないといった感じですね。

ちゃんと治療すれば大抵治りますし、
上に書いたように免疫で自然治癒することもあります。

ただし、上皮なので免疫系が覚えないため、いくらでも再感染します。
同じ型だから再び感染することはない…というわけではないんですね。
(完治すれば「再発」はしません。あくまでもするのは「再感染」です)

なので、カップルでどちらかが感染していると、
片方が直してももう片方がうつしてしまうため、
永遠にピンポン感染を繰り返すことになります。

治療は必ずカップルで同時に行うようにして、
治るまではセックスなどの行為は我慢しましょう。
また、検査・治療法・完治したかどうかの判断法は男女によって異なります。
詳しくは病院で相談しましょうね。

なお、尖圭コンジローマは潜伏期間が長く、イボができないこともあるので、
相手が感染者かどうか見た目だけでは分かりません。
症状がないと自分でも分かりませんから、知らないうちにパートナーに
感染させてしまうケースも多々あるのが現状です。

なので、コンドームの使用が非常に重要になってきます。


3.子宮頸癌

これが最近話題になっているものですね。

子宮頸癌の原因はほぼ100%HPVだと判明してきました。

そして子宮頸癌のみならず、その他の癌…咽頭癌や舌癌などにも
深く関係していると考えられるようになってきています。

この子宮頸癌になる型のHPVを「ハイリスク型」と呼びます。
16型・18型…などですね。

ハイリスク型のHPV感染は簡単に起こるもので、
50%以上の女性が一生のうちに1度はかかると言われていたりします。
(まぁ正確なデータではないでしょうが)

それくらい一般的なのですが、一方で子宮頸癌は命に関わりますので、
これがHPVの最も致命的なものだと言えるでしょう。


ハイリスク型のHPVが子宮頸癌へと進んでいく部分の話は大切なのですが、
ここは説明が長くなるので、次回にしたいと思います。



<補足:感染経路について>

イボを引き起こすHPVは単純接触でも感染します。
自分のイボに触っていると広がりやすくなるわけですね。
使い終わったタオルなどにも注意したほうが無難でしょう。


尖圭コンジローマ、ハイリスク型HPVはともに粘膜同士の接触感染です。
セックス、オーラルセックスでの感染が主ですね。
粘膜同士なので、キスなどでも感染する可能性があると言われています。

また、サウナや公衆浴場で感染することがあると言われたりするため、
大抵は「俺は浮気していない!」という男性の言い訳に使われます(笑)
これはあくまでも可能性があるというだけで、一般的には無いという見方です。
通常の生活で感染する心配はいらないということですね。





「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。

HIVとHPVの違いって何なんですか?
[ 2011/02/22 ] ザジョイ[ 編集 ]
病名の違いですね。
野球とサッカーくらい違います(笑)

HIV
http://kyouyablog.blog105.fc2.com/blog-entry-174.html

HPV
http://kyouyablog.blog105.fc2.com/blog-entry-479.html
http://kyouyablog.blog105.fc2.com/blog-entry-480.html
http://kyouyablog.blog105.fc2.com/blog-entry-482.html

このあたりを参考にどうぞ。

[ 2011/02/25 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
野球とサッカーですか
………全然違いますね
ありがとうございました
[ 2011/02/27 ] ザジョイ[ 編集 ]
いえいえ、どういたしまして。^^
[ 2011/03/04 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。