AVに学ぶセックス講座:今回の注目点 「イク直前に…」

AVに学ぶセックス講座:今回の注目点 「イク直前に…」

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

AVに学ぶセックス講座:今回の注目点 「イク直前に…」 


女性がイキそうになると、わざとペニスを浅く出し入れする…
そんなことをする作品をたまに見かけます。

AVだと、そのまま女性も同時にイッて、
気持ちよさそうな表情で朦朧としていたりします。

…が、これは「無し」です。




そもそもイキそうになったときに挿入を浅くする意味がありません。
AV的には、その瞬間の性器や結合の様子がよく見えてよいわけですが、
普通のセックスでそんなことをしたら、イキにくくなってしまいます。

基本の1つに「イキそうになったら、同じ動作を続ける」というのがあります。
これは男女両方に通用する原則です。

上級者になるとわざと微妙に強くしたり弱くしたりといった調整をすることで、
より相手をイキやすく、また快感を強くするわけですが、
基本的にはそのままの状態で続けるのが鉄則です。

せっかくイキそうなのに、突くポイントを一気に浅くしてしまっては、
かなり開発された女性でないとイキきれないでしょう。


なお、逆に「イクときに思いっきり奥に突き立てる」作品も多いですが、
これももちろんNGです。

もう理由は分かりますよね?


また、AVだとやたら強く奥までねじ込む様子が映されますが、
あんなことをされたら多くの女性は痛いです(苦笑)

男性には奥(より子宮の近く)で精子を出したいという本能があるので、
奥のほうで出すこと自体は仕方ないのですが、やりすぎはダメです。
やるなら、奥の開発が進んでからにしましょうね。
でないとフィニッシュが女性にとって嫌なものになってしまいますから。


ちなみに、こういった動作でパートナーがイッているとすれば、
かなり開発が進んでいるか、もともとかなり感じやすいか、
そうでなければ単に演技をしているということになります。

心当たりのある方は気をつけてみてくださいね。



「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
すみません、素朴な疑問があります。

>また、AVだとやたら強く奥までねじ込む様子が映されますが、
>あんなことをされたら多くの女性は痛いです(苦笑)

とありますが、
私は特に開発されてる訳でもないと思うんですけど奥までねじこむのがとても気持ちいいです(「痛かった?」と聞かれてしまいますが)。
「多くの」女性は、ということなので、例外的に私みたいなのもいるということでしょうか?
個人的な質問ですみません。
[ 2010/08/01 ] 額田[ 編集 ]
いえいえ、例外的というわけではなく、ちゃんと感じる女性もいますよ。女性の年齢が上がるほど、開発が進むほど、奥のほうが感じる人は増えてきます。

が、やはり割合でいったら奥に強くねじこむようなやり方は、痛がる女性のほうがはるかに多いんですね。

あとは、事前の準備もあります。
相当開発された女性orもともと奥が感じやすい女性を除けば、しっかりと性感を高めた後でなければ奥は痛みがする…という女性は多いです。
典型的なAVの進行をマネした場合、雑な前戯や女性側のフェラによる奉仕が中心で、女性はあまり性感が高まりませんから、よい反応が得られるケースは極めて少ないということになります。

この記事はあくまでもAVを参考にしている男性を対象にしたものですので、女性視点で読まれると余計な説明が必要になりますから、そのあたりは別の記事を参考にしてください(笑)

[ 2010/08/02 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。