ローションの基礎知識と関連商品 ~用途(膣内・アナル・体表)と消費期限~

ローションの基礎知識と関連商品 ~用途(膣内・アナル・体表)と消費期限~

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

ローションの基礎知識と関連商品 ~用途(膣内・アナル・体表)と消費期限~ 

今回はローションの基礎知識と関連商品です。

ローションはかなり多数の種類・商品がありますが、目についたものを適当に選ぶ人も多いようです。
しかし、ローションは健康面・使用感の面から使い分けが必要です。

例えば材質の種類だけでいっても「カルボ系,ポリクオタニウム系,ヒドロ系,ポリアクロン系,シリコン系」などに分かれます。
カタカナだらけで何のことやら…という感じですよね。
でも、それぞれで性質が大きく違ってくるので、注意しないといけません。




ローションを購入する際には「どこに使うか」をはっきりさせましょう。

主な区分けとしては「膣内(愛液の代用)」「アナル」「体表」のいずれかとなります。


当然のことながら「膣内」が一番デリケートな場所です。
安全性や衛生面などは絶対に注意が必要です。(多くの男性は自分に影響がないのであまり気にせず使い心地を重視して選びますが、使われる女性のことを考えて選びましょう)

例えば、ヌルヌル感の強いタイプだと男性は気持ち良いですが、終わった後で落ちにくいですよね。そのため、膣の自浄作用で落ちる程度のものでなければいけません。
また、体によくない成分が入っているものは論外ですし、安くて質の悪いものもいけません。
快感は多少犠牲にしてでも、女性の健康と安全を最優先しましょう。


一方「アナル」であれば膣内ほどの心配はいりません。
多少残っても、排泄物として出ていきますからね。

とはいえ、大腸は吸収力が強いですから、下手な成分の入ったものを使うと危険です。
やはり衛生面・安全面には十分な配慮が必要です。
男性が自分でするぶんには構いませんが、女性とするのであれば膣内に近いくらいの配慮をしましょう。

ただし、アナルは膣内よりも摩擦がかかりやすいので、痛みを与えたり傷つけたりしないためにも、粘度が強めのものを選ぶことになります。また、膣内と違って乾きやすいですから、乾きにくいタイプのローションがよいでしょう。


さらに「体表」への利用であれば、安全面や衛生面はかなり敷居が下がります。
アレルギー等でない限りは、そこそこのものを使っておけば大丈夫ですからね。

ローションプレイ、オナニー、オナホールなど用途はいろいろありますが、市販されている商品のほとんどは安全面で一定の基準をクリアしていますから、あとは使用感で自由に選んでもらって構いません。
サラサラ系、ヌルヌル系、垂れにくいタイプ、水のようなタイプ、低刺激性のもの、美容効果のあるものなど、いろいろ楽しめますよね。

他にも「フェラでニオイが気になるので香りつきがほしい」「ひんやりとした感触を楽しみたい」「体に塗ってセクシーさを演出したい」など、特殊な希望もあると思います。そうしたものに合わせたローションもいろいろと発売されていますから、2人の同意の上で気になるものを試してみるのもよいと思います。
そうするうちに、2人のセックスの幅が広がるというのもありますからね。


大事なことですが、これら使う場所ごとに選んだローションは、決した他の場所で使わないようにしてください。
体表用のローションを膣内で使ったらダメに決まっていますが、その逆もよろしくありません。
なぜなら、膣内用は膣内の環境を優先して作られているため、アナルや他の場所で使うには不向きなことも多いからです。

「ローションを使ったのに、思ったより気持ちよくない」「期待した効果が得られない」という場合、往々にして選ぶローション自体を間違えていることがあります。その間違いで一番多いのが、使い分けるべきローションを1種類で済ませて使っているということなんですね。
ゴルフだって状況に合わせてクラブを変えますし、車だってスピードに合わせてギアを変えますよね。どんなときでも最善の効果を発揮するようなローションはさすがにありません。
まずは場所ごとに使い分け、それぞれで最適なものを探すようにしてみてくださいね。


最後にローションの消費期限です。

未開封なら2~3年たっても問題なく使えるようですが、私は一応2年を目安にしています。
日光の当たらない涼しいところに置いておきましょう。

いったん開封した後は保存状態にもよりますが、最低でも半年くらいは使えます。
冷蔵庫に入れておけば1年くらいもちますね。常温だと半年以内、夏期なら3~4ヶ月以内に使い切るようにしています。
なので、大きめサイズのお徳用を買えばいいかというと、使う量にもよるわけですね。

もちろん保存状態や商品によっても差はありますよ。
粉状のローションであればもっと長持ちしますし、パラベンフリーなど保存料なしのローションだともっと短くなります。
そのあたりは食品などと同じですから、判断はお任せしますね(笑)



場所によって使うローションが変わることが頭に入ったら、あとは用途に合わせて具体的な商品を選びましょう。
以下を参考にしてくださいね。


(1)性交時の痛みの軽減と潤い補充をしたい

(2)性感マッサージなどのローションプレイに挑戦したい

(3)オナホールなど、オナニー時の使用したい(男性)

(4)アナルセックスに挑戦したい

(5)味つき、冷感・温感など機能つきのローションを楽しみたい(仮)


その他のラブグッズ一覧はこちら



「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。