前戯のテクニック 「臀部(でんぶ)」

前戯のテクニック 「臀部(でんぶ)」

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

前戯のテクニック 「臀部(でんぶ)」 


ひさびさの前戯のテクニック。
今日からはいよいよおしりです。
感じる女性も多い、非常に攻め甲斐のあるところですよね。

あまり関係ないですが、「おしり」「お尻」「ヒップ」の
どれで書くかでいつも迷います(笑)

くだらないことを言っていないで、本題に入りましょう。





臀部(でんぶ)とはおしりの広い部分ですね。
脂肪がたくさんついていますが、刺激にはわりと鈍感です。

ここは初めから感じる場所というよりも、
開発することで感じるようになる場所と思ってください。
なので、最初に触って反応がないからといって
すぐに諦めるようではいけません。

円を描くようにフェザータッチをするのが基本です。
が、経験の浅い女性相手で素肌にこれをやると
くすぐったがられる場合もあるので注意が必要です。
そういう場合は服(または下着)の上から攻めましょう。
弱すぎると刺激が伝わらないですが、強すぎてもよくないので、
最初はさする感じがほどよいでしょう。

指先でトントンと軽くたたくような刺激も有効です。
2本の指で、一番高いところから側面の方にかけて刺激しましょう。
なでるのとは一味違った気持ちよさがあります。

もむ場合はわりと力を入れても大丈夫です。
もむ刺激については通常だと鈍感ですが、
開発すれば単純にもむだけでも感じるようになります。
定期的に愛撫するようにしておいて損はありません。

また、もむ場合はおしりそのものを刺激するのではなく、
間接的に膣を刺激するようにするのがコツです。
(さらっと書きましたが、あまり他では見かけないとても重要なポイントです)

つまり、単におしりのお肉をもむのではなく、
おしり全体をやや大きめにゆっくりと動かすことで、
膣周辺に振動や動きを伝えるということですね。

この場合、右手が時計回りなら左手は反時計回りのように反対に回します。
こうすると自然に肛門が開いたり閉じたりし、
この肛門括約筋の動きが膣にも伝わって感じるようになります。
慣れない男性だと無闇に激しくしがちですが、強い動きは厳禁です。
なるべく大きな動きで一定のリズムを保ってやりましょう。
このように「おしりを直接攻める」だけでなく
「おしりを通して膣への刺激を狙う」のが中級者以上のテクニックと言えます。

あとは両手でがっちりつかんで、
ブルブルと左右にふるわせるというのもあります。
これも膣へ振動を伝えて、より感度を高めます。

ただし、肛門は意外と弱いので、あまりおしりを広げると切れてしまいます。
切れ痔になってはいけないので、ほどほどの力加減にしましょう(笑)
もちろん、初セックスなどで痛みに敏感になっている女性だと
膣への刺激が逆効果になる場合もあるので、注意してください。

とはいえ、あくまでも間接的な刺激なので、
直接的な刺激になって失敗する人が多発すると思います。
言葉で「間接的な刺激」と書いても、その意味をちゃんと理解して
実践できるのはかなり少ないと思いますので。^^;


おまけですが、仰向けなら足を開かせたり持ち上げたりして
恥ずかしい格好をさせるのも女性の気持ちを高めます。
もちろんその際は言葉責めも有効です。
相手の経験値やSかMかというのも関係してくるので、
相手の女性に合わせて進めましょう。

おしりや胸は好きなようにもんで終わる男性が多いですが、
ただ単に「自分のしたいことをする」というのでは、
いつまでたっても上達は見込めません。
おしりに対する愛撫も、もみ心地を楽しむような自己満足の愛撫ではなく、
あくまでも女性が喜ぶ刺激を目指してください。

「自己満足の愛撫ではなく、相手が喜ぶ愛撫」

簡単なようですが、大事なことなので繰り返し書きました。
ぜひ意識してみてくださいね。



「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
いつも掲示板で好きなことを書かせてもらっていますEGGと申します。
コメント欄では初コメです。

お尻からの間接的な膣への刺激、さすがです。
私は女性ですからわかるのですが、斉藤さんは男性なのにどうしてこの間接的な刺激の有効性を発見されたのでしょうか?
想像から試してみられたのでしょうか。
それともいろんな本を読んで?
そして相手の女性の感想を聞きながら確信を得たのでしょうか。
もしよろしければ経緯をお聴きしてみたいです。
[ 2010/06/17 ] EGG[ 編集 ]
掲示板まで全く手が回らない中、いつも掲示板でお答えしていただいてありがとうございます。^^

>斉藤さんは男性なのにどうしてこの間接的な刺激の有効性を発見されたのでしょうか?

お褒めいだたいて光栄ですm(_ _)m

どうしてか?
言われてみるとどうしてなんでしょうね(笑)

確かこれについては、おしりを刺激している時の相手の反応を見ていても自分の中でいまいちピンと来ず、「ただ単にもみしだくのは、こちらが楽しんでいるだけでお寒い感じだな…」と思ったんですね。
それで「こういう発想で刺激したらもっと感じてもらえるんじゃないかな?」と閃いて試したのがきっかけでしたね。

今でも他ではあまり見かけないので、どこかで読んだとかでは無かったと思いますね。

もちろん閃く直前にいくつかの刺激で試行錯誤したとは思いますが(笑)
[ 2010/06/17 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
お答えくださりありがとうございました。
私が聞きたかったところは
その振動やら刺激が「膣に響いている」ということが
なぜ女性でない斉藤さんにわかったのだろうという点だったのですが…
あの間接的な刺激が実感としてわかるにはやはり膣がないとわからないのではと考えてしまう凡人です。

とにかく斉藤さんはセンスがよいということに尽きるのでしょうね!
ありがとうございました。
[ 2010/06/17 ] EGG[ 編集 ]
>その振動やら刺激が「膣に響いている」ということがなぜ女性でない斉藤さんにわかったのだろうという点だったのですが…

「どうして思いついたか?」ではなく、「どうして男性なのに断定できるのか?」という意味でしたか。^^;

その点については、やはり相手の反応と感想からですね。
感想についても、うまく言えない人もいれば上手に表現してくれる人もいますしね。女性だからこそ分かることではありますが、男性だからこそ複数の女性の意見を客観的に聞けた…というのもありますね。

もちろん、本音を言い合える関係を築いているのもポイントだと思います。恥ずかしさ・遠慮・演技などなど、飾った言葉はどれだけ聞いても参考にはなりませんので。^^;
まぁ深い仲だからこそ、言葉で聞くよりも反応を見た方が早い時もありますが(笑)

こういったあたりはセックスに限らず普段の人間関係でも重要なことなので、セックスに限定して力説すると単なるエロオヤジになってしまいますね(笑)
[ 2010/06/18 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
やはり相手の女性の感想から確信を得たということですね。
すっきりしました。
お忙しい中、丁寧に答えてくださってありがとうございました。
[ 2010/06/18 ] EGG[ 編集 ]
お尻の愛撫はぜんぜん知らなかったので、とても参考になりました!
さっそく彼女にさせてもらいます^q^
[ 2010/06/18 ] 匿名♂[ 編集 ]
私は最近尻フェチということに気づきました^^;

彼はおしりを触られるのは苦手(むしろイヤ)みたいで、絶対触らせてもらえません。くすぐったいみたいですが…こういうのは開発は諦めたほうがいいんですかね?無理にしないほうがいいですか?
私はもうちょっとおしり触られたいんですけどね 笑☆
[ 2010/06/20 ] AA[ 編集 ]
嫌がる場合は無理にしなくてもよいと思いますよ。
もちろん、そこを乗り越えて開発する楽しさもあるわけですが(笑)
あとはそのカップルのお好みですね。^^
[ 2010/06/20 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。