刺激するべき場所の選び方 その2

刺激するべき場所の選び方 その2

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

刺激するべき場所の選び方 その2 

刺激するべき場所の選び方として、
付き合ってからまだ何度もセックスしていない女性とする場合は
「NGを避ける」ことについて気をつけるべきだと書いてきました。

今回は「付き合いが長くセックスも何度もしてきた関係」の場合です。



2.すでに付き合ってから何度も経験がある場合

前回も書いたとおり、関係がある程度あるのに今頃になって
刺激するべき場所を探す時点で手遅れ感があります(笑)

でも、そうは言ってられない人も多いでしょうから書いていきます。


基本的には前回と同じでNGを意識すべきです。
が、関係が長い場合、仮にNGだったとしてもそれが当たり前に
なってしまって麻痺していることがほとんどですす。

「セックスとはこんなものだ」と思い込む女性は多いですよね?
(思い込むというより、思い込まされるというほうが正しいかもしれません)

彼の雑なセックスに対して「これが普通だ」と思い込んで自分を納得させて
しまっている女性の場合、彼に対して新たに要求することはありません。
普通だったらNGのことでさえ「仕方ない」と諦めてしまっています。
そして、新しい彼が見つかってその人が上手(普通?)だったときに初めて
「セックスってこういうものだったんだ!」と気づきます。

でも、そうやって気づくまでは、永遠に「仕方ない」で済んでいきます。
気づくことが幸せなのか、気づかないままのほうが幸せなのかは難しい
ところですが、固定したカップルの間では気づけないのが現実です。

といって、別の相手を探せと言うつもりはありませんよ。
そもそも、こうしたことはセックスに限らず恋愛全体において言えることです。

ある部分では男性が女性に強い不満を与えているカップルでも、
他の部分では男性のほうが我慢しているというのはよくあることです。
だいたいはお互いさまなんですね。
一部だけを見て相手の責任ばかり追及したり、2人の関係を否定することはやめましょう。

こうしたことは「付き合う」ことを選択した2人の責任です。
どちらかに責任をなすりつけたり、「仕方ない」で諦めるのではなく、
正しい情報を集め、よりよい形を目指して一緒に努力していくことが一番大事なことだと思います。
(もちろん、それに協力しないパートナーは論外ですが)

そういう意味で「そこがNGだ」ということを彼に言わずにきた女性にも多少の責任はあるということですね。
そして、それを聞き出せなかった男性には多大な責任があります。

そもそも、恋人としての信頼関係が深い部分でちゃんと築けていれば、
NGについてくらいはお互いに言い合えるようになるはずです。
そういうカップルは特に努力しなくてもNGを避けることができますよね。

つまり、ある程度の付き合いがあるのに、
いまだにNGを避けてくれないようだとしたら、
そもそも2人の関係作りに問題があるということです。
これはセックス以前の問題でもありますから、
思い当たるフシのあるカップルはしっかりとお互いを見直してください。

なお「どこが気持ちいいか言うのが恥ずかしい」と言う女性もいますが、
セックスしている時点で最高に恥ずかしいことをしているんですから、
今さらそんなことを言うのはやめましょう(笑)
恥ずかしいなら、セックスすることを恥ずかしがってください。
そしてセックスする前に本音で話せる関係を築いておきましょう。


ついでに若いカップルに向けて書いておくと、
くれぐれも自分だけ努力して直すのではなく、
一緒に努力して直していくようにしましょうね。
結婚して長い年月が経ってからでは修正が難しいですから。


かなり脱線してしまいましたね。^^;


では、経験のあるカップルの場合についてのアドバイスに戻ります。

ここで男性にぜひ意識してみてほしいのは

「今している愛撫が最善ではないのではないか?」
「実は感じているフリをされているかもしれない」

と疑ってみるということです。


上にも書いたように「仕方ない」で諦めている女性は結構います。
今はよい反応が得られているとしても、それが相手の本音とは限りません。

「イッたフリ」「感じたフリ」まではしていないかもしれませんが、
「実際に感じているよりも大げさに感じているフリ」や、
「本当は嫌だけど喜んでいる・感じているフリ」もありえるんですね。

相手の反応が非常によくて「もう十分すぎるくらい気持ちいいし、
心も体も満足しているから、これ以上頑張ってくれなくてもいい」
というはっきりとした言葉をかけてもらえるくらいでない限りは、
まだまだ改善の余地があるということです。

男性からすると「今までそれで満足してたのなら、それでいいじゃん」という思いがするでしょうが、女性に言わせれば「満足するも何も、それしかないから仕方なかっただけよ」という反論になるわけですね(笑)


また、関係が長くなっていく中で、知らない間に女性の体質・感じ方が変化している場合もあります。
昔試してダメだった方法だったのに、全く同じように試したらうまくいった…なんてことも起こりえます。
心も体も、人は時間が経てば変わるものですから。

普通の人は1度失敗したことをわざわざ再度してみようとは思いません。
「また同じことをして…」と呆れられる可能性も高いですしね(笑)
でも、女性側も一度断った手前、なかなか言い出しにくいこともあります。

それに対して「そんなわがままいちいち聞いてられるか」と思うか、
「長い年月の間で気持ちが変わりうるのは当然だし、
ちゃんと聞き出して相手の希望をかなえてあげたい」と思うかは人それぞれですが、
どちらが本当に愛のある行為かは言うまでもないですよね。

そのためには、本音をうまく引き出す技術も大事になってきますが、
それ以前に「もしかしたら…」という気持ちで探ってみることが重要というわけです。
だからこそ「今の形が最善」という思い込みを捨てることが大切なんですね。


そして、今の愛撫法を変えてみることを取り入れましょう。
順番を変えるとか、強さを微妙に変えるとか、そういったマイナーチェンジではなく、
今まで触ったことがないような場所に挑戦したり、まったくしたことがないような刺激の与え方なんかにも挑戦してみてください。

人間というのは1度固定観念を持つとなかなか崩せません。
本人は大きく変えているつもりでも、される側にとってはほとんど変わらなかったりしますよね。
(これは女性から愛撫されるのを受けているときを思い出してみても分かると思います。女性が頑張っているようでも、いつもとほとんど同じだったりしますよね)

今まで自分が思いつきもしなかったようなところをあえて触ってみたり、
はじめから無理だと諦めていた刺激法を取り入れてみたりしてみましょう。
もちろん自分の願望に任せた、強く激しいセックスをしろという意味ではありません。
あくまでも女性に合わせた愛撫をしてください。


なんて書いてみましたが、これを意識して実際に実行に移せる人はほとんどいないでしょう。
いたら、その時点でセンスがいいですからね(笑)

大抵の人は、今までの自分のやり方や固定観念から逃れることはできないものです。
(これはセックスに限らずそうですよね)
だから、こういったブログや本を読んで勉強するのが大切なんですが、
その一方で、読んでもなかなか上達しない現実があるわけですね。

自力だけで上達できたらみんなが達人になれるわけで、実際そうでない現実を見ても分かる通り、やっぱり自力だけでは難しいということです。
自力が無理なら、外から刺激を得ることで自分のやり方や発想、固定観念を変えることからはじめないといけません。

その外からの刺激に私のブログやメルマガがなれたら嬉しいですが、それだけではなかなか難しいでしょう。
最も効果的な外からの刺激…それはパートナーの女性からの言葉です。
そう、やはり片方が努力して変わるのではなく、一緒に努力して変わっていくことが大切なんですね。


…と、予想外に長くなってしまったので「愛撫法を変えてみる」の
具体的な話は次回にします。



「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
[ 2010/06/03] 開発のコツ | | コメント:5
一年ぐらい前から読ませていただいているものです。
いつもいつも更新されるのを楽しみにしています(^w^)

本当にとても勉強になることばかりで、これを無料で読めるなんてありがとうございますと何回言えばいいことか………笑

僕は今一年以上付き合ってる彼女がいます。しかし、まだ一回もいかせてあげられたことがありません。

そこで質問なんですが、まだ初級編や中級編のものは販売中なのでしょうか?

販売中なのであれば是非とも買いたいと思っています(ToT)
だいぶ私事なのにコメントに書いてしまってすみませんm(_ _)m

[ 2010/06/03 ] パンこ[ 編集 ]
お久しぶりです^_^まさにその通り!
知らなかったよ~の歌の歌詞と同じ気分です(笑)
今の彼と付き合って、初めてHってなんてすんばらしいの♪
(素晴らしいの最上級)
と思いましたよ。どれだけ今までのが…と思う程。

伝えるのも大事ですね。ここがとか手を持って教えたり。
相手にも同じようにして^_^

恥じらうのも又燃えるそうですよ(笑)新しい下着は必ずチェックするので興奮するのか、喜んで「見せて×2♪」とファッションショーみたい(笑)

私と同じように、長年のお付き合いされている方に、こんなようなのもありますよと^_^
[ 2010/06/04 ] しー[ 編集 ]
>パンこさん

1年も続けてですか?
いつも楽しみにしていただいて、こちらこそありがとうございますm(_ _)m

勉強になると言ってもらえると嬉しいです。
せっかく無料ですので、どんどん活用してくださいね。^^
なお、テキストは販売中ですよ。ほそぼそと続けています(笑)

わざわざ感謝のお言葉をありがとうございました。


>しーさん

お久しぶりです。お元気そうで何よりです。^^

素晴らしいの最上級ですか(笑)
しーさんに限らず、「今までのが…」という趣旨の相談メールは今でも頻繁にいただいていますね。

まぁ「今までのが…」と思える時点で「今はよい」ということですから、今まさにひどいセックスをされている人よりは幸せなのだと思います。とはいえ、そういう方はそういう方でまた次の段階の悩みを抱えていたりするものですが。^^;

ファッションショーいいですね~。
新しい下着もよいですし、新しい服もいいですよね。
徐々に脱がしていつもの下着とご対面…なんてのもなかなかオツです。

いろいろと楽しみ方はあるでしょうが、男性のファッションショーのニーズがあまりないのは確実だと思います(笑)
[ 2010/06/04 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
いつも参考にさせていただいております。
(マニュアルも2点購入させていただきました)

いつもいつも斉藤さんの記事は単なるテクニックではなく女性の女性の立場に立った、やさしい気遣いが随所にあっていつも目から鱗です。

今回の記事は本当に感激しました。
セックスが恋愛・彼氏彼女の人間関係の中で大切なコミュニケーションであることを再認識しました。
自分に過信を持たずに彼女のことを第一に考えて愛してあげたい、と改めて強く思わせてもらえる記事で、読んでいてうれしくなるものでした。
これからも参考(もちろん、自分でも考えて行動していきますが)にさせていただきます。
[ 2010/06/04 ] 熊男[ 編集 ]
いつも参考にしていただいてありがとうございます。
しかも購入者の方でしたか。滅多にコメントがありませんので、重ねてありがとうございますm(_ _)m

>今回の記事は本当に感激しました。

こんなことを言われると照れてしまいますよ(笑)

彼女のことを第一に考えて愛してあげたい…そんな言葉がさらっと言えるなんて、素敵ですね。セックスが恋愛大切なコミュニケーションというのもまさにその通りだと思います。(そして細かいことですが、言葉の端々にバランスのよさを感じさせていただきました)

きっと熊男さんの彼女は大事にされているのでしょうね…。うらやましいです。いや、男の私が言うのもどうかと思いますが(笑)

はい、これからも参考にしてもらえれば私も本望です。
嬉しいお言葉をありがとうございました。^^

[ 2010/06/05 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。