刺激するべき場所の選び方

刺激するべき場所の選び方

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

刺激するべき場所の選び方 


体験談&レクチャーですが、今回から以前より要望のあった
「世の男性に送る 必見!性感帯探しツアー」をお送りします。
ツアーといっても、どこかに行くわけではないんですが(笑)

愛撫をするときには性感帯を探す必要があるわけですが、
その際にどういうことを考えてどういうふうに探していくのか?
といったあたりを紹介していきます。

なお、ツアーというと目的地までのルートは決まっていそうなものですが、
セックスにおいては、相手の女性に合わせてルートが変わってきます。
そして行き先(性感帯の場所)も女性によってばらばらですよね。
なので、ツアーというよりも個人旅行のほうが近いです(笑)

できるだけ多くの女性に通用する形で紹介したいので、
内容によってはパターンの分岐が多くなると思います。
どの分岐をたどるかは相手の女性によって変わる…と理解してください。




まず第1回ですね。
今日は「刺激するべき場所の選び方」です。

付き合ってからまだ何度もセックスしていない女性と、
すでに何度もセックスをしている女性とでは話が違ってきますので、
それぞれ分けて説明します。


1.付き合ってからまだそんなにセックスしていない場合

性感帯探しというと、通常はこちらですよね。

付き合いが長い場合は
「何年も付き合っていて、まだ性感帯も見つけていないのか?」
という話にもなってしまいますので(笑)

話がややこしくなりますが、ここでさらに2つに分岐します。
相手の女性がそれなりに経験値が高い場合と、あまり経験がない場合ですね。

前者の場合は“相手が感じる場所を中心に攻める”ようにしましょう。
「そんなの当たり前」と思いましたか?
その通りです(笑)

一方、あまり経験がない女性の場合は、
“相手が感じない場所を避ける”ようにします。

同じように感じるかもしれませんが、この意識の差は結構大きいです。


性感帯を探すときに絶対に気をつけるべきなのが「NGを避ける」ことです。

NG…つまり、痛みや不快感を感じるところであったり、
その女性が恥ずかしすぎて感じるどころではないところであったり、
嫌な気分や不安にさせてしまうようなところですね。

何でもないところを刺激していれば「うまくない人」と評価されますが、
こうしたNGポイントを刺激すると「下手な人」と評価されます。

実際、NGは踏めば踏むほど感度も悪くなり、女性の気分も下がっていきます。
特に経験の少ない女性ほどNGポイントが多いですから、
それを確実に避けることが大切になります。
それに、感じる場所も女性自身よく分かっていないですし、
緊張感やその他の要因で感じるはずの場所でも感じないことがあります。
これらは慣れてくれば感じるようになるわけですが、
初心者男性が最初の段階から感じさせることは難しいという話になります。

だから経験の少ない女性が相手のときほど「感じる場所を探す」ことよりも
「NGを避ける」ことに意識を置く必要があるわけですね。
逆に、経験のある女性は感じやすいポイントもわりとはっきりしているので、
そのままそこを攻めるようにすればいいわけです。

ただ困ったことに、初心者だとNGポイントをさわったときの女性の反応と、
感じるポイントをさわったときの女性の反応の区別がつきません。
びくっとしたり、体を引いたり、声を出したり…
多くの女性はどちらでも似たような反応を返すんですね。
そうした反応の見方についてはまた別の記事に譲るとして、
とりあえずここでは「反応があったからといって喜んではいけない」
ということを頭に入れておいてください。


さて、意識の違いに話を戻します。

愛撫で「感じさせようとする」人は、
女性の反応が得られるものばかりを狙うため、
反応が得られると満足してしまって、
カン違いしたり、知らないところでNGを踏む確率も上がります。

でも「NGを避けようとする」人は、
女性の反応を見ながら無難な場所だけを攻めるようになるので、
ハズレが少なくなります。(そのぶん大当たりも少なくなりますが)
また、女性の反応を見ても「本当はNGでないか?」と疑うようにしていると、
NGなのか感じているのかの“女性の本音”も見抜けるようになります。
大当たりを探すのは女性の本音を見抜けるようになってからがスジですので、
順番としてはこちらのほうが断然効率的で正しいわけです。

たかが気の持ちようですが、わりと差がつくんですね。


今後の記事で場所についての話は続いていくことになりますが、
初心者が愛撫する場合において最も重要なのは
「NGポイントに触れない&挑まない」ということです。
どの程度の力・速さ・強さですれば感じるか、
または嫌がられるかというのを経験として持っていませんから、
すぐにNGポイントに踏み込んでしまうんですね。

その女性との関係が長くなれば踏まなくて済むようになりますが、
散々失敗した後で踏まなくなっても手遅れという可能性が大きいです(笑)
だったら、はじめから安全な場所で経験値を積んでおき、
成長してからより難しい場所に挑んでいくのが正しいわけですね。
スライムを倒してレベルを上げてからボスに挑むのと同じ流れです。

でも、よくカン違いして「風俗で経験値を高めてから彼女としよう」と
思ってしまう男性がいますが、そうはならないでくださいね。
風俗はセックスとは別物すぎますし、そもそも女性によって個人差が
あるわけですから、中途半端に違う女性で練習してもあまり意味がないです。
いくら野球ゲームで鍛えてもプロ野球選手になれるはずがないように、
別世界のことでいくら頑張っても意味が無いんですね。
さらに、それで性病まで移されてしまっては笑い話にもなりませんから(苦笑)

同様に、前の女性との成功体験がある男性だと、
それで変に自信を持ってしまって同じ方法でしてしまい、
女性にしてみたら全くうまいとは感じない…というケースが多いです。

これが「自分はうまい」という男性ほど、
実際にしてみると全然うまくない…という法則の原因の1つですね。
自信過剰はセックスの大敵です。(まぁセックスに限らず何につけてもですが)


「じゃあ、NGさえ気をつければいいのか?」と言われたら、
そんなに甘いものではないですよ(笑)

NGを踏まないのは言ってみれば最低条件であって、
その上で感じるところを愛撫できなければ、相手の性感は高まりませんからね。
そのあたりはまた書いていくことになります。

でもまずは女性の反応から本音を見抜きつつ、
特に意識しなくてもNGをはずすことができるところを目指しましょう。
そうすれば「場所探し」においては初心者レベルクリアでしょう。^^


付き合いが長くセックスも何度もしてきた関係の場合については次回です。




「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
[ 2010/05/27] 開発のコツ | | コメント:2
愛撫されているときに、女性側から「そこが気持ちいい」とか「そこはちょっと…」とか「そこはもうすこしこうしてほしい」など、ちゃんと気持ちや方法を伝えたほうがいいのでしょうか?

「気持ちいい」は言えるのですが、なんとなく恥ずかしさや戸惑い(積極的で淫乱と思われたくない、など)があり、「こうしてほしい」と伝えるのを、つい、ためらってしまいます。

もっと開放的になったほうがいいのでしょうか?
[ 2010/05/29 ] アキ[ 編集 ]
鋭い質問ですね(笑)

ただ、今回の記事の内容とはかけ離れてしまいますので、明日にでも記事にしてお答えします。^^
[ 2010/05/30 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。