フェラチオのテクニック(サオの愛撫法)

フェラチオのテクニック(サオの愛撫法)

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

フェラチオのテクニック(サオの愛撫法) 


部位別愛撫の第2弾ですね。
今日はサオの部分です。
(正しくは幹部と呼ぶようです)




サオの部分は基本的に鈍感です。
例えばサオ自体をフェザータッチしても、あまり感じさせることはできません。
が、こと「射精させよう」と思うと、サオへの刺激は欠かせなくなってきます。
感じにくいのに射精には必要というのが、ちょっと分かりにくいところですね。


先にサオの性感帯について書いておくと、アナルから尿道口につながる裏側(下側)の直線上です。
よくあるのが、蟻の門渡りや睾丸からつーっと亀頭に向かって舌先で舐め上げていく刺激ですね。
これはものすごく気持ちいいというものではないですが、ちゃんと性感帯を刺激してるわけです。

その直線上、中でも「裏スジ」と呼ばれるサオと亀頭の境目の部分は最大の性感帯です。
人によってはMスポットなんていう名前をつけている人がいますね(笑)
まぁ名前は何でもいいですが、そこが性感帯という認識は大切です。
(この裏スジ周辺については、次回のこのシリーズの記事で詳しく書きます)

これ以外となると、特に有効な性感帯はありません。
厳密にはあるのですが、ちょっとした工夫などが必要になるので、普通に指で軽く撫でたりする分にはないということですね。


また、射精させるのに必要な刺激は、サオの部分をしっかりと握って上下させる動きです。
よく「しごく」なんて言いますね。といっても、皮の上をゴシゴシする感じではありませんよ。あくまでも皮ごと動かして、ペニスの内側の芯の部分を摩擦する感じです。
握ったら動かなくなりそうなイメージがありますが、皮はびっくりするくらい動きますから大丈夫です。
ひじのところの皮膚はやわらかくて自由に動きますが、あんな感じですね。

このとき握る強さが重要になりますが、強すぎても弱すぎてもいけません。
強すぎると痛いですし、動きがぎこちなくなってイマイチ高まらなくなります。
逆に弱いと包皮を通して芯に与える刺激が弱くなってしまい、十分な快感が与えられなくなります。

おおよそのイメージでいうと、弱い場合はゆで卵(生卵だとおそるおそるになりすぎて少し弱いです)を持つときの強さで、強い場合はゆで卵にひびが入るくらいの強さですね。
具体的に書くとはずれる人が出てくるでしょうが、あえて分かりやすくするために書いておきます。
逆に分かりにくくなるという説もありますが(笑)

あとは男性によって強さに好みがあるので、この範囲の中で相手に合わせて調節すればよいです。
基本的には最初のほうは弱く、高まってくるにつれて強くするとよいでしょう。
もちろん、男性の普段のオナニーの癖もありますから、普段から力いっぱい握っている男性だと、射精直前には相当強く握らないとダメという場合もあります。


なお、このサオに対するしごく刺激が最も射精感を高める刺激になります。
男性は普段のオナニーでもこの刺激でイキますし、膣内の締まりが関係してくるのも、ペニスが膣でしごかれるかどうかが問題になってくるからなんですね。
当然締まりが悪いとしごく刺激にはなりにくいため、男性もイキにくくなるというわけです。

そういうわけで、普段のフェラでひたすら口を使って舐めまくって「彼がイカない」という女性がよくいますが、それは当然のことなんですね。
早くイカせたかったら、とりあえずペニスのサオの部分に直接刺激を与えるのが最も手っ取り早い方法となります。
相手の男性によっては、単純に手でしごくだけですぐに射精してくれることもあるでしょう(笑)
ただし、手だけでイクのはオナニーと変わらないので、満足感はやや低くなります。
それで基本のところで「手と口を両方使う」と書いたわけですね。

そうはいっても、いかにサオをしごくかによっても快感や射精までのスピードは変わってきますし、手と口で一緒に刺激するにしてもいろいろとテクニックがあります。
そのあたりは応用編として、また別のところで書くとしましょう。
ここではもう少しサオへの刺激に限定して書いておきます。


さて、サオにはあまり性感帯が無いと書きましたが、サオの芯の部分に関してはそのものが性感帯です。
上で「ちょっとした工夫」とも書きましたが、これはサオの表皮に刺激を与えるのではなく、サオの芯の部分に上手に刺激を与えればいいということなんですね。

慣れない女性はとりあえず手で握って上下に動かすだけ…という意識しかありませんが、包皮を通していかによりよい刺激を与えるかが腕の見せ所というわけです。
しごき方をいろいろ工夫してみることで、上達も早まりますし、彼の喜ぶ刺激を見つける可能性も高まるでしょう。

参考までにしごく以外でペニスの芯に刺激を与える方法を挙げておくと、「ペニスを振る」「竹とんぼや、木の棒で火を起こすように回す」「均一に握るのではなく、押しつぶすように握る」などがあります。
振る場合は、ペニスの根元ではなく中ほどを持ってリズムよく上下に動かします。スピードはかなり速いですね。指をぴったりとくっつけて持つのではなく少しすき間を持たせ、壁の間でボールを跳ねさせるようにポンポンと弾くような感じです。
あとは、根元のあたりを持って円運動で大きく動かすのもありです。
振る動きは、気持ちよくない男性には全く気持ちよくないですが、逆にこれで射精に達してしまう人もいるくらいです。
竹とんぼは分かりますよね。亀頭に手が当たると痛いので、真ん中くらいを持ちましょう。(男性の経験値が高ければ、わざと軽く亀頭に触れるテクニックもありです)
押しつぶすように握るのは、綺麗に円形で握ると力が分散してしまうので、わざと不均一に力を与えることでより芯の部分に力が伝わりやすくするわけですね。
上下に押しつぶす方法と左右に押しつぶす方法がありますが、相手の好みに合わせましょう。もちろん、押しつぶすといっても力を入れすぎると痛いので、ほどほどにしましょうね。
これらはあくまでも一例で、力の加え方や加える方向を変えるだけでも全然感じ方が違ってくるということを頭に入れておいてください。


なお、ここでは勃起時を前提としています。
勃起前だとかなり感じ方が違ってきますから、それはそれで研究してみてくださいね(笑)






「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
上下のサオを擦る場合、擦るスーピードのリズムを変えてみるといいですよ。緩急のリズムを付けて、2回はゆっくり・3回は素早く、あるいはその逆や回数を変えたり、いろいろ試みるといいですよ。また、二人のコミュニケーションをしっかりとり、性について話し合ってください。豊かな性を愉しんで下さい。

斉藤様

サオの愛撫法を説明されたので、性科学者マスター&ジョンソンが考案した「スクイーズ法」を初心者のために説明してやってください。女性による男性ペニスへの愛撫によって男性の持続力をカップさせ、射精を抑制(コントロール)する訓練法。初心者には、大変役に立ちます。
[ 2009/08/31 ] 性坊[ 編集 ]
サ、サ、サオって正しくは幹部って言うんですかΣ( ̄□ ̄;
…初めて知りました。てっきり陰茎かと思っていました。
こちらに来る度にいつも勉強になります。

そうなんですよね。しごく強弱難しいですよね。
私もいまだにどんな感じですれば気持ち良いのか分からず、

彼が一緒に手を添えて手を動かすはやさを教えてくれます(笑)
こう言うのもありかなと。
[ 2009/08/31 ] しー[ 編集 ]
性坊さん

>「スクイーズ法」を初心者のために説明してやってください。

個人的に、持続力のアップは(もし必要であるなら)男性が個々で練習すべきだと考えています。女性が勉強してどうこうしないといけない時点で、男性側の努力不足を感じずにはいられませんので。
また、初心者に持続力のアップはそこまで必要とは思いませんし、むしろそれより先に勉強すべきことがたくさんあると思っています。セックス中はそちらにエネルギーを使って、持続力アップは1人のときに頑張ってもらいたいですね(笑)

とりあえず、男性の持続力を鍛えるのは今回の記事と趣旨が異なるので、また機会があればとさせていただきます。^^


しーさん

>てっきり陰茎かと思っていました。

いえ、陰茎であっていますよ。^^
陰茎のうち、亀頭などを除いた幹の部分を幹部といいます。
中学校の頃にならった、めしべの先端を柱頭と呼ぶのと同じ感じです。陰茎が全体の名称、亀頭や幹部が部分の名称ですね。

>彼が一緒に手を添えて手を動かすはやさを教えてくれます(笑)

そういうのもいいですよね。
教えあう中でコミュニケーションがとれて、お互いの理解がより深まっていくというのもセックスの醍醐味ですので。^^
[ 2009/08/31 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
一応開戦してみて、偶然喜ばれる(?)サオへの刺激を発見しましたので報告してみますf^_^;

手のひら全体で握ってモミモミして皮を動かし、芯に刺激を与える方法

親指以外で支えて、親指で裏スジあたりを弱めにグリグリマッサージする感じでの刺激方法

最初のゆるい刺激からこの刺激にもってきたらすごく感じてるようでした(^w^)
でも、やっぱりイク刺激ではないらしくて、イキそうなったらこの刺激で持続させるような感じでした。

ちょうどサオへの刺激の記事が出てたのでコメントしてみました(^o^)
[ 2009/08/31 ] ままる[ 編集 ]
斉藤さん

部位別愛撫法の内容を少し脱線してしまいましたが、スクイーズ法は、前戯の一部に取り入れると、相互のコミュニケーションもはかれると思い書き込みをしました。女性に協力してもらい、持久力強化が出来れば、なお一層絆が深まるとことでしょう。
[ 2009/08/31 ] 性坊[ 編集 ]
ままるさん

>ちょうどサオへの刺激の記事が出てたのでコメントしてみました(^o^)

タイムリーな体験談ありがとうございました。
ブログ記事はあくまでも原則の話ですので、具体的な方法は100人いれば100通りあると思います。
そういった実例のほうが参考になるという方も多いと思いますので、また発見があったらお気軽に書いていってくださいね。^^


性坊さん

>女性に協力してもらい、持久力強化が出来れば、なお一層絆が深まるとことでしょう。

そうですね、言われるとおりコミュニケーションの一環としても役立つと思います。持久力に限らず、お互いの努力と協力でいろいろな面を改善していけるというのもセックスの醍醐味ですしね。^^

ただ、早漏対策は他に詳しいサイトがたくさんあるので、そちらでいいかな…という気がしています。早漏克服法のカテゴリを書いているときに、スクイーズ法やセマンズ法、ストップアンドストップ法などを順に紹介することも考えたのですが、早漏関連の相談が意外と少ないのと、その内容だと他のサイトと同じになってしまうので、まぁいいかなと思った経緯もあります(笑)

時期を見つつ、このシリーズの最後のほうか、または早漏対策のカテゴリあたりで記事にさせていただきますね。
ご意見、ありがとうございました。^^
[ 2009/08/31 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。