フェラチオのテクニック(皮の扱い方)

フェラチオのテクニック(皮の扱い方)

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

フェラチオのテクニック(皮の扱い方) 


フェラチオのテクニック、今日は「皮の扱い方」です。
正直、男性が書くのもどうかと思いつつ書いています(笑)

まぁでも女性は自分にはない器官ですので、男性に聞くしかないところなのですが、男性には聞きづらいのでよく分からない人も多いと思います。




まずは男性の皮の状態についてですが、詳しくは包茎の記事を読んでください。
ここではフェラチオに必要な点にしぼって書いていきます。


・皮に余裕がない場合

剥けることは剥けるけど、勃起時に皮がつっぱる男性が当てはまります。
これは近くで見ると分かりますが、亀頭周辺の皮がぴんと張っていたり、包皮の内側の血管部分も完全にむき出しになっています。
また、少し皮を下に引っ張るとそれにつれて亀頭がすぐに動いてしまうような状態ですね。

この場合は皮を下に強く引っ張ると痛いです。
我慢できる痛みなので何も言わなければ男性は我慢しますが、イキにくくなるのは間違いないです。
いくら刺激してもイカない場合は、こうした微妙な痛みを与えている可能性がありえます。
(単なるAVの見すぎや癖のあるオナニーによる遅漏の可能性もありますが…笑)

皮に余裕がない場合は、皮を剥かないで刺激するのが基本です。
下手に剥くと痛がると思ってもらってよいですし、気持ちよくても刺激が強すぎてイキきれないというケースが起こったりします。
また、最初はよくても時間がたつにつれて痛くなってきて、快感にまぎれて男性自身よく分からずに、いつの間にか傷がついているというケースもあります。
くれぐれも慣れるまでは優しい刺激を心がけてください。(初心者男性が相手だと、舌のザラザラでさえ強すぎるくらいです)

でも、皮の上からの刺激ばかりだといつまでたっても剥けないままになってしまうので注意が必要です。
(そういう男性の場合は、女性側でどうこうするよりも家で自分で訓練してもらってください)
直接刺激する場合は、皮を引っ張ったりしないで表面をヌルヌルとすべらせるように刺激しましょう。
乾いた状態では痛いだけなので、十分にだ液をつけて行うのが基本です。
あえて思いっきり乾いたサラサラの状態で刺激するというテクニックもありますが、こちらは危険度も高いので上級者向けですね。
とにかく、下向きに強い力を加えないように注意してください。



・皮が余っている場合

皮が余っている場合は、引っ張られる痛みがないので、上下方向の動きにはわりと強いです。
でも、亀頭の強さはまた別問題です。

皮が余る男性だと仮性包茎のことが多いです。つまり、日本人男性の多くはこの状態です。
仮性包茎といっても、普段から剥いている人と、剥かないようにしている人では刺激に対する強さが全然違います。
さらに、オナニーの際の力の入れ方の強さやセックスの経験値も個人差があります。
そうした要因で亀頭部分の耐久度が違ってくるわけですが、この「亀頭部分の強さ」がフェラチオをする上では非常に重要になります。

亀頭が弱い男性に強い刺激は厳禁です。直接乾いた指で触れるだけで痛いという男性もいます。この場合は亀頭を避けたり、皮を使って間接的に刺激することになります。
逆に亀頭が強い男性には多少強めの刺激が必要です。上で書いたように、表面をヌルヌルとすべらせるような刺激にしましょう。
亀頭の状態に合わせて摩擦力を調節するわけですね。
上にも書いたように亀頭の状態についてはセックスの経験値,オナニーの強さ,包皮の状態,男性個々の感じ方などで、かなりの個人差がありますので、残念ながらこれといった強さはありません。
なので、相手の反応を見ながら聞き出していくしかありません。
とはいえ、セックスの経験値やオナニーの強さはなかなか聞きにくいでしょうから、男性の「皮の状態」と「刺激に対する反応」から探っていくことになります。
こうしたことを考えずにただ舐めているだけでは、気持ちのいいフェラチオからはほど遠いわけですね。
意外と奥が深いです(笑)

また、皮が余る場合はその皮を使って刺激すると気持ちいい場合が多いです。
皮の余った部分の上から手(指)をかぶせ、亀頭のカリの部分を囲うようにしてしごくわけですね。
といっても、常にカリを刺激し続けるわけではなく、数回に1回など一定の間隔で刺激が当たるようにします。
さらに、わざとたまに指が直接当たるようにするというテクニックもあります。
このあたりは亀頭の強さも関係してきますが、亀頭が強い場合は皮を使いつつ指の直接刺激をアクセントにし、亀頭が弱い場合はサオへの刺激のみにしつつ皮を使った間接刺激をアクセントにする感じがよいでしょう。

なお、舌を使う場合も亀頭の強さに留意しつつ行うようにしてください。



・皮が剥けない場合

全く剥けない真性包茎の場合は、衛生面で不安がありますから、まずはお風呂でしっかり洗ってもらいましょう。
うまく洗わないと恥垢が落ちないので、真性包茎の場合にフェラチオするのはかなり勇気がいると思います(笑)

剥けるけど痛いという場合は、無理に剥かずに手で皮の上から亀頭を刺激するのが基本です。
清潔面で大丈夫そうなら、皮はそのままで口付けしたり亀頭部分に軽く舌を当てたりしてあげましょう。
サオの部分を舐めたりするのもありです。
ただ、くわえて刺激するよくあるフェラチオの刺激はあまり効果がないですから、メインは手になると思ってください。
実際、この状態の男性は亀頭が弱いことがほとんどなので、下手に直接刺激するよりも手によるサオへの刺激の方が気持ちよかったりしますからね。


もう少し具体的な手の使い方は、また後で紹介していきます。
とりあえずここでは、男性の皮の状態に応じて刺激の強さなどの大まかな戦略(?)の部分が変わってくることを覚えておいてください。
いろいろなパターンについて覚える必要はありませんから、自分の彼の状態に合うものをしっかりとマスターすればOKです。

なお、刺激に強くなってくると皮の形状は関係なくなります。経験の多い男性や、オナニーしすぎの男性は話が違ってくるのでご了承ください。
特に最近はAV見すぎのオナニーしすぎという男性も多いですから、経験がないのにやたらと刺激に強くて遅漏気味という男性が多いので、そういう場合はむしろ遅漏対策を参考にしてくださいね(笑)




「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
最初このタイトルが料理本みたいに見え、
皮の使い方に見えました(笑)

なるほど内容はこうだったんですね(笑)
でも皮の対処方も色々あるんですね。全く攻撃種類として、
頭に入っていませんでした。
アイテム1つゲットしてレベルアップした気分です(笑)
[ 2009/08/24 ] し-[ 編集 ]
ジャガイモの皮とかですね(笑)

アイテムが手に入ったようでよかったです。^^
持ちきれなくてすぐに「売る」「捨てる」を選ばないであげてください(笑)
[ 2009/08/24 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
何度しても無理なのでちょっと諦め気味です(笑
 やっぱり諦めてはダメなんでしょうかねー??
ずーーーーっとしてても無理でした。 いい加減止めたくなってくるので。
[ 2009/08/25 ] はなはな[ 編集 ]
長時間すればいいというものではないですからね。^^;

男性から「ずっと指で刺激し続けてもイカない」「ずっとピストンしてもイカない」という相談をいただくことがありますが、それに対しては「はっきり言ってピントがずれているんでしょうね。むしろ、そんなずれた刺激を長時間されたら、ますますイケなくなりますよ」と答えています。

こちらにしてみれば親切でも、相手にとっては余計なお世話になることがあるように、要はどれだけ相手の喜ぶこと(感じること)をしてあげられるか…というのがポイントですよね。

それを的確に見つけることができるのが上手な人ですし、それができなければいろいろ試したり工夫しながら探していくしかありません。もちろん自分だけで悩むのではなくて、パートナーと一緒に探していくべきものです。

それが面倒なら諦めるしかないわけですが、諦めるなら相手からも要求しないようにするべきでしょうね(笑)
[ 2009/08/25 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。