前戯のテクニック 「腰」

前戯のテクニック 「腰」

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

前戯のテクニック 「腰」 


肩や背中からさらに下におりて、今日は腰ですね。
腰と言ったら前も後ろもあるわけですが、前についてはすでにふれましたので、ここでは後ろ側(背中側)について書きます。




後ろ側もやはりスカートラインやパンティラインが大きな性感帯になります。
まずはスカートラインに沿って外側(腰骨付近)から内側(背骨)へ向けて刺激しましょう。
ちょうどウエスト(一番くびれた部分)ですね。
強さは好みが分かれますが、フェザータッチがよければそれでよいですし、それだとくすぐったがる場合や物足りなさそうな場合はやや押しつけながら撫でましょう。

背中からお尻の上のほうにかけて、両手で小さめの円やらせんを描くつもりでさすったり撫でたりします。
手のひらで覆うように、またはがっしりつかむような感じにして、広い範囲を撫でたり軽くもむのもよいです。
その場合は、手の温度を伝えるような気持ちでしましょう。
快感もありますが、安心感も与えられます。

続いてお尻との境界線ですが、ついお尻の刺激に気がいってしまいがちですが、しばらく我慢して背中&腰を攻めましょう。
お尻の割れ目のぎりぎり境目か少し指先がかかるくらいまでの範囲を目安に、指の腹を使って腰の端から端までを横長のだ円で撫でるように刺激します。
すると、お尻のお肉の一番上の部分に指が一定間隔で触れるので、ほどよい刺激になります。
ここは、そんなに複雑な刺激をしなくても、気持ちいいと思ってもらえる場所です。

たまにお尻を攻めてもよいですが、あくまでもメインは背中から腰です。
お尻をメインにすると背中&腰と比べてそちらの刺激が強いために、背中や腰の刺激が物足りなくなったり、女性も性器付近に気持ちがいってしまったりで、あまり感じなくなったりします。
強い性感の中にたまに弱いのを混ぜるのではなく、弱い性感の中にたまに強いのを混ぜるのがアクセントをつける際の基本原則です。
お尻のほうが感じるからといって、すぐにお尻に気がいってしまうのではなく、まずは背中や腰でしっかり感じさせることが大切なんですね。
これは開発する上でも大事なことなので、他の場所でも気をつけてください。




「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。