前戯のテクニック 「肩甲骨」

前戯のテクニック 「肩甲骨」

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

前戯のテクニック 「肩甲骨」 


肩こりの人は、肩甲骨の境目の筋肉をもみほぐすと気持ちいいですよね(笑)
肩甲骨にそったラインも、マイナーですが性感帯になります。




肩甲骨に沿って、フェザータッチするのが基本です。
といっても、マッサージのときに刺激する内側(背骨側)ではなく、外側(肩側)ですね。
ちょうど肩甲骨の骨の部分になります。

実は下がすぐ骨で皮膚しかないような部分は性感帯のことが多いです。
あご、くるぶし、ひじ、ひざ、鎖骨…全部そうですよね。
もっと言うと、頭皮も同じです。

こういう場所はどこも、もむ刺激よりも撫でる刺激のほうがよいです。
もちろん、舌や唇を使った刺激も効果的です。
まぁ、肉が無いので押したりもんだりという発想にはなりにくいと思いますが(笑)

実際、肩甲骨も強く押すと肩もみになってしまいます。
それはそれでリラックスできますし、気持ちよくていいのですが、ちょっと意味の違う気持ちよさになってしまいますので、ご注意ください。

肩やわきのあたりまで広範囲に円を描くように刺激するのも気持ちよいです。
背中全体を愛撫しつつ、肩甲骨のラインを意識して触れるのがポイントですね。
広く全体的に愛撫する場合は、ただ漫然と触るよりも意識する場所を決めることで愛撫に自然と偏りができて、それがアクセントになって飽きさせない愛撫ができます。
もちろん気にしすぎてそこばかり刺激しないようにしてください(笑)



「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
こんばんは、お久しぶりです。

肩甲骨や首すじなど、愛撫されてるところを想像しただけでとろけそうです( ̄▽ ̄*)
あまり念入りにしてくれないのが残念です(苦笑)
やっぱりマンネリなんでしょうかねぇ…(^_^;)
[ 2009/08/06 ] アキ[ 編集 ]
おひさしぶりです。^^

マンネリもあるかと思いますが、単純にこういう場所を念入りにしてくれる男性自体が滅多にいないと思いますよ(笑)
喜ぶ女性がいるということを意外と知らなかったりもしますからね。AVで「背中を触って感じまくる」なんてシーンも存在しませんし(笑)

教えてあげたら少しは増えるかもしれませんね。^^

[ 2009/08/06 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
愛撫の動きは、直線的な動きや円を描くような動きが多いがときにはS字を連続的に描く動きも取り入れるとバリエーションが増えてなお一層女性に喜びを与えることが出きる。

背中を指などで愛撫していると同時に彼女に「奇麗だ!すばらしい!濡れている!」などの言葉のをかけ続ければ、なお一層女性に喜びを与えることが出きる。ほめ言葉や、ときには卑猥な言葉を使って「言葉の愛撫」を行うことは大切だ。

愛撫は、ただ一点を攻めるのではなく、ときには同時に2点(二箇所)、3点(三箇所)、4点(四箇所・四国)攻めの愛撫法もマスターするといいですよ。

背中は、女性にとって意外に感じる所だが、多くの男性はまともに愛撫を施していない。多くの女性が本音として「男性は、女性の乳房や女性器を触りたるが、もっときちんと愛して」と言う。女性の体全体をまんべんなく愛撫することが大切です。勿論背中の愛撫を忘れてはいけない。
[ 2009/08/06 ] 性坊[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。