セックスとDHEA

セックスとDHEA

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

セックスとDHEA 


DHEAはデヒドロエピアンドロステロン(Dehydroepiandrosterone)の略語で、ホルモンの一種です。
「若返りホルモン」とも呼ばれ、肥満の解消に役立つ「奇跡の減量薬」などとしてダイエットの記事なんかでも一時期話題になりましたね。
他にも「循環器病、糖尿病、高コ レステロール症、肥満、合併性硬化症、パーキンソン病、アルツハイマー症、 免疫不全症、うつ病、骨粗鬆症」などにも治癒効果があるなどと言われていたりします。
…が、サプリや栄養系のうますぎる話は大抵あとで「違っていた」というオチになることが多いので、あまり信頼しすぎるのも考え物です。

ただ、DHEAは体内の副腎から分泌され、後にテストステロンとエストロゲンに変化することが分かっています。
まだ紹介してないですが、どちらもセックスに関連した重要なホルモンなんですね。
実際、卵巣を摘出しても性欲はなくなりませんが、卵巣と一緒に副腎も摘出すると性欲がなくなってしまうという実例もあるようです。
セックスへ何らかの影響がありそうなのは間違いなさそうです。

これはラットへの実験ですが、DHEAによって性的興奮が上昇することが確かめられています。
そして、オーガズムをも起こりやすくさせる働きがあると言われています。これが本当ならすごいことですね。


このDHEAが分泌されやすくする方法が「適度な運動」「お酒を減らす」そして「シータ波」です。



運動は30分以上の運動を1ヶ月以上と、まぁ普通のダイエットと同じような運動が必要です。
DHEAの少ない人は肥満になりやすいと言われていますから、肥満の人はDHEAが少ない可能性があります。
なので、ダイエットはセックス面から見てもいいことなんですね。(でも、やせすぎは逆効果です)

お酒を飲むとDHEAが低下することが分かっています。
DHEAだけで考えると禁酒したほうがいいということになりますが、女性の場合は少しアルコールが入ったほうが感度は上がりますよね(笑)
なので、飲みすぎに注意するということでよいと思います。

そして前の記事で書いたように、オーガズム時にはシータ波が出ますので、DHEAの分泌が盛んになります。
そうするとますますオーガズムに到達しやすくなります。
こうして見ると、連続オーガズムなんていうのはごく自然なことなんですね。記事を書きながら自分で納得してしまいました(笑)



ちなみに禁煙薬で「ザイパン」というものがありますが、これはDHEAもアップさせる効果があると言われています。
実際に服用実験を行い、不感症で1度もオーガズムを感じたことのなかった女性が、服用後オーガズムを感じられるようになった…という話まであります。
まぁこの手の話は大げさになりがちなので、ある程度割り引いて聞いたほうがいいとは思います(笑)
実際、ザイパンはもともと抗うつ薬ですので、副作用の危険性は高めです。
健康な人が飲むのは避けたほうがよいと思います。

なお、サプリメントに関しては日本では認可されていません。
研究者によっては、DHEAには乳ガンや心臓麻痺などのリスクもあると言われています。
こういうすごい発見があると、日本のメディアはいい面ばかりを取り上げて大々的に扱いますが、いい面もあれば悪い面もあるに決まっていますよね。
特に過剰摂取は危険ですので、DHEAに限らずサプリなどをご利用の際はお気をつけくださいね。



「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
オーガズムの時に分泌されるホルモンなのですね?
若返りホルモンですか☆
たしかに私は人から実年齢より若く見られます・
そんな大きなお子さんがいらっしゃるようには見えない…とか言われますが、よいセックスには若返りの効果もあるということだったのですね!

事情があってそれまで頻繁だったセックスをやめてしまったら途端に太ももとかいろんなところが全体的に太くなってしまって焦りました。
ダイエット効果もあるホルモンだったのですね><
連続オーガズム様様です!
[ 2009/07/19 ] かな[ 編集 ]
なんか、前戯の時はたつんですがいざ挿入前に萎えて入らないんですがどうしたら?

経験人数は二人です
[ 2009/07/19 ] -[ 編集 ]
>かなさん

やめた途端に太くなるとは大変でしたね(笑)
DHEA、上手に補充してくださいね。^^


>ななしさん

記事とまったく関係ないですね…。^^;

とりあえず情報量が少なすぎて何も分かりませんね。
http://kyouyablog.blog105.fc2.com/blog-category-25.html
まずこちらを読んでみた上で、またご質問ください。

[ 2009/07/20 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
ほ~なるほど。と、今回も勉強になりました。
良い事づくしだったんですね!

元々私は童顔で幼く見られますが、
相性◎の彼とHするようになってから、
何だか益々まわりから若返っているように見られているみたいで(苦笑)
二十代半ばに見えるそうなので、
そのまま据え置きでとお願いしています(笑)
[ 2009/07/20 ] しー[ 編集 ]
DHEAは、あるテレビ番組の納豆ダイエットで有名になったホルモンですね。実際は納豆ダイエットでは、痩せない捏造だった。DHEAは、色々なホルモンを作るもとのホルモンともいわれていますね。オリンピックでは、DHEAのサプリメントをとっているとドーピングに引っかかる。また、アメリカの栄養学会では、子供や若い人には、サプリメントで取る必要は無いと言われています。特に妊婦さんは注意が必要です。

小生、現在40代だが、生涯現役でセックスを楽しみたいと思っている。お陰様で元気に毎日素敵な女性たちとセックスを楽しんでいる。普通の20代男性よりかなり強いと思う。毎日最低1度は、セックスしないと体調が悪い。一時期ストレスや不規則な生活から精力・性力も衰えて、毎日セックスしていたのが週4回、週3回と減り、このままでは女性を満足させられなくなると思い、回春術(法)や食物に関し研究したことがある。勿論サプリメントに関しても研究したが、本来は食物から取るのが自然だと結論にいたった。今では、趣味と道楽ではじめた野菜作りで年間40種類以上の有機野菜を作り、セックス・エネルギーの一助にしている。農作業をしてみると、普段の生活ではあまり使わない筋肉が自然に鍛えられる副産物もある。

普通人間のエネルギーは、食事から得ている。セックスのエネルギーもまた食事から得ている。まずは食生活を改善し、肉体を多少鍛え、健康体を作り、維持していくことだと思った。肉中心の食生活を改め、一日20品目以上、出来れば30品目をよく噛んで食べるようにした。(食べすぎには注意して)青年時代から行っている瞑想法と運動を毎日欠かさず行うことにした。運動は、道具を使わずどこでも簡単に出来ものと思い、腕立て伏せ・腹筋運動・スクワット等を行うことにした。昔から毎日行っているPC筋強化運動は、続ける。体が段々硬くなって柔軟性がなくなってくるので、ストレッチ運動や真向法を行うようにした。

体は使わないと弱くなる。筋肉も使わなければどんどん衰える。勿論性器も、男女問わず、使わないでいるとその性能は衰える。使っている間は元気を失わず、更に使えば使う程元気を増して行く。ドリンク剤や「バイアグラ」の薬にたよらなければSEXをたのしめないというのではあまりに寂しい。「心技体」をバランスよく鍛えることが大切だ。次回もう少し詳しくご紹介しよう。
[ 2009/07/20 ] 性坊[ 編集 ]
人は青春期を過ぎれば、歳を重ねるにしたがって、体力が落ちセックスの回数も減ってくるが、「心技体」をバランスよく鍛えていれば、小生の瞑想の師の様に生涯(百歳)現役でセックスを楽しむことが出来る。

人間は、性欲を感じたり、ペニスに勃起の指令を出すのは、脳です。ペニスの勃起には、中枢性勃起と反射性勃起がある。脳に元気が無くなったり障害があると、男の勃起力も持続力も衰える。脳の活動を活発にしているのが、脳内ホルモンなどです。現在脳内ホルモンは、約50種発見されています。なかでも快感ホルモンと呼ばれるドーバミンや、若返りのホルモンと呼ばれているメラトニンなどは、性欲亢進に関わるホルモンとして注目されています。

人は、性器でセックスするだけでなく、脳でセックスする動物です。脳が性的な刺激に鈍感になると、性力も衰える。毎日数分でもエッチなことを考えるだけで元気になる。

10年以上前ですがアメリカのあるストリップ劇場で行われていたショーは、白人男性がイスに座っていて想像力だけで射精をするというものでした。裸の男性が一人イスに座っていて、ペニスはだらんとしているが、ペニスに手を触れるでもなく、男性の想像力だけで勃起させ、最後は射精した。見たところ40歳代?であった。

はじめはなかなか上手くいかなかったが、脳に性的な刺激を与え、想像をたくましくすれば、ペニスに何にもしなくても(手などで直接刺激をしない)自由に勃起させ射精することが出来るようになった。最初はAVビデオや写真集などを見ながら練習したが、目を閉じあれこれイマジネーヨンしたり、エッチなことを想像するだけで元気がよみがえった。毎日5分~10分、エッチなことを考え、想像する習慣をつけると、脳は元気になり、セックスも見違えるほど素晴らしいものになる。次回につづく
[ 2009/07/23 ] -[ 編集 ]
毎日エッチなことを想像したり、恋愛をすることは、常に脳を刺激し、脳を衰えさせない。健康な脳は、ペニスを元気にし、膣に潤いを与え、素晴らしいセックスを可能とする。セックスの刺激がまた脳を元気にし、体全身に元気な指令を出す。

人間の大脳は、ご存知のように右脳と左脳に分かれている。それぞれに異なった役割を担っている。左脳は一般に論理的思考や計算や言語などを担い、右脳は感情や直感的思考などを担っている。ことセックスに関しては右脳の働きに負うことが大である。セックスが強くなりたければ、右脳の活性化を心がける必要がある。人間の五感、視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚をフル活用することは、右脳の活性化に大変有効である。

人生には、色々な楽しみがあるが、セックスにまさる愉しみは他にないと思う。男にはない、あのやわ肌や乳房の心地よい感触。おしりの豊かな手触りや陰毛の感触。何にもまして魅惑的な艶かしく潤いに満ちた陰部。頭の先の髪の毛から足の指先まで全て性感帯。女体ほど素晴らしいものはない。その魅惑的な女体を日夜愛撫することの出来る男の幸せ。この幸せを満喫せずして、何の人生かと思う。

女性に好感を持たれる様、心を美しく磨き、いついかなるときにおいても、女性の要求に応じ、彼女たちを心も体もオーガズムの境地に導ける技にますます磨きをかけると共に心も肉体も逞しく鍛え続け、男女和合・色の道を極めたいと思っている。次回は食物とセックスに関して



[ 2009/07/25 ] 性坊[ 編集 ]
前にも書いたが、セックスが強くなりたければ、まず食生活の改善を行い、健康体にすることです。中高年男性は、体力や性力が衰えてくると、つい即効性のある滋養強壮のドリンク剤やバイアグラなどに頼り、その効果は一時的なものであり、セックスのたびに頼るのではあまりにも寂し過ぎる。

健康の基本は、食事です。最低1日20品目以上できれば30品目以上、好き嫌いなく栄養のバランスが取れている食事をすることです。食べすぎには注意してよく噛んで食べることです。食欲は間脳の視床下部にある摂取中枢と満腹中枢の神経細胞の働きで調整されている。人の体は、摂取中枢と満腹中枢の2つの中枢のよって摂取エネルギー量と消費量がバランスよく保たれるように出来ているが、過食や不規則な食生活が続くと、バランスが崩れ、いくら食べても満腹感を感じなくなり、ついつい食べすぎとなる。

医食同源、健康体を維持することを心がけ、その上で強精食品を意識的に積極的に食べることです。強精食品と言うとすぐにマムシだ、ハブだ、スッポンだ、オットセイだと、ゲテモノを連想するかも知れませんが、小生のすすめる強精食品は、もっと身近にある普通の食品です。どこでも手軽に入手でき効果的なものです。

強性食品の1番目は、セックスミネラルと呼ばれている亜鉛やセレンを多く含む食品群です。この亜鉛やセレンは、微量栄養素で、その必要量はごく僅かですが、その僅かが欠けると男性の性的機能が確実に低下する。亜鉛は、精液の一部を作り、精子の働きを活発にさせたり、射精のときに精子を送り出す括約筋の働きを高めたりするのに不可欠です。亜鉛が不足すると性力が減退する原因となります。アメリカの実験では、男性が必要とする1日の亜鉛量を15分の1に減らし、半年実験を続けたところ全員がインポテンツになったそうです。また不妊症に悩んでいる夫婦に亜鉛を多く摂取するようにしたら1年後には多くの婦人が妊娠したそうです。

亜鉛は人間の体内では全く作られないので食品からの摂取が特に大切です。亜鉛を多く含む食品は、ゴマ、カキ、牛モモ肉、豚レバー、うなぎ、あさり、オートミル、ビール酵母等です。セレンは、精子の生産に関わり、睾丸の活性化に重要な役割を果たしています。セレンを多く含む食品は、いわし、わかさぎ、カレイ、牡蠣、ニンニク、たまねぎ、ねぎ、ごま、キノコ類、マメ類、ビール酵母等です。強請効果としては、即効的とはいかないが、食べ物から得るものが確実であり、かつ安全安心で一番良い。長い目で見るとその効果は絶大です。40代の現在でも毎日、日夜セックスを愉しんでいます。次回につづく
[ 2009/07/26 ] 性坊[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。