性器周辺のできものについて

性器周辺のできものについて

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

性器周辺のできものについて 

いよいよGWですね。
今週末くらいから始まる人が多いと思いますが、早い人だともう真っ最中かもしれません。
恋人や家族と旅行に出かける方も多いのではないでしょうか?
あ、私は時間もお金も余裕がないので普段と変わらず仕事ですが(笑)

連休になると開放的な気分になってセックスする機会が増えると思います。
どうも性病や避妊に関しても開放的になるらしく、いつも決まって連休からしばらくすると妊娠や性病の相談が増えます。^^;
なので、今日は先手を打って性病関連の記事をアップしておきますね(笑)

読者の皆さんは、連休を楽しみつつも性病・避妊にはお気をつけください。



性病関連の質問で1番多いのが、性器周辺にできた「できもの」に関してです。
かゆみや痛みがある場合と、まったく何もない場合があります。
性行為をした後だと不安になるでしょうから、ここで詳しく説明します。

できものにはいくつかの可能性があります。


1.尖圭コンジローマ

要するに「いぼ」ですね。
最初は小さく赤い状態ですが、すぐにでこぼこ状の突起に成長します。
痛みはあったりなかったりですが、外見で大体判断が可能です。
これは実はHPV(ヒトパピローマウイルス)によって起こるもので、伝染します。
子宮頸ガンの原因になると言われていますが、これは感染するウイルスの種類にもよりますので一概には言えません。
手足にできるような大して問題のない「いぼ」のこともありますし、実はガンの原因になるウイルスに感染した前触れということもあります。
もともと「いぼ」ができやすい人はそんなに心配いりませんが、性行為の後でできたものだと注意が必要です。
不安な人は1度病院にかかりましょう。


2.性器ヘルペス

こちら痛みを伴った水疱がたくさんできます。
最初は目立たなくても痛みと水疱が出てきますから簡単に判断できます。
水疱までいかなくても、痛みがあって症状がひどくなりそうな場合はすぐに病院に行きましょう。


3.粉瘤(ふんりゅう)

難しい言葉ですが、要するにできもの・おできです。
オーラルも含めた性行為に心当たりがなければ、まずこれで間違いないです。
これは放置するとすぐに収まる場合や、大きくなって化膿する場合など、症状はかなり分かれます。(手などにできるおできも症状に差があるのは同じですよね)

これは痛みが強かったり、腫れがひどくなる場合は注意が必要です。
それを放置していると、後々傷が残ったり、余分な処置が必要になったりすることもあります。
外陰ガンやバルトリン腺膿瘍などの可能性もありますので、素人判断はしないで病院にかかったほうが安全でしょう。

とはいえ、性器周辺のできものはそんなにレアなケースではないので、ちょっとしたもので神経質になりすぎる必要はないと思います。
特に、普段からニキビやおできができやすい人はたまたまその場所にできただけ…ということもあります。
痛みもなくすぐにおさまる場合は問題ないですから、その場合は慌てず様子を見ましょう。


病院は基本的に婦人科となりますが、粉瘤のひどいものの場合は皮膚科に回されることもあるようです。
その場合、傷が残らないようにしたいということであれば形成外科のほうがよいでしょう。



<記事の追加>

上記は「性行為をした後にできたできもの」についてで、病気など何らかの原因によって発生するものです。
「性行為をした後にできものができた!」という心配をしている方は上記を参考にしてください。

一方「性行為に関係なく、生まれつきまたは成長する過程で自然発生的にできるできもの」もあります。
こちらは単なる生理現象で、性病などの心配は全くいりません。
性行為をしたことがない男性についてはこちらに当てはまるケースがほとんどですので、よかったら参考にしてください。


4.フォアダイスと真珠様陰茎小丘疹

フォアダイスは陰茎の幹の部分に見られる、ブツブツした皮膚の盛り上がりです。(口唇にも見られます)
真珠様陰茎小丘疹は亀頭のいわゆるカリの部分にできる白いイボ状のものです。

これらはどちらも尖圭コンジローマと間違われやすいですが、単なる生理現象によるもので、性病などの心配は全くいりません。実際、かなり多数の男性…フォアダイスで60%以上、真珠様陰茎小丘疹で20%以上に出ていると言われています。
また生理現象だけあって、女性にも同様のものができます。真珠様陰茎小丘疹の女性版は膣前庭乳頭症と呼ばれたりしますね。
なので、あったとしても恥ずかしがらなくて大丈夫です。


言葉で説明するより画像を見たほうが早いので、男性向けにwikiのリンクをつけておきますね。
(ただし、かなり直接的な画像なので見る際はご注意ください。もちろん18禁に該当します。笑)

Wiki フォアダイス
Wiki 真珠様陰茎小丘疹

ここでも書かれているとおり、医師でもカン違い・誤診するケースがあるような病状ですので、素人目には分かりにくいですし、メールなど文章で聞かれただけでは絶対に判断がつきません。

とはいえ、オーラルも含めた性行為など心当たりが一切無い男性であれば、ほぼ間違いなくこのどちらかですので心配はしなくても大丈夫でしょう。
私も物心ついたときにはフォアダイスと真珠様陰茎小丘疹の両方がありました。
(真珠様陰茎小丘疹は写真と違って、包皮部分に少しだけでしたが)

反対に、心当たりがある場合は速やかに「誤診されない」病院へ相談に行きましょうね。



「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
性病ではないですが、
毛穴に汚れがたまって炎症するケースもありますよね。
私はこれになる事が多いです。
赤みがあり、治る頃はかさぶたみたくなり、
皮がむける(Jr.君の皮じゃないですよ)
って感じですね。

あと女性はおりものが多い日は、
陰部の痒みが出てきますね。
[ 2009/04/26 ] しー[ 編集 ]
こんばんは。^^

毛穴の炎症はニキビの仲間ということで粉瘤に含めたつもりでしたが、かさぶたができるものがあるんですか?
もしかして、かさぶたの前に小さい水疱みたいのが出ませんか? そうだとしたら性器ヘルペスだったりしますので。口唇ヘルペスもお持ちのようですし。^^;

おりものの多い日の陰部のかゆみは確かにそうですよね。
痒みについても記事を書いたほうがいいかも…
いや、さすがにそこまではいらないですね(笑)
[ 2009/04/26 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
あ、なるほど。毛穴の炎症もニキビの1つですね^^;

は!…そう言えば白いポツンとしたの出来た事あります。
あちこちと言うより一カ所だけみたいな。
それが落ち着くとかさぶたになっていますね。

なるほど…上下の口で大変になっているかもしれませんね(苦笑)

普段忙しい生活を送っているので、
疲れがたまりやすく、吹き出ものや口の端切れたり、
口唇ヘルペスなりやすいですね^^;
歳のせいですかね?若い時に比べたら疲労回復遅くなった気が^^;
[ 2009/04/26 ] しー[ 編集 ]
上下の口ですか(笑)

やっぱり年をとるにつれて疲労回復は遅くなりますよ。
食生活の乱れとか、運動不足とか、仕事で疲れがたまっていると余計にですよね。
あと、特に寝不足は肌に悪いのでお気をつけくださいね。

GWでゆっくり体を休めてください。^^
[ 2009/04/27 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
はじめまして。
17の男です

自分は亀頭のカリの部分に小さなできものがたくさんできています
結構前からあって様子は見ましたが痛みはありません
ちなみに性経験はまだありません

これは記事にある粉瘤というやつでしょうか?

どうすればわからなくてすごく困っています…
[ 2011/04/10 ] ゆう[ 編集 ]
もしオーラルセックスも含めて性経験が全くないということであれば、性病の可能性はほぼ無しです。

その場合に考えられるのは「フォアダイス」か「真珠様陰茎小丘疹」と呼ばれるものですね。書かれた様子からすると、真珠様陰茎小丘疹の可能性が高そうです。

こちらは性病でも病気でも何でもないため触れていませんでしたが、同様の質問をいくつかいただいているので、上の記事に追加で書いておきますね。^^

[ 2011/04/12 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コンジローマやフォアダイスなどのできものは、フェラでもうつりますか?
わからないので教えてもらえるとありがたいです。
[ 2011/09/01 ] chooco[ 編集 ]
もちろんうつります。
どこのサイトでも性行為にはオーラルセックスも含まれていると思って読んでください。

またフォアダイスは、

>一方「性行為に関係なく、生まれつきまたは成長する過程で自然発生的にできるできもの」もあります。
>こちらは単なる生理現象で、性病などの心配は全くいりません。

と記事内に書いたとおり、そもそも性病ですらありません。

よく調べてから…とまでは言いませんので、せめてコメントを書く記事をちゃんと読んでから聞いてくださいね。^^;

[ 2011/09/01 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
性病についてはいい加減なことがいえません。^^;

相談受付のところにある性病相談のサイトを使ってみてくださいね。

http://kyouyablog.blog105.fc2.com/blog-entry-70.html
[ 2013/07/19 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。