妊娠の可能性について(安全日と危険日) その2

妊娠の可能性について(安全日と危険日) その2

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

妊娠の可能性について(安全日と危険日) その2 


生理についての説明の続きです。




危険日の計算方法を説明しましたが、ややこしいことに排卵日はいくらでもズレます。

排卵日の前後に精神的なストレスがかかったり、激しい運動をしたり、食生活が乱れたりなど、ちょっとしたことで1日や2日は簡単にズレるんですね。
実際、初めてのセックスやレイプなど強い刺激を受けると体がびっくりして排卵が起きてしまい、妊娠の可能性が上がってしまうということが起きたりします。
特に10代くらいだと、思春期で精神的に安定していないことに加え、セックス自体が非常に大きな刺激になるので、排卵日がかなりズレます。
そのズレがどれだけになるかが分からない以上、「いつしても危険」というわけですね。

さらに、生理不順の人にはこの計算がまったく役に立ちません。
生理と思っていたら実は単なる不正出血で、本当の生理がズレてしまっていたために計算がズレて妊娠してしまった…という悲惨なケースもあります。
10代のうちは生理が安定しない人が多いので、生理周期による避妊法はどれもあまり信頼しないほうがよいでしょう。
つまり「若いうちほど気をつけるべきだ」ということですね。
実際は若い人ほど無謀なことをしますが…。^^;

20代以上の女性からの相談がほとんどないのは、こういった生理周期の安定具合も関係しています。
20代になったらナマでしない…なんてことはないでしょう。かといって、20代の女性全てが結婚して産むこともありえません。
生理が安定しているからこそ、危険日を避けることができるわけですね。


以上から、いちばん確実なのは「コンドームなどの避妊具を使うのはもちろんのこと、危険日はそもそもセックスをしない」ことです。
若い人の失敗原因のほとんどは、危ない行動をよりによって危険日にしてしまうというものです。
危険日を完全に禁欲期間にしてしまえば、たとえコンドームが破れたとしても危険性を格段に減らすことができます。

逆に言うと、危険日にセックスしている時点で、ナマでしたのが短い時間だろうと膣外射精だろうと、妊娠の可能性は飛躍的に高まるということです。

「危険日(危険期間)を計算する」そして「危険日をずらす」ということを心がけてください。
これだけでも可能性はだいぶ減らせます。
そして生理不順の人はいつでも危険ですから、危険な行動をとらないようにしましょう。



ついでに書いておくと、排卵日さえはっきりと分かれば、その2~3日以降から生理までの期間はかなりの確率で安全と言えます。
(排卵されたばかりの卵子も流れてしまっており、排卵が済んだ直後に続けて排卵されることもまずないため)
この期間を俗に「安全日」と呼ぶわけですが、残念ながら前の生理がニセの生理だった場合は全ての計算が狂うことになるので、100%安全と言い切れるわけではありません。
排卵日チェッカーでも使えば話は別ですが…それも狂うことがある以上、100%安全とは言い切れないです。
なので、正確には安全日なんていう言い方はしないわけですね。

ただし、20代以上になって生理周期が安定し、どういうときにズレやすいかというのを女性が自分で把握していれば、かなり危険が減らせます。
例えば「今月は無理なダイエットをしたからいつもより遅く(早く)なりそう…」と言う人がいますが、これは経験から分かることですよね。
そうしたデータを上の数字に加味して修正していくと、よりしっかりとした危険期間が割り出せるわけです。
それに、他にも危険日や生理周期の算定方法(基礎体温法や粘膜法など)がありますから、そういうのでしっかりと把握している人はさらに危険度が低くなりますしね。
上はあくまでも若い人向けの記事ですから、大人の方は無視していただいて構いません。
自分に合った避妊法をしていってくださいね。




「記事が役にたった」と思ったら、投票お願いします。
 ↓
★ 恋愛・結婚ランキング ★


有益な知識とテクニック満載の無料メルマガ登録はこちらから
 ↓
性の悩み相談室 ~恋する男女の処方箋~
(読者特典「失敗しない初セックスのために」をもれなく配布中)


関連記事


性の悩みはなかなか口にできません。
ブログの記事やメール相談があなたの悩みの解決に役立ったなら、このブログのことをまわりの誰かにそっと教えてあげてください。
少しでも多くの人の悩みが解決し、幸せが広がりますように…

※現在休止中です。
不順の1人として、斉藤さんの言う通り、あてになりにくいので、私も彼と仲良くした時は毎回避妊していますが、次の生理が来るまで気にかけています。

ストレスや体調不良などあったら更に予想しにくくなります。1ヶ月来ない事も。
今なんて最近あった対人トラブルがまだ少し尾を引いていて、以前にも別件で同じ事があった時はかなりの精神的負担かかり(食欲ない、眠つけない、相手を見たり話すと動悸が)今回も似た感じなので、人と接するのが怖く感じているので、恐らく今度の生理は狂うでしょうね^^;

ちゃんと彼にも毎回生理が来た事を伝えています。そうするとマメな彼は私の生理日を覚えてくれるので、一緒に考えてくれる気になりますね。
こうやって相手に伝えるのも大事かなと個人的には思います。
[ 2009/02/19 ] しー[ 編集 ]
しーさん、たまに東北の人になりますよね(笑)

しかし、生理周期どころか食欲不振、睡眠障害、対人緊張とストレスによる体調不良のオンパレードですね…大丈夫でしょうか?
確かに、男性から見ても女性同士の関係は難しいところがありますよね。まぁ男性は男性で難しい人がいますが(笑)


>ちゃんと彼にも毎回生理が来た事を伝えています。そうするとマメな彼は私の生理日を覚えてくれるので、一緒に考えてくれる気になりますね。

これは賛成ですね。特に生理痛や出血のひどい方の場合は、そういうことも共有していきたいものですよね。

私も最初に自分から聞いてしまうことが多いです。把握しておかないと、デートに誘うタイミングを間違えたりしますからね。生理直後に長距離を歩くような場所を選ぶと悲惨ですし。まぁ、それでもたまに忘れて失敗するわけですが。^^;
[ 2009/02/20 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。