性病検査

性病検査

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

性病検査 

性病にかかったかも?…と思う場合、どうすればよいのかを書きます。


1.明らかに症状がある場合

即、病院に行ってください。
もしパートナーがいる場合は、片方だけが治ってもピンポン感染を続けることになりますので、2人とも行かないとダメです。
(病院は同じでも別でも構いませんが)

気休めで検査してみてもいいですが、症状があるなら早く行けばそれだけ治りも早いですよ。

「何科に行けばいいのか?」ということですが、男性なら泌尿器科、女性なら婦人科が基本です。
皮膚の症状であれば皮膚科、のどの場合は耳鼻咽喉科になります。
最近は「性病科」を設置しているところも出てきましたので、そういうところは分かりやすくてよいですね。



2.症状はないけど不安だという場合

この場合は単なる検査ということになって、健康保険の適用がされないケースが多いです。
少しでも症状がある場合はそれを申し出ることで保険が適用される場合もあります。
(保険適用の有無は担当医師の判断次第ですね)

単純に不安だから検査だけしたいということであれば、自宅でできる検査キットもよいと思います。
こちらはもともと保険がききませんので、病院で保険がきいた場合と比べると割高になります。
ただし病院で保険がきかなかった場合は結構高額になることがあるので、料金をおさえたいという方は検査キットのほうが無難かもしれませんね。

定期健診を兼ねて私は行くようにしているのですが、正直に「症状はないです」と言ったら、血液検査さえしてもらえないことがありました(笑)
仕方ないので、改めて別のところに行きましたが、結局時間もお金も2度手間になってしまいましたね。
でも、医者によっては「ちょっとかゆい…気がします」と言うだけで保険適用してくれるケースもあったりしたので、こればかりは何とも言えません。
どちらにしてもけっこう度胸がいるので、恥ずかしい人は顔を合わせないで検査結果だけ知ることができるタイプの性病専門病院(都会にしかないですが)か、検査キットがよいと思います。

検査結果は最短翌日 性病検査セルシーフィット(こちらのほうが検査できる性病の種類は多いです)
性病検査STDチェッカー(こちらのほうが種類が少ないぶん安めです)

もう1つ方法としては、保健所を利用するというのがあります。
これは無料ですが、受けられる曜日・時間帯を限定されるのが仕事をしている方には難点ですね。
東京などだと様々な性病も一緒に検査してくれるところがあるようですが、HIV以外の性病検査の併用実施に関しては自治体によってバラバラですから、予め調べて行ったほうがよいです。
HIV検査にはひっかからなくて安心していたけど、実はクラミジアだった…なんてことも起こりますから、HIVの単独検査しか実施していない場合は専門の病院に行ったほうがよいと思います。
あと、大体のところで30分くらい説明(説教?)を聞かされます。HIVは匿名ですが顔はバレバレですし、他の性病に関しては本名で…というところもあるので、不便は不便です。(無料なので文句は言えませんが)


なお、検査に献血を利用する人がたまにいますが、非常に迷惑なのでやめましょう。
そういう検査目的の人を防ぐために、仮にHIVに感染していても結果には何も書かれないようになっていますから、そもそも意味がありません。

コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。