飽きないセックスを極めるを読んで

飽きないセックスを極めるを読んで

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

飽きないセックスを極めるを読んで 

コメント欄で紹介いただいた「飽きないセックスを極める」というサイトを読みました。
まだ3分の1くらいしか目を通していませんが、とてもよいサイトだと思います。
内容はかなり濃いですし、何よりセックスを「好きな人とずっとしていくもの」と位置づけているのがいいですね。
共感します。

最初のほうの記事に、管理人の方が自分の経験にふれながら「セックスはうまくなったけど、彼女とのセックスに3ヶ月もしないうちに飽きてしまった」という内容を書いてくれています。でも「オナニーはなぜか飽きずに続けられる」と。そしてその発見を生かして、「奥さんとは6年も飽きないセックスを続けている」ということなんですね。とても素敵なことだと思いますし、とても面白い視点だと思います。

このへんの感覚は、私も実感として分かります。
で、インスパイアされて、ちょっとこのあたりについて書いてみます(笑)


私の場合は彼のパターンとはまったく逆です。

最初にいろいろ研究する時期があったのは同じです。
逆なのは、その後すぐに飽きないセックスに入ってしまったことですね。

そのときは片手すら女性経験がない状態でした。
相手の女性も、中でイッたことがないというくらい経験の浅い女性でした。
でも、相性がいいというのはああいうことなんでしょうね。どんどん開発が進んでいくんです。
当時は「ポルチオオーガズム」という言葉すら知らなかったんですが、数ヶ月くらいでそこにも到達しました。最初は何が起こっているのかまったく分からなくて、後になって「あぁ、あれがポルチオオーガズムだったのか」と知ったわけですが(笑)
1年以上付き合ったのもそれが初めてでした。
それくらい飽きないのもありましたし、単純に心から好きだったというのもありました。

でも、残念ながら終わりは来ました。
詳しい経緯は思い出したくもないので省略しますが(笑)
私の場合は、それがきっかけになって、まぁ言ってみればやけのような気持ちも混じって多くの経験をするということになったわけです。
その後、テクニックは上がる一方ですが、恋愛としてはそこが最高地点だったと思っています。
もちろん、その後も愛のないセックスはしてきませんでしたが、愛情に点数をつけるとするなら…ということですね。
たぶん、今後もそうでしょう。

まぁそんなわけで、私が強く「愛のあるセックス」を勧めるのもそんな背景があるんですね。
いくらテクニックがうまくなっても、本当に愛のあるセックスにはかなわないんです。
というか、むしろむなしい。それを痛いほど経験していますから。

その一方で、愛があってもテクニックがない…では寂しいので、そういう人の役に立ちたいなと思ってメール相談もしているわけです。
なので、単純に「イキたいんです」とか「彼女をイカせたい」とかだけの相談だと、私の意図するものとはちょっと違うんですよね。
その2人の関係が本当の愛なら応援したいわけですが、軽い気持ちで始めた関係だったら、話をしたいとは思わないわけです。できれば“人生最大の恋人”を見つけた人の相談に乗りたいですね。セックスなんかなくてもいつまでもつながっていられるけど、でもやっぱりセックスも充実させたいというカップルです。


さて、飽きないセックスの後に飽きるセックスが来るとどういうことになるか?
なんと、性欲が極端に落ちます(笑)

飽きないセックスの原点は、「相手をどこまでも開発したい(されたい)」という思いで、そのおおもとにあるのは「この人とずっと一緒にいたい」という思いです。「ずっと一緒にいたい」と思えるほど好きになれなければ、そこまで頑張って開発する気にはならないわけですね。

もちろん、開発するという行為自体がパズルを解くような面白さはあるわけですが、やっぱりある程度の段階までいくと途中で飽きてしまうんです。ここまでいけばもう十分かな…と。

そういうわけで、今の私は驚くほど性欲がありません。
といって、別にEDではありませんよ(笑)
上で「オナニーは飽きずに続けられる」とありましたが、正直オナニーでさえ飽きています。
オナニーもドライオーガズムなどひと通りクリアしてしまっているので、好奇心すら満たされないんですね。快感だけ求めてもしょうがないですし。

だからこそ、テクニックやノウハウを遠慮なく出してしまえるというのもあります。
まだ最高形を手に入れてなければ、それまでは他の男性に知られたくない…と思うものです。
だって、テクニックを教えてその男性が本当にうまくなったら、ライバルが増えてしまうわけですからね。
でも、今の私は性欲がほとんどないので、ライバルとかすら思わないわけですね。
いいんです、愛のある人みんながうまくなれば。


なんて具合に本当の恋をしている人を応援したいわけですが、そうでないレベルの方からの相談が大半だというのがちょっと心に引っかかっています。自分の時間を削って無償でわざわざ軽い恋愛を応援しているみたいで、たまに切なくなるんですね(苦笑)

つい先日、不倫の恋をしている方からメールをいただきましたが、文章を読んで「あぁ、これは本当の恋だな」と思って、しっかり返事を書きました。また追加の相談が来たら、丁寧に対応するつもりです。別に不倫を応援するつもりはありませんが、本当の恋愛は応援したくなってしまいます。不倫だろうと、セックスレスだろうと、相手が風俗嬢だろうと、同性愛だろうと、高齢処女または童貞だろうと、それが本当の恋ならいくらでも応援したいです。人には言えないような恥ずかしい内容でもちゃんとマジメに返事しますので、遠慮なく相談してください。

その逆に「ナマでエッチしてしまって…妊娠していますか?」とか質問されると、正直萎えます(苦笑)
ナマでするなら、子供ができてもいい相手とするのが当たり前ですし、そこまで好きじゃない人とはナマでしかも中出しなんてするべきではありません。性病の心配はもちろん、感応遺伝や膣内に腐敗した状態で精液が残り続けるみたいな説もあるわけですから。少なくとも、自分だったらそんな軽いノリの女性は嫌です。(もちろん、妊娠してもいいくらい好きな相手としたということなら問題ないわけですが)


あと、「飽きないセックスを極める」を見て、「これだけ詳しいことを書いているサイトがあるのなら、別にこのブログはいらないんじゃないか?」という気もうっすらしています。
読んだ感じでは今のところまだ私の方が2、3歩上にいると思いますが、このまま飽きないセックスを続けていけばいつか抜かれる日が来るかもしれないわけですし。
向こうは1年以上続いているブログですから、後出しのこちらがでしゃばるのもどうかと思いますし。
そんな具合に、このブログのあり方も考えさせられてしまいました。
(※ブログをやめようとかではなくて、あり方を変えないといけないかなぁ…という感じです)

ついでに、サイトのアクセスが3分の1くらいに激減しました。どうやらgoogle検索が順位変動して、上位に表示されなくなったみたいですね。まぁ、マイナー弱小サイトの宿命ですので、これは仕方ないですが、それに合わせてランキングもガタ落ちというのも切ないですね(苦笑)
きっと今まで読んでいた方で来れなくなってしまった方もたくさんいることでしょう。そういう方は申し訳ありません。そして今も続けて読んでくれている方、ありがとうございます。

「愛のある、飽きないセックスをしている方」
「愛はあるけどセックスはうまくいかない方」
「愛はないけど、とりあえずセックスしてしまっている方」
「愛のないセックスをして後悔している方」
「愛のあるセックスを見つけたばかりの方」
「愛のあるセックスを目指してまだ大切にとってあるという方」

…読者の方もいろいろだと思いますが、ぜひ愛のあるセックスを目指してくださいね。


ぐだぐだな内容になってしまいましたが、要するに「飽きないセックスを応援する、セックスに飽きた管理人」だよということで、オチをつけておきます(笑)

今回もじっくり読ませていただきました。凄く共感します。ご存知のように私も「人生最大の恋人」に出会えたと思っているので、なお分かります。おそらく彼とは飽きない関係になれると思います。凄く大事な存在だから。
どんな恋でも本当の恋なら…これに凄く胸に響いています…自分の事を言われているみたいで…
確かに飽きると性欲なくなりますね(苦笑)私は体を触られるだけでも嫌になります。私の場合その時は本当の恋じゃなかったのかも。あとは相手の私への思いやりがないとかですね。それが分かったり感じたら、もう駄目ですね。愛情もなにもなくなります。連休明けに久々に愛しの彼に会えるので楽しみです♪
[ 2008/11/23 ] しー[ 編集 ]
何やら落ち込みぎみなのか、元気のなさが気になりました。私は純粋に愛のある相手とのセックスで、客観的な意見を求めていつも見ています。機械の中でのやりとりでモチベーションを維持するのは大変でしょうが、是非ともなが~く続けて私たちのよきアドバイザーでいてください!ね(^O^)/
[ 2008/11/23 ] まゆたろう[ 編集 ]
>しーさん

「人生最大の恋人」や「本当の恋」というのは実際にそういう相手と出会ってみないと分からない感覚なのですが、勢いあまって書いてしまいました(笑)
共感する人としない人に分かれるところでしょうが、共感していただいてありがとうございます。

連休明けの彼とのデート、楽しんできてくださいね。^^


>まゆたろうさん

ちょっといろいろ考えることがあり、それが文章に出てしまったみたいですね。
励ましのコメントをありがとうございます。^^

客観的な意見ですか…
けっこう主観的なこともたくさん書いていますが…(笑)
参考にしてもらっているなら嬉しいです。頑張りますね。

話はずれますが、コメント記入時にアドレスを載せるとスパムメールが来たりするので、アドレスは載せない方がよいと思いますよ。
今回は消しておきました。^^
[ 2008/11/23 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
いつもありがとうございます。
セックスの時における女性の不安や痛みを理解し代弁してくださっていて、とても心強く、勇気がでました。
そこからファンになり、違うカテゴリーの話についても興味が湧き、毎日ブログを読ませていただいています。
これからもよろしくお願いします(*´∀`*)
[ 2008/11/24 ] はな[ 編集 ]
はなさん、こんにちは。
ファンなどと言ってもらえると、こそばゆいですが嬉しいです。共感していただいたみたいで、ありがとうございます。

こちらこそよろしくお願いしますね。^^
[ 2008/11/24 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
いつも勉強をさせてもらっているのですが一つだけ気になる点があります。

どうして
私の方が2、3歩上を行っている
等の自慢というか、負けず嫌い発言というか…
をされるのでしょう?
実際そうなのかもしれませんが自分の方が上であることをわざわざ示すような真似はなさらない方がいいのではないでしょうか?

このサイトを見ていてその点だけが気になりました。
失礼しました。
[ 2008/11/25 ] -[ 編集 ]
せっかくのよい意見で、お名前がないのが残念ですが…

はい、確かにそうですね(笑)

負けず嫌いというのはあると思います。もともとそういう性格ですし、そうでないと何事も上達しないと思いますので。

ただ、この記事では「自分がうまい」と言いたかったというよりは、むしろ「今のテクニックなんて意味が無く、素敵なパートナーがいれば、これから先いくらでもうまくなっていける」という意味のことをお伝えしたかったんですね。「そう考えると、私に上達の見込みは薄いなぁ…」ということも。そして、だからこそ皆さんには素敵なパートナーを見つけてもらいたいと。

それと、あくまで“現時点でのテクニック”で2,3歩上をいっていると思っただけで、ブログ自体は負けていると素直に思ってこの記事を書いたわけですから、あちらのサイトの管理人さんに勝ったとかは全然思っていませんよ。むしろすごいな…と思っています。(もともと勝ち負けでは考えていませんけど)
何より、最愛のパートナーを見つけて今も向上に励んでいるところなんかは、私の及ぶところではないでしょう。

よくも悪くもかなり客観的な人間なので、自分の方がよいと思ったらストレートに書いてしまいますから、特に男性の方には自慢に聞こえたり、毒舌に聞こえたりすることはあるかもしれません。(女性の方のコメントかもしれませんが…)
逆に自分がまずいと感じると、上の記事のようにすぐに落ち込み気味(?)になったりもします(笑)メールなどでご指摘をいただいた場合も、間違いだと思えば過去の記事でもどんどん手直ししていますし。前も記事に書いたとおり、本当に今でも自分のテクニックには自信がありませんので。

というわけで、ご指摘いただいた点もこうして言われてみると「確かにそうだなぁ…」と反省してしまいます。^^;
できるだけ気をつけていきますね。
ありがとうございました。
[ 2008/11/25 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
口を挟んでも良いでしょうか‥?

難しいところですね。
私は他の記事で少し気になったことがありますが、この記事では感じませんでした。何にひっかかりを感じるかは人それぞれですね。
自慢(のように受けとれる部分)はない方が万人受けしそうには思います。
けれど、ふとしたところから垣間見れる著者の一面-負けず嫌いであったり、茶目っ気であったり-を感じとれるところでもありますよね。
一長一短かなぁ、と個人的に思っています。

でしゃばってしまいました、申し訳ありませんm(__)m。
あと、私の印象も、こちらの方がテクニカルな部分で上っぽいなぁ、でした。(なので私はひっかからなかったのでしょうね)あちらの記事は"ひっかかり"が少ないかも。
蛇足でしたね。このコメント全てが蛇足かも‥。

失礼しました
[ 2008/11/25 ] くみ[ 編集 ]
>私は他の記事で少し気になったことがありますが、

やっぱりそうですか?(笑)

一長一短はまさにその通りで、何かを表現する以上、気に入る人もいれば気に入らない人もいるのは仕方ないですよね。
ちょっと今日はそのあたりを今から記事にしてみます。

ご意見はどんなものでもありがたくいただきますので、蛇足などと言わずに遠慮なく書き込んでくださいね。^^
[ 2008/11/25 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。