うまい男になるために

うまい男になるために

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

うまい男になるために 


細かいテクニックの話に入る前に、まずは本当にセックスがうまい男になるための条件のようなものを4つ挙げておきます。


1.セックスの知識とテクニック


初心者の男性は細かいテクニック(=手や舌先の技)を1つずつ身につけることに気がいきがちですが、細かいテクニックよりも大事なもっと広い意味でのテクニックがたくさんあります。
ここでいうテクニックとは、手や舌の技はもちろん、単純な体の仕組みに関する知識、避妊や性病などの周辺知識、女性の扱い方、場の雰囲気の作り方、心の開き方などさまざまなものを含みます。
枝・葉ばかり見るのではなく、木全体を見渡すような気持ちでいると上達が早いです。

また、豊富なテクニックではなく効果的なテクニックの知識が大事です。
やたらとたくさんのマニュアル・ハウツー本に手を出しているわりにイマイチうまくない…という男性がいますが、テクニックは単に多ければいいわけではありません。
自分にあったもので、効果的なものを見つけて身につけていく姿勢が大切です。



2.テクニックを使うべきタイミングをとらえる直観力


愛の言葉でも、言うタイミングを間違えると単なるくさいセリフになってしまいます。
それと同じで、いくら効果的なテクニックでもタイミングを間違えると単なる刺激以下になり下がります。
タイミングというのは直感的に分かるものなので、この点において経験や勘(センス)のよさが問われてきます。
とはいえ直感でできなくても、判断力を鍛えることで十分に補完が可能です。
そのためには、相手の性格・考え方・価値観・好みなどを把握しつつ、相手の本当の気持ちを理解してあげることが大切になってきます。

テクニック自体が効果的かどうかを意識するのも大事ですが、合わせてタイミングが効果的かどうかも意識するようにしてください。



3.相手の反応を正確にとらえ、ツボ(性感帯、スイッチなど)を見つけ出す分析力


分析力といっても、頭でっかちの理論家になれというわけではありません。

心や体のツボは女性によってかなりの個人差があります。
それを見抜くにはもちろん知識や経験も必要ですが、何よりも目の前の女性の様子や反応をしっかりと見る観察力が必要です。
そして、恥ずかしくて言えないのか単に気持ちよくないのか、そういった1つ1つの反応に隠された真意を見抜く洞察力が要求されます。
そうした観察・洞察をもとに正しい分析をして、個々の女性のツボを見つけていくことが大事です。

こういうのは愛しているからこそ見えるものですから、やはりセックスに愛情があったほうがいいのは言うまでもありませんね。



4.自信過剰にならず、常に相手のことを思いやる謙虚な姿勢


自分はうまいと思い込んでいる人ほど下手なことが多いです。
こうした自信過剰な人ほど、女性に「期待していたのにガッカリ」と思わせたりします。
そもそも女性によって感じ方や感じる場所は違って当たり前なのですから、自分は絶対大丈夫という思いを持つこと自体が傲慢です。
必殺のテクニックを発見することよりも、相手に合わせて臨機応変に組みなおす謙虚で柔軟な姿勢を大事にしましょう。



要するに、最も重要なのは「いかに個々の女性に合わせるか」ということです。
これができなければ単なる思い込みが強いだけの“自称テクニシャン”でしかありません。

存在する全ての女性に合わせるテクニックを身につけるのは、ものすごく大変で難しいことです。
でも、普通の男性は生きていくうちで100人、200人の女性とセックスするわけではありません。
つまり、多くの女性に合わせるようなテクニックは必要ないということです。

目の前の最愛の女性を感じさせるテクニックを身につけることが重要ですから、「このやり方は他の女性だったら通用するかな?」なんてことを考える必要はないわけですね。
(個人的に、私はそういうのを考えるのが好きなわけですが)

「このテクニックは気持ちいいはずだ」と決めこんでするのではなく、「どのテクニックが一番気持ちいいと思ってもらえるだろう?」と探し求める姿勢を常に大事にしましょう。
そうした姿勢で努力すれば、たった1人の女性のツボを見つけることくらい必ずできるはずですから。


そういうわけで、これから紹介していくテクニックも、その全てをマスターする必要はありません。
自分がうまくできるもので、かつ相手の女性を気持ちよくできるものをマスターすれば十分です。
そして、その中から必要な時に必要なものを使うことができれば十分テクニシャンといえるでしょう。
量よりも相手に合わせた質とタイミングが大事なことを忘れないでください。


先日はレスありがとうございましたm(_ _)mなるほど、それは誉め言葉なんですね(笑)
今回の記事も同感です。相手を思いやる気持ちは本当に大事だと思います。ひとりよがりのHより2人で試行錯誤しながら感じる(愛情も)場所を探したり幸せな気分になるのが私は思います。
今日彼に会いましたが、私の髪型変わったのを凄く誉めてくれて「可愛い」の連呼で私も彼に喜んで貰い、言われて凄く嬉しいですしね(笑)よ~し今日は頑張っちゃうぞ~↑みたいな(笑)おかげさまで今日の私は大洪水状態でした(笑)
[ 2008/11/10 ] しー[ 編集 ]
一緒に試行錯誤しながら進めるのはいいものですよね。そういう意味では、ひたすらうまければいいというものでもないと思っています。やはり2人でつくっていくものですから。^^

それにしても、久しぶりに会うというのに髪型が変わったことに気づくなんて素敵な彼ですね。
大洪水、おめでとうございました(笑)
[ 2008/11/10 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。