膣口の場所が分からない

膣口の場所が分からない

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

膣口の場所が分からない 


男性に多い意見ですが、女性にもいたりします。
他にも「クリトリスに包皮があるということ」「尿道と膣口の違い」などは自分でも知らない女性が多いですね。

とりあえず膣口の場所が分からないようなら、鏡などで事前に見ておきましょう。
もちろんきれいに洗った手でしてみてくださいね。

ぼてっとした分厚いお肉が大陰唇です。
われめを開くと、ちょっとくしゅくしゅっとした、皮の余ったような場所があります。
これが小陰唇です。
小陰唇を開いて、一番上の付け根の部分にクリトリスがあります。
一見して分かるくらい大きい人もいますし、すっかり皮に覆われていてちょっとめくったくらいでは見えない人もいます。
せっかくなので、クリトリスの場所も確認しておきましょう。

クリトリスから下におりていくと、尿道口、膣口の順にあります。
尿道口は気づきにくいこともあるので、見つからないなら見つからないで構いません。
その下の膣口の位置を目と指で確認しておきましょう。
中に指を入れる必要はありませんが、指先をちょこっとだけ近づけてみるのもいいですね。
入った中ではなく、外側の入口周辺が痛い人というのがいるので、そこを自分でなでたりして痛くないようにしておくだけでも処女の痛みは減らせます。

確認する過程で、小陰唇のすき間やめくったところにカスのようなものが溜まっていたり、汚れていたりするのに気づくこともあります。
ラッキーですね。彼とのデートの前には洗っておきましょう(笑)
意外と自分ではさわらない場所なので、結構汚れている人もいたりします。
普通に石鹸をつけたりして構いませんので、痛くないように洗っておいてください。
ただし、膣内は洗わないように。
気になってシャワーで水を入れたり、石鹸をつけた手を挿入したりする人がいますが、これは逆に危険です。
くれぐれも外側だけを洗うようにしてくださいね。

男性は、ここに書いたことを頭に入れておいて、当日に臨みましょう。
小陰唇を左右に開けば、上に書いた場所に明らかに穴が見えますので分かるはずです。
どうしても分からなければ、グーグルでイメージ検索してみてください(笑)


私もクリトリスに皮があるの知らなかった1人です(笑)
彼にされて(むく)初めて経験しましたが、私には刺激が強いと言うか痛いと言うか…なんだか良くなくて(苦笑)むかないで愛撫されると気持ち良いのですが。
彼に「刺激が強いからやめて」と言ってからしないようにしてくれていますが、これは慣れれば良くなるのでしょうか?
ちなみにむかれて初お披露目(笑)は彼だったので「ちっちゃくてピンク色だ」と言われました(笑)
[ 2008/11/08 ] しー[ 編集 ]
むくと刺激が強すぎるという女性は結構多いですよ。
個人的には、男性が指でする場合にむいてするのは危険だと思います。書かれているとおり、むしろ皮の上からしたほうが気持ちいいと思いますよ。
(なので、何でもかんでもむく男性がいるとしたら、絶対にやめましょう。痛いだけですから)

慣れればよくなるかということですが、慣れると刺激に強くなりますが、逆に感度が鈍るということもありますから、一概に慣れた方がいいとは言えませんね。
とりあえず、感度を残したまま刺激に強くするのはかなり難しいと思いますよ。


>「ちっちゃくてピンク色だ」と言われました(笑)

それは嬉しい褒め言葉ですね(笑)
[ 2008/11/08 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
私はちんこに 指を入れても、どこに 子宮があるかわからないけど、どうすれば、分かりますか?
[ 2012/03/27 ] 香川 咲気[ 編集 ]
日本語がよく分かりませんが、ペニスに指は入りませんよ。^^;

また、子宮は赤ちゃんが生まれる場所で、外から触れる場所にはありません。

いたずらの書き込みか迷いましたが、マジメな書き込みなら日本語の怪しさも含めてあまりに不安なので、保健の教科書を引っ張り出して、もう1度勉強してみてくださいね。
[ 2012/03/31 ] 斉藤享哉[ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。