2013年04月

2013年04月

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

FSD(女性性機能障害) 

あちこちでセックスレスが話題になっています。
これが原因で浮気や不倫、破局に至るカップルもあるほどで、
決して綺麗事だけでは済まされない問題だと思います。

原因はいろいろなんですが、最大の原因の1つが男性のED(勃起障害)です。
これはバイアグラなどの効果的な薬が開発されたこともあって、
男性がその気になりさえすればかなりの確率で改善が可能となりましたね。

一方、セックスレスのもう1つの大きな原因となっている、
女性のFSD(女性性機能障害)についてはまだまだ理解が進んでいません。

今日はそのFSDについてです。

性感帯 

性感帯については、前に前戯のテクニックで詳しく紹介しましたね。
今日は神経の受容体という少し違った視点から見てみたいと思います。

入り口が濡れていても中が濡れていない 

初めてご相談致します。
53歳独身です。

先日38歳の男性とHしたのですが、うまくいきませんでした。
私は痛くて痛くて、彼は半分くらいしか挿入出なかったみたいです。
とても苦痛でした。
セカンドバージンでしょうか。

ただ、私は充分に濡れた状態だったので、どうしてか解りません。
クリトリスではいく事が出来ました。
入り口が濡れていても中が濡れていないなんて事があるのでしょうか。
その後、あんな痛い思いをするかと思うと怖くて出来ません。

ちなみに2年前は、17年のブランクがあったのにスムーズに挿入できました。
相手が若すぎる事も原因しているのでしょうか。
ご回答お待ちしております。

ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。