2010年06月

2010年06月

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

アナルセックスのためのローション 

アナルセックスでの使用の場合、一番重要になるのは「乾きにくさ」となります。
膣への使用と違って、液体が補充されにくいからですね。(まぁ出るには出るのですが…笑)

シリコン系ローションを勧められることが多いですが、個人的にはシリコン系ローションを使うくらいならアストログライドでよいと感じています。
一方で、アナルセックスの場合は膣利用と違って粘度が高いものでも使用可能です。

サラサラで感触がリアルに伝わるローションがよいか、接触感は落ちるけれどもヌルヌル感が強いローションがよいか。
こういったあたりはお好みで選んでください。

男性用のローション ~オナホールなど、男性のオナニー時の使用~ 

男性がオナホールをあまり使いすぎると遅漏の原因になったりしますので注意が必要ですが、適度に使う分には早漏防止に役立ちますし、場合によっては遅漏改善になることもあります。

例えば、握力を使いすぎた力強いオナニーに慣れてしまって手でしかイケなくなった男性は手で行う強い刺激を避けるわけですが、ただの禁欲期間にするのではなくオナホールを使って通常の刺激でイケるように訓練するなどですね。

また、単純にオナニーのバリエーションや男性機能の維持という意味でも使えたりします。
あくまでも使い方次第、といったところですね。

なので、ひたすら快感を求めるような使い方はやめておくべきですが、パートナーのいない男性はどんな方法でオナニーをしようが自由ですし、手ばかり使って極端なオナニーをするよりはずっとよいでしょう。
適度にバランスよく使う分には、使用自体を否定するつもりは全くありません。


さて、オナホールに適したローションですが、正直何でもいいと思います(笑)

投げやりな感じですが、膣内に使用するのと違って安全性はあまり心配ないですし、使用感についても好み次第といったところがありますから、個々の男性の好みで選べばよいと思いますね。

とはいえ、それではあんまりなので、ここではオナホール向けのローションを紹介してみたいと思います。


ちゃんと書くと、オナホール使用時のローションを選ぶポイントは「使うローションによって感じ方が違ってくる」ということです。同じホールを使っていても、ローション次第で感じ方は全く変わるわけですね。
(そういう意味では、女性とする際にもローション選びは大切だといえます)

例えばぺぺローションなどはヌルヌル感が楽しめますよね。一方でホール内部の感触をよりリアルに感じたいということであれば、サラサラ系のもののほうがよいです。逆に、さらにヌルヌル度が強いタイプを使うのもありですしね。

オナホール専用ローションというのもあるくらいですから、今回はそういうものを中心に紹介していきましょう。


楽しく使うローション ~性感マッサージなどのローションプレイに~ 

体に塗りあって楽しんだり、素股などの風俗っぽいプレイをするときに使うローションですね。
いわゆる「マッサージローション」「ボディローション」と呼ばれるタイプで、膣内に使用するものとは成分・性質が異なります。

ここでポイントになるのは「ヌルヌル感」です。
これがある方が気持ちいいですし、プレイが盛り上がりますからね(笑)
そのため、ポリアクロン系のローションがオススメとなります。

もう1つのポイントは価格ですね。
フェラチオに併用するなど軽いプレイならまだしも、マットプレイなど全身を使ったものになるとどうしても量が必要になってきます。
そのため安いものを求める人が多いですし、それで正しいと思います。

ただ、たまにそういった安物を買っておきながら、膣内にも使ってしまう困った男性がいます。
ポリアクロン系はただでせあえ落ちにくい上に、安物で低品質の成分が体内に残ってしまっては女性にとっては最悪です。
オリモノ異常やカンジダ、場合によっては悪臭などの原因にもなりますから、くれぐれも気をつけてください。

基本的には、マッサージ用ローションと膣内用ローションは分けて、それぞれに適したものを使うようにしましょう。
そのほうが女性も安全ですし、ローションプレイもより濃密に楽しむことができますよ。


膣内で使用できるローション ~性交時の痛みの軽減に~ 

ローションの一番の用途は「性交時の潤い補充」でしょう。
膣内への用途に特化したローションを「潤滑ゼリー」と呼ぶこともあります。
まさに、挿入時の膣内潤滑のためのゼリーですね。


この用途で一番大事なのは「膣内に入れるので、健康への配慮が必要」な点ですね。

ローション使用時に膣内を洗う人がいますが、これはカンジダなどの原因ともなるため、よろしくありません。
潤滑用としてローションを使用する場合は「洗う必要のないもの」を使うのが絶対条件です。
これは衛生的な商品を使うというだけでなく、自然に流れやすく膣内に残りにくいものを使うべきだということです。

そのため、材質でいうとカルボ系かポリクオタニウム系がオススメとなります。
また、膣内は敏感な場所ですし、女性にとっても非常に大切な場所ですから、安物や粗悪品などの使用はやめておきましょう。
コンドームでケチるのならまだ分かりますが、こんなところではケチらないでくださいね。


もちろん使おうと思えばローションプレイなどにも利用できるのですが、その場合は使用感が物足りないなどの不満を感じたりしがちです。
基本的には膣内専用と考えたほうがよいでしょう。

そんな安全性重視の商品を紹介します。

ローションの基礎知識と関連商品 ~用途(膣内・アナル・体表)と消費期限~ 

今回はローションの基礎知識と関連商品です。

ローションはかなり多数の種類・商品がありますが、目についたものを適当に選ぶ人も多いようです。
しかし、ローションは健康面・使用感の面から使い分けが必要です。

例えば材質の種類だけでいっても「カルボ系,ポリクオタニウム系,ヒドロ系,ポリアクロン系,シリコン系」などに分かれます。
カタカナだらけで何のことやら…という感じですよね。
でも、それぞれで性質が大きく違ってくるので、注意しないといけません。


オススメのラブグッズ一覧 

バイブやディルドといったまさにアダルトな商品から、雰囲気を盛り上げるための衣装や香水、はてはローションやコンドームといった必需品に近いものまで、ラブグッズ・アダルトグッズにもいろいろなものがあります。

たくさんの中から選んだり、一緒に試してみたりするのが楽しみの1つなのですが、あまりに多いので、どれから選んでよいか分からないという人もいるのではないでしょうか。また、知識がないために間違った使い方をして正しい効果が得られなかったり、遅漏や勃起不全、不感症などの問題を招くこともあります。

個人的に、開発を道具に頼るのは邪道だと思っていますが、プレイの一環としてのラブグッズの使用は大賛成です(笑)
セックスは愛する人との2人だけの秘密の行為ですが、その幅が広がるのは素敵なことですよね。付き合いの長いカップルではマンネリ防止の効果もありますから、ぜひとも上手に取り入れていってもらいたいと思います。

正しい知識を身につけること、そして楽しい買い物や充実したセックスの一助になればと思います。

(商品は最も安くて信頼度も高いため私もよく利用しているNLSのものを紹介しています。ここのリンクから買うと私に紹介料が入りますので、収益はブログの運営に利用させていただきますね。そういうのが不快な方は、お買い上げの際は別のサイトで買っていただいて構いませんので、記事だけ参考にしてくださいね)


各種ラブグッズ関連記事へのリンク一覧は続きをどうぞ。

セックスの心理:女性の喜ぶ言葉について 


見るからによくあるテーマです(笑)
でも、セックスに特化すると少し違ったものになると思って書いてみます。

前戯のテクニック 「おしりの側面」 


部位の名前が分からなかったので、そのまま側面と書きました。

腰骨の少し下から太ももに向かうラインですね。
あとは力を入れたときにくぼみができるあたりもです。

この場所も有効な性感帯ですね。

前戯のテクニック 「臀部(でんぶ)」 


ひさびさの前戯のテクニック。
今日からはいよいよおしりです。
感じる女性も多い、非常に攻め甲斐のあるところですよね。

あまり関係ないですが、「おしり」「お尻」「ヒップ」の
どれで書くかでいつも迷います(笑)

くだらないことを言っていないで、本題に入りましょう。

今日の言葉 「カウパー腺液」 


通称は「ガマン汁」「先走り液」などですね。
個人的に、これらの呼び名はセンスがないので嫌いです(笑)

カウパー氏腺液、カウパー氏腺分泌液とも呼ばれ、
正式名称は「尿道球腺液」と呼ぶようです。
とりあえず、ここではカウパー腺液の呼び名で統一します。

この液体について意見が分かれるのが「これで妊娠するか」ですね。
ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。