2008年12月

2008年12月

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

今年も終わりですね。 

2008年ももうすぐ終わります。

今年はこのブログを作ったことで、たくさんの方とお話する機会が持てました。
直接話すことはなくても、私の記事を読んでくれている方もたくさんいるでしょうから、
きっとかなり多くの方と接してきた1年だと思います。
本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いしますね。

さて、今日が大晦日。
大晦日と正月三が日くらいはブログもお休みしようと思います。
まぁ、正月早々セックス関連の記事を読まなくてもいいと思いますし(笑)
せっかくなので、家族や友達などと団欒をおすごしください。
もちろん1人で過ごす時間もよいと思いますよ。

相談メールなどは受け付けますので、お気軽にどうぞ。
ただし返事は遅れるかもしれません(笑)

それではみなさん、よいお年を。^^

濡れすぎて… 

いつも彼氏とsexをすると凄く濡れてしまいます。

ビショビショやな!と言われ…彼は気持ち良くないのかな?と不安になります。
何度かティッシュで拭いてとそれなりに対処はしているのですが拭いても、すぐビショビショになってしまい(泣)

先日も相変わらず濡れて彼が私より先にイキそうになり途中で止めてしまいました。
私がまだ満足してないと思って止めてくれたのですが、最終的に彼はイケませんでした。
それは私が濡れ過ぎているせいでは無いのかとショックなんです…
彼は私の気持ち良い姿を見ただけで満足と言ってくれたのですが…こんな事は初めてで私の締まりが悪いから濡れてしまい彼は気持ち良くなくイケなかったんじゃないのかと不安で…今度誘われても拒んでしまおうかと思ってしまいます。

どうしたら良いのでしょうか?


初セックス後の、妊娠の不安 

わたしは今月の9日に彼氏とSEXをしました。
生理が11/30~12/07でおわってすぐしてしまいました。
わたしも彼氏も初めてでゴムはちゃんとつけてくれたのですが中で出てしまいました。
でも3分もしないうちに出て、すぐ抜いて終わりました。

今月の生理がそろそろ来るはずなのですが、おりものが5日前くらいから全然でないんです。
胸の張りは1週間前くらいからあるのですが…おなかも張らないし…

SEXをしたあとから妊娠してしまうのではないかととても不安でたまりません
毎日不安で不安でなにも手につきません。

妊娠の可能性は高いのでしょうか?

私に口でさせるだけで、彼は何もしてくれない 

付き合って9ヶ月くらいの彼がいるのですが、ここ3ヶ月くらいまったくセックスをしていません。
3ヶ月前もセックスは月に2、3回くらいでしたが、この3ヶ月間彼は口でしてと言って私にさせるだけで彼は何もしてくれません。してあげるばかりなのも疲れてきて、最近では自分が情けなくなります・・・。
彼のことがすごく好きなので、一緒にいたいしセックスもしたいのですが、この調子だとずっとセックスなしのような気がしています。

どうしたらよいのでしょうか・・・?

不感症5 まったく気持ちよくない。 


気持ちよくもなければ、体も反応せず、愛液もまったく出ない。
くすぐったいという感覚もなく、ただ触られているだけ。
心は興奮していても、体がまったく反応しない。

そんな状態が完全な不感症です。

原因として主に考えられるのが、

1.心の病
2.薬(ステロイド剤、SSRIなど)を服用している
3.過去にホルモン剤を摂取した
4.脳の異常
5.神経系の異常
6.腰骨の異常

こんなところです。
(他にもいろいろ言われていますが、女性の性的不感症の原因や仕組みは、まだはっきりしたことが分かっていないんですね)

心の病は不感症4で説明したとおりです。
これに絡んで、薬剤による不感症もあります。
これは服薬している間は治りませんので、もとの病気をしっかり治してから薬をやめれば、次第にもとに戻ります。

薬と同じようなものですが、ホルモン剤も性感に影響します。
女性ホルモンが減少すれば感度は落ちるわけですね。(更年期障害も起こりますね)
若い女性が感じにくいのもこのあたりと関係しています。
10代後半には成長は止まりますが、ホルモンが安定するのはもう少し後のことですからね。
生理が不安定なうちはホルモンも不安定だったりしうるわけですから、やはり感じるのにはある程度の年齢がほしいということですね。

後は、過去に頭を打ったりして脳に損傷があるケースもあります。
神経系は言うまでもなく快感の伝達に齟齬が生じるわけですね。
意外なのは腰骨ですが、腰骨や骨盤に原因があって、そちらが治ると改善するというケースも報告されているようです。

とにかく、いろんな理由が考えられるということですね。

こういったあたりになるともはやテクニックとか恋愛感情とかの話ではおさまりきりません。
当てはまると思うものがあったら、専門の病院に相談してみましょう。

ただし、あくまでもまったく気持ちよくない場合ですよ。
不感症1~4で説明してきた状態にあてはまる人は次元が違いますから、そちらの人はそれぞれの記事を参考にしてください。


なお、ここでは体の不感症を紹介していますが、もちろん心の不感症というのもあります。
ドキドキすらしませんし、恋愛感情自体がわかなくなったりもします。
こちらの場合、まずは精神科・心療内科を受診されることをおススメします。
カウンセリングを通してトラウマなどを解消すると治るケースもあります。
すでにセックスの領域を逸脱しているところですので、専門家に頼りましょう。


[ 2008/12/28] 私って不感症? | | コメント:8

不感症4 自分でしてもあまり気持ちよくない。 


このあたりから「不感症気味」ということになってきます。
でも、これも完全な不感症ではありません。

あまり気持ちよくないといっても、場所や刺激のしかたによっては感じることもあります。
感じないけど、愛液はしっかり出たりなど体はちゃんと反応したりすることもあります。
こういう場合、今は感じなくても時間をかけてじっくりしていけば感じるようになることがほとんどです。
若いうちはもともと性感が発達していないので、余計に感じにくいです。
特に10代だと本来感度のよい人でも相手が下手なだけで「不感症かもしれない」と悩んでいるケースが多いくらいです。
感じにくい体質であれば、なおのこと不感症だと思ってしまっても仕方ありません。
女性の性感のピークは30代後半から40代ですから、20代くらいで完全に不感症と決めつけるのは早すぎます。
相手が時間をかけて上手にしてくれさえすれば、ちゃんと快感は得られるようになるはずですよ。

もちろん、すぐにイクところまで持っていくのはなかなか大変だと思います。
自己開発もうまくいっていないわけですから、男性主導で開発するのもかなり苦戦することでしょう。
男性にテクニックがあるのは前提として、その上で彼女と一緒に共同作業で気持ちよいところを見つけたり開発したりしていけるとよいですね。
そういう雰囲気を重ねていくことができれば、ちゃんとオーガズムまでたどりつけるでしょう。


私の経験上、この段階の女性は「心の病を持っている」ことが多いです。
病というと大げさですが、うつ病、自律神経失調症、統合失調症、PTSD…などを抱えているケースがものすごく多いんですね。
他にも境界例や極度の不安症なども含まれます。

実際、「どうも苦戦するな…」「どうしてこんなにイキにくいんだ?」と思って聞いてみると、かなりの確率で当たります。
それだけ心の病が一般的になってきているということでもあります。
(もちろん、うつ病でも普通にイケる人はいましたので、絶対ではないですよ)

こうした場合、仮に医者から「完治しました」と言われていても、すぐに感じるようになることは少ないです。
つまり、治ってからある程度時間がかかるんですね。
でも、時間がたってよい相手に出会えれば、ちゃんと感じるようになっていきますから安心してください。
まずは治療に専念してもらうのがいちばんですよ。


[ 2008/12/27] 私って不感症? | | コメント:0

不感症3 自分ですると気持ちいいけど、彼だと気持ちよくない。 


自分でしていても気持ちいいだけでイケない。
彼とだと痛かったり気持ち悪かったりで快感はない…というケースですね。

彼とだとまったくダメだなんて、不安になりますよね。

でも、これも不感症ではありません。

自分ですると感じるけど、彼だとダメ・・・
この場合に考えられるのは、

1.彼がかなり下手
2.あなたが心を閉ざしている(精神的な何かを抱えている)
3.彼のことを愛していない


主にこの3つです。

1の場合は仕方ないですね。もっと勉強してもらってください(笑)

問題なのは2と3です。
特に難しいのは2ですが、これは人間不信だったり、男性恐怖症だったり、そういうものを自分も知らないうちに内面に抱えていたりするケースです。
過去の経験、家庭環境、恥ずかしさ、トラウマなどいろいろな原因が考えられます。

この場合は、心の中に隠れたそうした問題を解決するのが最も妥当です。
カウンセリングなどを受けるのも1つの手ですね。

ただ、カウンセリングが必要なほどの強いトラウマを抱えていることばかりではありません。
もっと軽い、ちょっとした失敗経験が引っかかっているだけだったり、極度の緊張症だったりなどということもあります。
こういったことなら、彼があなたを安心させてくれさえすれば解決します。
優しさや気遣いの部分になってきますが、精神的な部分まで包んでくれるような彼だと大丈夫になりますよ。
この人といると心から安心できるか…そういうことまで含めて彼を選びたいものですね。


3については言うまでもありませんね。
「ルックスがいいから」「好きと言われたから」「周りもみんなセックスしてるから」「興味本位で」なんて感じでセックスしていては、感じるものも感じませんよ。
ここについては、テクニックどうこう以前の問題です。
ちゃんと心から好きになれる人、これから好きになれそうな人と付き合ってくださいね。


ちなみに「過去のセックスで1度も気持ちいいと感じたことがなかった」という女性も実際にいました。
そういう女性だと少しは苦戦しますが、もちろんイッてもらうことはできましたよ。
やはり心に何かを抱えている人がほとんどですね。
カウンセリングの要領で直接聞いてみることもしますが、別に過去をほじくらなくても信頼感や安心感を与えてあげることができれば大丈夫です。
男性の方は体だけでなく、心も攻めてあげるようにしてくださいね。

[ 2008/12/26] 私って不感症? | | コメント:6

クリスマスですね。 

イブが明けて、今日がクリスマス。
恋人と一夜を過ごしたという人も多いのではないでしょうか。
おそらく今日デートをしている人も多いことでしょう。
当然、読者は少ないと思います(笑)

まぁそれをいいことに、イブとクリスマスの2日間はいつもと違う感じの記事にしておきます。
というわけで、今日は面白いニュースを見つけたので、それを紹介しますね。

Cyber cheats married... to each other Metro.co.uk

英語のサイトなので、要約すると…

Sanaがチャットで知り合った男性と仲良くなって、結婚生活のグチをお互いに打ち明けあったりしていました。
話をするうちに2人は惹かれあって、お互いこそが残りの人生を捧げられる本当のソウルメイト(親友と・恋人)だと思うようになったんですね。
まぁ、ネットで始まったW不倫といったところでしょう。
ここまではよくある話です。

でも、実際に会おうという話になったときに、なんと相手の男性が自分の本当の夫Adnanだということが判明してしまったわけです(笑)
びっくりしたでしょうね。不倫の相手が自分の夫(妻)だったわけですから。

で、結局は離婚することに。
こんなことってあるものなんですね。

やはり結婚するくらいですから、相性はよかったのかもしれません。
ネットを通してもやっぱり出会ってしまうあたりに運命を感じなくもないですから。
でも逆に「ネットを通してしまうと相手のことはまったく分からないよ」というふうにとることもできます。
そういう意味では怖いですね。
私が相談に乗ってきた人たちの中にも、実はものすごい変態さんや、逆にものすごく怖くて偉い人がいたりして…。
怖いので考えるのはやめましょう。^^;

ついでに、「結婚していても相手の本音なんて全然分かってないんだよ」と読み取ることもできます。
果たしてネットだから偽りの関係しか築けないのか、ネットだからこそお互いの本質に触れ合うことができたのか。
いったい、どっちなんでしょうね?


記事では、その後の2人の意見も紹介しています。

Sanaは「私はいつの間にか恋に落ちていた。自分と同じように悲惨な結婚生活を過ごしていることは劇的に感じた」と言い、真実が明らかになったときには裏切られたと感じたそうです。

裏切っていたのはSaraも同じですから、それを横において相手の裏切りだけを責めるあたりは自分勝手な感じがします。それにしても同じような悲惨な結婚生活…ということは、きっとお互いに被害者のつもりでメールしていたんでしょうね。

一方、Adnanは「何年も良い言葉をかけてくれなかった妻と素晴らしい文章の書けるSweetie(Sanaのハンドルネーム)が同一人物だとはまだ信じられない」と言っています。

今までよっぽどひどい言葉をかけられてきたんでしょうか(笑)
気の強い妻と、そこから逃げようとしてネット上で知り合った女性に理想を求め、弱さを演じていた妻をすっかり信じ込んでしまった。でも、正体がバレて妻は本性をあらわした…みたいな感じかもしれませんね(笑)
逆に、ネットの中で初めて妻の本当の姿を引き出せたのかもしれません。


まぁ誰しも優しい面もあればきつい面もあって、その人との付き合いの中でどちらが標準になるかというところなんですよね。たぶん、それまでの付き合いの中で、SanaはAdnanに対しては、きつく当たるのが標準になってしまったのでしょう。Adnanのセリフが「付き合い始めの頃みたいだった」でないところを見ると、ずっと当たりが強かったのでしょうから。もっと早くSanaが優しさを出せていたら、Adnanが優しさを引き出せていたら、もっと違う結果になったのかもしれません。
「いや、お互いこれが本性だからもともと無理だっただろう」という見方もできるわけですが(笑)

しかし、ネット上でも知り合ってしまうなんてそれこそ運命的ですから、改めてやり直せばいいような気もするんですけどね。それで、今度はSaraが自分の優しさを前面に出すようにして付き合えば、うまくいったかもしれません。なかなかそうはうまく切り替えられないものだと思いますが。


本当の自分を分かってほしいという願望は誰もが持っています。
それを求めて恋愛し、結婚し、またある人はそれを求めて浮気し、不倫するわけですからね。
動機は不純なようで、意外と純粋です。
「自分のことを分かってほしい」と思う強さだけ、相手のことも分かってあげられたら、きっとうまくいく恋は増えると思います。

まぁ、そうはいってもなかなか難しいんですけどね(笑)

メリークリスマス! 

クリスマスイブに記事を書いても、今日中に見る人は少ないと思います。

何と言っても、おそらく1年で最もラブホテルが繁盛する日ですからね。
ここで理論を読むよりも、実践されている方のほうが多いでしょう(笑)

そういう方に対しては「聖なる夜に何やってるんだ」というツッコミもできるわけですが(笑)
海外ではクリスマスは家族とすごすというところもあるようですからね。


逆にクリスマスだといっても、1人で過ごしている方もたくさんいることでしょう。
まぁ、私もそうした1人なわけですが(笑)


さて、今日はクリスマスにちなんで恋愛ネタを。

といっても、ネット上で見つけたアンケート結果を紹介するだけです。
あるポータルサイトでとったアンケートなので有意性(統計学的に有効といえるかどうか)は薄いと思いますが、今回はそのへんはあまり追求せずに気晴らしと思って読んでくださいね。

20代の社会人に「結婚したいか」という質問をしたところ、

すぐにしたい:12%
2~3年以内にしたい:35%
いつかはしたい:42%
特に興味がない:9%
したくない2%

という結果が出たようです。
要するに、

したい:89%
どっちでもいい:9%
したくない:2%

ということですね。
いやはや、かなりの人がしたがっているようです。
ちなみに私は2%の人間ですので、仲間の少なさにちょっとびっくりです(笑)

「すぐにしたい」と「2~3年以内にしたい」だけでも50%近くです。
2~3年以内…ということは、「できれば次の恋愛で決めたい!」という人が多いということなんでしょうね。まぁ、「次はうまくいかなくてもいい!」なんて思って恋愛する人はいないと思いますが(笑)

しかし、20代だともっと「どっちでもいい」「したくない」が多くてもいい気がします。
特に男性は、年をとるにつれてそういう願望が増していくものですから。
…と思って回答者数を見たら、男性約200人、女性約900人でした(笑)
やや女性に偏った結果が出ていそうですね。^^;


そして本題の、「現在付き合っている異性の有無は?」ですが、

男性が「いる」38%、「いない」62%。
女性が「いる」48%、「いない」52%。

こんな結果でした。
なぜ同じになるはずの男女で10%も違うんでしょうね。

男性はモテる人が複数の女性と付き合っているから…ということでしょうか。
女性は普通に付き合っているつもりでも、男性からしたら単なるセフレや遊び相手とか。
大丈夫でしょうか、日本の20代。

まぁそんなツッコミはともかく、男性も女性も半分以上が「恋人がいない」わけですよね。
これだけ結婚願望があるのに、実際に恋人が見つかっている人は少ないと。
その中で、理想の恋人や運命の恋人に出会っている人なんて、さらに少ないはず。
とりあえず近くの人と妥協して付き合ったり、「自分にはこの人しかいない」という一時の思い込みで結婚してしまい、後になって「失敗だった」と思ったり、不倫してしまう人がたくさんいるという現状があるのも納得ですね。

こうしてみると安易に恋人なんかつくらないで、じっとタイミングをはかるのが正解なのかもしれません。
なんて、いつもは恋人とラブラブな人を応援するような記事ばかりなので、今日は恋人のいない人が得した気になるような記事にしてみました(笑)


まぁ、クリスマス直前は急造にわかカップルが増えますが、それを差し引いても今日のクリスマスイブを恋人抜きですごしている人はかなりの数がいそうなわけですよね。
そう、きっとこれを今日中に読んでいるあなたも(笑)
もちろん、書いている私も(笑)
お互い気楽にいきましょう。

それではメリークリスマス。^^

性病検査 

性病にかかったかも?…と思う場合、どうすればよいのかを書きます。


1.明らかに症状がある場合

即、病院に行ってください。
もしパートナーがいる場合は、片方だけが治ってもピンポン感染を続けることになりますので、2人とも行かないとダメです。
(病院は同じでも別でも構いませんが)

気休めで検査してみてもいいですが、症状があるなら早く行けばそれだけ治りも早いですよ。

「何科に行けばいいのか?」ということですが、男性なら泌尿器科、女性なら婦人科が基本です。
皮膚の症状であれば皮膚科、のどの場合は耳鼻咽喉科になります。
最近は「性病科」を設置しているところも出てきましたので、そういうところは分かりやすくてよいですね。



2.症状はないけど不安だという場合

この場合は単なる検査ということになって、健康保険の適用がされないケースが多いです。
少しでも症状がある場合はそれを申し出ることで保険が適用される場合もあります。
(保険適用の有無は担当医師の判断次第ですね)

単純に不安だから検査だけしたいということであれば、自宅でできる検査キットもよいと思います。
こちらはもともと保険がききませんので、病院で保険がきいた場合と比べると割高になります。
ただし病院で保険がきかなかった場合は結構高額になることがあるので、料金をおさえたいという方は検査キットのほうが無難かもしれませんね。

定期健診を兼ねて私は行くようにしているのですが、正直に「症状はないです」と言ったら、血液検査さえしてもらえないことがありました(笑)
仕方ないので、改めて別のところに行きましたが、結局時間もお金も2度手間になってしまいましたね。
でも、医者によっては「ちょっとかゆい…気がします」と言うだけで保険適用してくれるケースもあったりしたので、こればかりは何とも言えません。
どちらにしてもけっこう度胸がいるので、恥ずかしい人は顔を合わせないで検査結果だけ知ることができるタイプの性病専門病院(都会にしかないですが)か、検査キットがよいと思います。

検査結果は最短翌日 性病検査セルシーフィット(こちらのほうが検査できる性病の種類は多いです)
性病検査STDチェッカー(こちらのほうが種類が少ないぶん安めです)

もう1つ方法としては、保健所を利用するというのがあります。
これは無料ですが、受けられる曜日・時間帯を限定されるのが仕事をしている方には難点ですね。
東京などだと様々な性病も一緒に検査してくれるところがあるようですが、HIV以外の性病検査の併用実施に関しては自治体によってバラバラですから、予め調べて行ったほうがよいです。
HIV検査にはひっかからなくて安心していたけど、実はクラミジアだった…なんてことも起こりますから、HIVの単独検査しか実施していない場合は専門の病院に行ったほうがよいと思います。
あと、大体のところで30分くらい説明(説教?)を聞かされます。HIVは匿名ですが顔はバレバレですし、他の性病に関しては本名で…というところもあるので、不便は不便です。(無料なので文句は言えませんが)


なお、検査に献血を利用する人がたまにいますが、非常に迷惑なのでやめましょう。
そういう検査目的の人を防ぐために、仮にHIVに感染していても結果には何も書かれないようになっていますから、そもそも意味がありません。

ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。