管理人のよもやま話(雑記)

管理人のよもやま話(雑記)

  男女の性の悩みに答える、ちょっと大人のマジメなブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--] スポンサー広告 | |

飽きないセックスを極めるを読んで 

コメント欄で紹介いただいた「飽きないセックスを極める」というサイトを読みました。
まだ3分の1くらいしか目を通していませんが、とてもよいサイトだと思います。
内容はかなり濃いですし、何よりセックスを「好きな人とずっとしていくもの」と位置づけているのがいいですね。
共感します。

最初のほうの記事に、管理人の方が自分の経験にふれながら「セックスはうまくなったけど、彼女とのセックスに3ヶ月もしないうちに飽きてしまった」という内容を書いてくれています。でも「オナニーはなぜか飽きずに続けられる」と。そしてその発見を生かして、「奥さんとは6年も飽きないセックスを続けている」ということなんですね。とても素敵なことだと思いますし、とても面白い視点だと思います。

このへんの感覚は、私も実感として分かります。
で、インスパイアされて、ちょっとこのあたりについて書いてみます(笑)


私の場合は彼のパターンとはまったく逆です。

最初にいろいろ研究する時期があったのは同じです。
逆なのは、その後すぐに飽きないセックスに入ってしまったことですね。

そのときは片手すら女性経験がない状態でした。
相手の女性も、中でイッたことがないというくらい経験の浅い女性でした。
でも、相性がいいというのはああいうことなんでしょうね。どんどん開発が進んでいくんです。
当時は「ポルチオオーガズム」という言葉すら知らなかったんですが、数ヶ月くらいでそこにも到達しました。最初は何が起こっているのかまったく分からなくて、後になって「あぁ、あれがポルチオオーガズムだったのか」と知ったわけですが(笑)
1年以上付き合ったのもそれが初めてでした。
それくらい飽きないのもありましたし、単純に心から好きだったというのもありました。

でも、残念ながら終わりは来ました。
詳しい経緯は思い出したくもないので省略しますが(笑)
私の場合は、それがきっかけになって、まぁ言ってみればやけのような気持ちも混じって多くの経験をするということになったわけです。
その後、テクニックは上がる一方ですが、恋愛としてはそこが最高地点だったと思っています。
もちろん、その後も愛のないセックスはしてきませんでしたが、愛情に点数をつけるとするなら…ということですね。
たぶん、今後もそうでしょう。

まぁそんなわけで、私が強く「愛のあるセックス」を勧めるのもそんな背景があるんですね。
いくらテクニックがうまくなっても、本当に愛のあるセックスにはかなわないんです。
というか、むしろむなしい。それを痛いほど経験していますから。

その一方で、愛があってもテクニックがない…では寂しいので、そういう人の役に立ちたいなと思ってメール相談もしているわけです。
なので、単純に「イキたいんです」とか「彼女をイカせたい」とかだけの相談だと、私の意図するものとはちょっと違うんですよね。
その2人の関係が本当の愛なら応援したいわけですが、軽い気持ちで始めた関係だったら、話をしたいとは思わないわけです。できれば“人生最大の恋人”を見つけた人の相談に乗りたいですね。セックスなんかなくてもいつまでもつながっていられるけど、でもやっぱりセックスも充実させたいというカップルです。


さて、飽きないセックスの後に飽きるセックスが来るとどういうことになるか?
なんと、性欲が極端に落ちます(笑)

飽きないセックスの原点は、「相手をどこまでも開発したい(されたい)」という思いで、そのおおもとにあるのは「この人とずっと一緒にいたい」という思いです。「ずっと一緒にいたい」と思えるほど好きになれなければ、そこまで頑張って開発する気にはならないわけですね。

もちろん、開発するという行為自体がパズルを解くような面白さはあるわけですが、やっぱりある程度の段階までいくと途中で飽きてしまうんです。ここまでいけばもう十分かな…と。

そういうわけで、今の私は驚くほど性欲がありません。
といって、別にEDではありませんよ(笑)
上で「オナニーは飽きずに続けられる」とありましたが、正直オナニーでさえ飽きています。
オナニーもドライオーガズムなどひと通りクリアしてしまっているので、好奇心すら満たされないんですね。快感だけ求めてもしょうがないですし。

だからこそ、テクニックやノウハウを遠慮なく出してしまえるというのもあります。
まだ最高形を手に入れてなければ、それまでは他の男性に知られたくない…と思うものです。
だって、テクニックを教えてその男性が本当にうまくなったら、ライバルが増えてしまうわけですからね。
でも、今の私は性欲がほとんどないので、ライバルとかすら思わないわけですね。
いいんです、愛のある人みんながうまくなれば。


なんて具合に本当の恋をしている人を応援したいわけですが、そうでないレベルの方からの相談が大半だというのがちょっと心に引っかかっています。自分の時間を削って無償でわざわざ軽い恋愛を応援しているみたいで、たまに切なくなるんですね(苦笑)

つい先日、不倫の恋をしている方からメールをいただきましたが、文章を読んで「あぁ、これは本当の恋だな」と思って、しっかり返事を書きました。また追加の相談が来たら、丁寧に対応するつもりです。別に不倫を応援するつもりはありませんが、本当の恋愛は応援したくなってしまいます。不倫だろうと、セックスレスだろうと、相手が風俗嬢だろうと、同性愛だろうと、高齢処女または童貞だろうと、それが本当の恋ならいくらでも応援したいです。人には言えないような恥ずかしい内容でもちゃんとマジメに返事しますので、遠慮なく相談してください。

その逆に「ナマでエッチしてしまって…妊娠していますか?」とか質問されると、正直萎えます(苦笑)
ナマでするなら、子供ができてもいい相手とするのが当たり前ですし、そこまで好きじゃない人とはナマでしかも中出しなんてするべきではありません。性病の心配はもちろん、感応遺伝や膣内に腐敗した状態で精液が残り続けるみたいな説もあるわけですから。少なくとも、自分だったらそんな軽いノリの女性は嫌です。(もちろん、妊娠してもいいくらい好きな相手としたということなら問題ないわけですが)


あと、「飽きないセックスを極める」を見て、「これだけ詳しいことを書いているサイトがあるのなら、別にこのブログはいらないんじゃないか?」という気もうっすらしています。
読んだ感じでは今のところまだ私の方が2、3歩上にいると思いますが、このまま飽きないセックスを続けていけばいつか抜かれる日が来るかもしれないわけですし。
向こうは1年以上続いているブログですから、後出しのこちらがでしゃばるのもどうかと思いますし。
そんな具合に、このブログのあり方も考えさせられてしまいました。
(※ブログをやめようとかではなくて、あり方を変えないといけないかなぁ…という感じです)

ついでに、サイトのアクセスが3分の1くらいに激減しました。どうやらgoogle検索が順位変動して、上位に表示されなくなったみたいですね。まぁ、マイナー弱小サイトの宿命ですので、これは仕方ないですが、それに合わせてランキングもガタ落ちというのも切ないですね(苦笑)
きっと今まで読んでいた方で来れなくなってしまった方もたくさんいることでしょう。そういう方は申し訳ありません。そして今も続けて読んでくれている方、ありがとうございます。

「愛のある、飽きないセックスをしている方」
「愛はあるけどセックスはうまくいかない方」
「愛はないけど、とりあえずセックスしてしまっている方」
「愛のないセックスをして後悔している方」
「愛のあるセックスを見つけたばかりの方」
「愛のあるセックスを目指してまだ大切にとってあるという方」

…読者の方もいろいろだと思いますが、ぜひ愛のあるセックスを目指してくださいね。


ぐだぐだな内容になってしまいましたが、要するに「飽きないセックスを応援する、セックスに飽きた管理人」だよということで、オチをつけておきます(笑)

皆さんの意見を受けて 

昨日の記事などについて、コメントやメールなど複数のかたから反応がいただけました。
自分の気持ちを整理しがてら、思うところを書いてみますね。
まぁブログはもともと日記みたいなものなので、セックステクニックとは関係ないですが、ご勘弁ください。

「興味ないよ」という方は、続きを読まずに軽くスルーでお願いします(笑)

いちばん多い検索ワードは? 

検索で来られる読者の数が、また前くらいに増えてきました。
一度下がった順位が戻ったんでしょうね。
さすがはグーグルダンス。まったく理由が分かりません。というか、たぶん理由はないです。

さて、検索にちなんで今日の話題は「このサイトに来る人の検索ワードで一番多いのは何でしょう?」です。

いつもとノリが違いますが、いったいみなさんがどんな悩みで来ているのか…を紹介しておくのもいいかなと思って記事にしました。
よかったら、予想してみてください。
ぴったり当たった方には、何か記念品ならぬ、記念テクニックを差し上げます(笑)

 

メリークリスマス! 

クリスマスイブに記事を書いても、今日中に見る人は少ないと思います。

何と言っても、おそらく1年で最もラブホテルが繁盛する日ですからね。
ここで理論を読むよりも、実践されている方のほうが多いでしょう(笑)

そういう方に対しては「聖なる夜に何やってるんだ」というツッコミもできるわけですが(笑)
海外ではクリスマスは家族とすごすというところもあるようですからね。


逆にクリスマスだといっても、1人で過ごしている方もたくさんいることでしょう。
まぁ、私もそうした1人なわけですが(笑)


さて、今日はクリスマスにちなんで恋愛ネタを。

といっても、ネット上で見つけたアンケート結果を紹介するだけです。
あるポータルサイトでとったアンケートなので有意性(統計学的に有効といえるかどうか)は薄いと思いますが、今回はそのへんはあまり追求せずに気晴らしと思って読んでくださいね。

20代の社会人に「結婚したいか」という質問をしたところ、

すぐにしたい:12%
2~3年以内にしたい:35%
いつかはしたい:42%
特に興味がない:9%
したくない2%

という結果が出たようです。
要するに、

したい:89%
どっちでもいい:9%
したくない:2%

ということですね。
いやはや、かなりの人がしたがっているようです。
ちなみに私は2%の人間ですので、仲間の少なさにちょっとびっくりです(笑)

「すぐにしたい」と「2~3年以内にしたい」だけでも50%近くです。
2~3年以内…ということは、「できれば次の恋愛で決めたい!」という人が多いということなんでしょうね。まぁ、「次はうまくいかなくてもいい!」なんて思って恋愛する人はいないと思いますが(笑)

しかし、20代だともっと「どっちでもいい」「したくない」が多くてもいい気がします。
特に男性は、年をとるにつれてそういう願望が増していくものですから。
…と思って回答者数を見たら、男性約200人、女性約900人でした(笑)
やや女性に偏った結果が出ていそうですね。^^;


そして本題の、「現在付き合っている異性の有無は?」ですが、

男性が「いる」38%、「いない」62%。
女性が「いる」48%、「いない」52%。

こんな結果でした。
なぜ同じになるはずの男女で10%も違うんでしょうね。

男性はモテる人が複数の女性と付き合っているから…ということでしょうか。
女性は普通に付き合っているつもりでも、男性からしたら単なるセフレや遊び相手とか。
大丈夫でしょうか、日本の20代。

まぁそんなツッコミはともかく、男性も女性も半分以上が「恋人がいない」わけですよね。
これだけ結婚願望があるのに、実際に恋人が見つかっている人は少ないと。
その中で、理想の恋人や運命の恋人に出会っている人なんて、さらに少ないはず。
とりあえず近くの人と妥協して付き合ったり、「自分にはこの人しかいない」という一時の思い込みで結婚してしまい、後になって「失敗だった」と思ったり、不倫してしまう人がたくさんいるという現状があるのも納得ですね。

こうしてみると安易に恋人なんかつくらないで、じっとタイミングをはかるのが正解なのかもしれません。
なんて、いつもは恋人とラブラブな人を応援するような記事ばかりなので、今日は恋人のいない人が得した気になるような記事にしてみました(笑)


まぁ、クリスマス直前は急造にわかカップルが増えますが、それを差し引いても今日のクリスマスイブを恋人抜きですごしている人はかなりの数がいそうなわけですよね。
そう、きっとこれを今日中に読んでいるあなたも(笑)
もちろん、書いている私も(笑)
お互い気楽にいきましょう。

それではメリークリスマス。^^

クリスマスですね。 

イブが明けて、今日がクリスマス。
恋人と一夜を過ごしたという人も多いのではないでしょうか。
おそらく今日デートをしている人も多いことでしょう。
当然、読者は少ないと思います(笑)

まぁそれをいいことに、イブとクリスマスの2日間はいつもと違う感じの記事にしておきます。
というわけで、今日は面白いニュースを見つけたので、それを紹介しますね。

Cyber cheats married... to each other Metro.co.uk

英語のサイトなので、要約すると…

Sanaがチャットで知り合った男性と仲良くなって、結婚生活のグチをお互いに打ち明けあったりしていました。
話をするうちに2人は惹かれあって、お互いこそが残りの人生を捧げられる本当のソウルメイト(親友と・恋人)だと思うようになったんですね。
まぁ、ネットで始まったW不倫といったところでしょう。
ここまではよくある話です。

でも、実際に会おうという話になったときに、なんと相手の男性が自分の本当の夫Adnanだということが判明してしまったわけです(笑)
びっくりしたでしょうね。不倫の相手が自分の夫(妻)だったわけですから。

で、結局は離婚することに。
こんなことってあるものなんですね。

やはり結婚するくらいですから、相性はよかったのかもしれません。
ネットを通してもやっぱり出会ってしまうあたりに運命を感じなくもないですから。
でも逆に「ネットを通してしまうと相手のことはまったく分からないよ」というふうにとることもできます。
そういう意味では怖いですね。
私が相談に乗ってきた人たちの中にも、実はものすごい変態さんや、逆にものすごく怖くて偉い人がいたりして…。
怖いので考えるのはやめましょう。^^;

ついでに、「結婚していても相手の本音なんて全然分かってないんだよ」と読み取ることもできます。
果たしてネットだから偽りの関係しか築けないのか、ネットだからこそお互いの本質に触れ合うことができたのか。
いったい、どっちなんでしょうね?


記事では、その後の2人の意見も紹介しています。

Sanaは「私はいつの間にか恋に落ちていた。自分と同じように悲惨な結婚生活を過ごしていることは劇的に感じた」と言い、真実が明らかになったときには裏切られたと感じたそうです。

裏切っていたのはSaraも同じですから、それを横において相手の裏切りだけを責めるあたりは自分勝手な感じがします。それにしても同じような悲惨な結婚生活…ということは、きっとお互いに被害者のつもりでメールしていたんでしょうね。

一方、Adnanは「何年も良い言葉をかけてくれなかった妻と素晴らしい文章の書けるSweetie(Sanaのハンドルネーム)が同一人物だとはまだ信じられない」と言っています。

今までよっぽどひどい言葉をかけられてきたんでしょうか(笑)
気の強い妻と、そこから逃げようとしてネット上で知り合った女性に理想を求め、弱さを演じていた妻をすっかり信じ込んでしまった。でも、正体がバレて妻は本性をあらわした…みたいな感じかもしれませんね(笑)
逆に、ネットの中で初めて妻の本当の姿を引き出せたのかもしれません。


まぁ誰しも優しい面もあればきつい面もあって、その人との付き合いの中でどちらが標準になるかというところなんですよね。たぶん、それまでの付き合いの中で、SanaはAdnanに対しては、きつく当たるのが標準になってしまったのでしょう。Adnanのセリフが「付き合い始めの頃みたいだった」でないところを見ると、ずっと当たりが強かったのでしょうから。もっと早くSanaが優しさを出せていたら、Adnanが優しさを引き出せていたら、もっと違う結果になったのかもしれません。
「いや、お互いこれが本性だからもともと無理だっただろう」という見方もできるわけですが(笑)

しかし、ネット上でも知り合ってしまうなんてそれこそ運命的ですから、改めてやり直せばいいような気もするんですけどね。それで、今度はSaraが自分の優しさを前面に出すようにして付き合えば、うまくいったかもしれません。なかなかそうはうまく切り替えられないものだと思いますが。


本当の自分を分かってほしいという願望は誰もが持っています。
それを求めて恋愛し、結婚し、またある人はそれを求めて浮気し、不倫するわけですからね。
動機は不純なようで、意外と純粋です。
「自分のことを分かってほしい」と思う強さだけ、相手のことも分かってあげられたら、きっとうまくいく恋は増えると思います。

まぁ、そうはいってもなかなか難しいんですけどね(笑)

今年も終わりですね。 

2008年ももうすぐ終わります。

今年はこのブログを作ったことで、たくさんの方とお話する機会が持てました。
直接話すことはなくても、私の記事を読んでくれている方もたくさんいるでしょうから、
きっとかなり多くの方と接してきた1年だと思います。
本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いしますね。

さて、今日が大晦日。
大晦日と正月三が日くらいはブログもお休みしようと思います。
まぁ、正月早々セックス関連の記事を読まなくてもいいと思いますし(笑)
せっかくなので、家族や友達などと団欒をおすごしください。
もちろん1人で過ごす時間もよいと思いますよ。

相談メールなどは受け付けますので、お気軽にどうぞ。
ただし返事は遅れるかもしれません(笑)

それではみなさん、よいお年を。^^

明けましておめでとうございます。 

いよいよ2009年ですね。

1月1日の記事がないのは寂しいので、挨拶文だけ書きました。
どうぞ無視してください(笑)

本年もよろしくお願いしますm(_ _)m

ちょっとした思いつきで… 

なんとグーグルのページランクが4になっていました。
今回の改定は厳しめだったようで、けっこう力のあるサイトでないと4はつかないらしいです。
ありがたいことです。まさしく皆さんのおかげですm(_ _)m

ちなみに当サイトへのリンクは自由ですので、お気軽にどうぞ。^^


さて、ページランク4達成記念…とは全然関係ないですが聞いてみます(笑)


「○○について記事にしてほしい」

「○○というテーマで連載記事を書いてほしい」

「過去の記事で、○○についてもっと詳しく書いてほしい」

「よく聞く○○について、管理人の考えを聞きたい」

「○○を○○するというテクニックは効果があるか?」

「○○というサイト・本についてどう思うか?」

「他の読者に○○について聞いてみてほしい」

「○○コーナーを立ち上げてほしい」


などなど、このブログに関する希望・要望などがあったら気楽にコメントしていってください。
現実的なことでも、非現実的なことでも構いませんので、思うがままにどうぞ。

「今年の紅白よかったですね」「管理人の趣味はなんですか?」「うちの猫がコタツの中で暴れています!」「彼と別れてしまいました…」「私のブログと相互紹介しませんか」などの関係ないコメントでも、記事にするかどうかは別にして歓迎します(笑)
もちろん、名前・タイトルなどは未入力で構いませんよ。(ただし、URLとアドレスは必ず空白で)

おもしろそうなものから記事にしていけたらいいなと思っているので、適当に書いていってみてくださいね。


いつもの記事は明日から再開しますので、よろしくお願いします。

「飽きないセックスを極める」の管理人、なおきさんへ。 

(コメント欄への書きこみでしたが、記事にしました)


『飽きないセックスを極める』
管理人なおきです。


僕はたまに勃起しないことがあります。
気にせずイチャイチャして楽しんでますが(笑)

やっぱり考えすぎは良くないですよね!



それから過去記事(飽きないセックスを極めるを読んで)の話で恐縮ですが、
僕のブログをご紹介(?)して頂き、ありがとうございます(笑)


僕のブログの読者さんに「なおきさんのブログに似てるサイトがありますよ」と
聞いて、訪問させて頂きました。

確かに似てると言えば似てますね。

僕の認識は、玄人さんとそんなにズレていないんだなって、
ちょっと安心しました(笑)


でも、テクニックも、セックス時の(潮吹きとかの)メカニズムも、
そして特にセックスに対するスタンスなんかは、
考え方が違ってることもありますから、それが面白いなーって思いました!



僕は医療人でありながら社会生物学などの科学も勉強しています。

オーガズム、射精、潮吹きのメカニズム、
恋愛感情とは?
なぜ女と男がいるのか?
セックスの真意・真理とはなにか?

といったところまで、科学的に掘り下げていくつもりですから(まだまだ先の話
で、どう纏めるかも決めてませんが…)、
貴サイト様とはかなり違った内容になってくると思います。


過去記事内で、サイトのあり方を考えるようなことをおっしゃっていましたが、
そういう訳で今後は大分趣旨が違ってくると思いますのでご安心下さい(笑)



僕もブログ更新、質疑応答をやっている分、
貴サイト様を運営することの大変さ、凄さがよく分かります。
(僕は質問にはなるべく早く返信しているのですが、更新が滞ることはしばしば
で…苦笑)

今後も更新に、質疑応答に頑張って下さい!

失礼しました!

メール相談の失敗と反省 

反省第2弾はメール相談についてです。

性の知識とあまり関係なくてすみません。^^;

ブログ内検索
過去の質問・悩み相談も検索できます。
読者掲示板

掲示板へのリンクはこちら
プロフィール

斉藤享哉

Author:斉藤享哉
性の知識やセックステクニックなど、ブログを通じてのべ3000人以上の悩み相談に答えてきました。

このブログが、セックスがうまくいかないで悩んでいるカップルのお役に立てば嬉しいです。
詳しいプロフィール

無料悩み相談はこちらから
質問・相談受付ページ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。